« キルヒェンコンツェルトでの出会い | Main | WeingutのPR大作戦 »

August 30, 2013

蜂も大好き?

Img_109_08_8918_001

今日は「蜂のお話」です。

最近、ミツバチが突然、いなくなってしまった…という話を聞くことがありますが、今年の夏、ブルゲンラントをドライブしている時、休憩中、ミツバチに結構遭遇しました。

また、興味深かったのは日本人の体臭がミツバチの好みに合うのか、なぜか周辺にいるオーストリアの方よりも、私の方によってきました。正直、迷惑だったのですが…

さて、夏期休暇中、とあるレストランのシャニガルテンでビアを飲んでいる時、案の定、蜂が寄ってきました。あまり強烈に追い払うと、反撃を食らう恐れがあるので、適度にお引き取りしてもらおうと思ったのですが、どうやら私が飲んでいる ビア を狙っているようでした。

Img_109_08_8924_001

ザフト類ならばわかるのですが、ミツバチにとってビアは美味しいのでしょうかね。最初、コースターでフタをしていたのですが、ふとしたタイミングで、蜂がビアの中に入ってしまいました。

しかも自力で脱出できないような状況のようです。気の毒だったので、ジョッキを傾けて脱出に協力してあげました。幸い?ビアで溺死することはなかったようですが、出た直後は、酔っ払っているような感じでテーブルの上で、フラフラしていましたね。

しばらくしたら、また元気に飛び立っていきましたが、このミツバチ、ビアを飲んでどんな感じだったのでしょうかね。

今日は、ばかばかしいお話で失礼しました

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

街角の話題 |

« キルヒェンコンツェルトでの出会い | Main | WeingutのPR大作戦 »

Comments

こんにちは

そう言えば、ホイリゲの庭でもよくワインに蜂が飛び込んできますね。
昔、バックパッカーしていた時は水にも飛び込んできたので、水分狙いかもしれませんね。

Posted by: Kino_San | August 30, 2013 14:50

はじめまして。
ウィーンが大好きで大好きでたまならない大阪のおばちゃんです。
とても素敵なブログですね。大変興味深い内容で、長年楽しみに拝見させていただいてます。

なかなかコメントをする勇気がなかったのですが、今日の記事を拝見し、数年前にハルシュタットの山頂のレストランで、全く同じ体験をしたことを思い出し、笑ってしまいました。オーストリアのミツバチは、のん兵衛ですね。

これからも、素敵な記事を毎日楽しみにしております。

Posted by: noie | August 31, 2013 00:12

Kino_San様

コメント、ありがとうございます。なるほど、水分にひかれた可能性はありますね。

Posted by: Feri | August 31, 2013 07:11

noie様

コメント、ありがとうございます。敷居が高いブログではありませんので、どうぞ、お気軽にお越しください。

やはり色々なところで、蜂にまつわるエピソードはあるようですね。あと、オーストリアの場合、蜂を大切にしているようなので、レストランのシャニガルテンなどでも蜂を駆除することはしていないようですね。

Posted by: Feri | August 31, 2013 07:14

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« キルヒェンコンツェルトでの出会い | Main | WeingutのPR大作戦 »