« 番外編 FUKUSIMAに出現 レッドブルキャンペーンカー | Main | 番外編 デジカメを自販機で買おう!! »

August 09, 2013

変わったお店シリーズ80 ライオン堂薬局

Img_105_04_4982_001

今日は「薬局の話題」をお伝えしましょう。

最近は日本では医薬分業が徹底するようになり、患者さんは処方箋を持って最寄りの薬局へ行き、薬を処方してもらう‥というのが当たり前になってきましたね。

ご存じの方も多いと思いますが、医薬分業は、こちらでは昔から行われているため、日本で言うところの調剤薬局(こちらは普通に薬局“APOTHEKE”と言いますが…)が沢山存在します。

当然、長い歴史をもった薬局も多いのが特徴でしょうか。日本のように医師の処方箋なしに市販薬(OTC医薬品)を服用するという習慣があまりないことも要因なのかもしれません。

当然、歴史が長いので特徴のある薬局も存在します。今日ご紹介するのはヨーゼフシュテッターシュトラーセ(Josefstädter Straße)にある「LÖWEN-APOTHEKE」です。1782年創業ですから、230年という長い歴史を誇ります。すごいですよね。

Img_105_04_4984_001

写真のように薬局が入っている建物の伝統的な石造りですし、店構えも木を多用したシックなデザインです。
屋号が「LÖWEN-APOTHEKE」なので、Feriは勝手にライオン堂薬局と命名しちゃいましたが、薬局のシンボルはLÖWEN、すなわちライオンです。

写真をご覧になるとわかるように、エントランスの上には立派なライオン像が安置されています。ライオン像は台座の上に乗っているだけではなく、屋根までついているのですから、「安置」という言葉がふさわしいでしょう。

Img_105_04_4985_001

入り口の上に安置されているためか、ラオ音の目線が下を向いているような‥下から見ると「上から目線」になってしまいますね。思わず日本の某デパートのシンボルとなっているライオン像を思い出しました。

ところで「LÖWEN-APOTHEKE」のショーウィンドウをのぞくと、最近、ライオンのぬいぐるみが並べられていることに気づきました。当然、こちらはかわいらしいデザイン。日本で今、流行の「ゆるキャラ」ほどではありませんが、これも時代の流れなのでしょうね。

余談ですが、日本では調剤薬局の競争が激化しており、こちらでは考えられないような色々なサービスが導入されているようです。最寄り駅まで無料送迎タクシーを用意している薬局もあるとか‥日本らしいですね。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

Br_decobanner_201105_b_3

変わったお店 |

« 番外編 FUKUSIMAに出現 レッドブルキャンペーンカー | Main | 番外編 デジカメを自販機で買おう!! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 番外編 FUKUSIMAに出現 レッドブルキャンペーンカー | Main | 番外編 デジカメを自販機で買おう!! »