« オーストリアでも「商店減少、接点爆発」中 | Main | 新旧5ユーロ札 »

August 04, 2013

マリアヒルファーシュトラーセの路面電車

1982_07_05_007

今日は「懐かしのオーストリア・シリーズ」として「ウィーンの繁華街 マリアヒルファーシュトラーセを走っていた路面電車のお話」をお届けしましょう。

このブログでもマリアヒルファーシュトラーセの話題はよく取り上げますが、その際、昔は路面電車が走っていたことをご紹介したことがあります。

1993年9月に地下鉄U3系統がVolkstheaterからWestbahnhofまで延長されたのに伴って、マリアヒルファーシュトラーセを走っていた52系統、58系統の都心部への乗り入れ区間が廃止になりました。

先日、古い写真を整理していたところ、1982年7月にウィーンを訪問した時のものが出てきたのですが、その中にマリアヒルファーシュトラーセをさっそうと走る52系統の路面電車がありました。懐かしいですねぇ。

Img_103_06_2608_001

両側のお店をチェックしてみると、現在も営業しているお店も沢山あります。マリアヒルファーシュトラーセがノイバウガッセと交差するあたりで撮影したようです。

この写真を見ると、中央が路面電車の軌道、その両側が車道、その外側が歩道となっています。路面電車の乗り場(安全地帯)は車道上にありました。写真を改めて見て気づいたのは、今のように街路樹が植えられていないことです。恐らく歩道が狭かったため、街路樹を植えるスペースが確保できなかったのでしょう。そのため、路面電車の有無以上に、今とは雰囲気が異なりますね。ちなみに2枚目が今の写真です。

さて、ご存じのように、現在、マリアヒルファーシュトラーセは歩道が拡幅されていますが、ちょうど路面電車の軌道敷が道路に転用され、当時の道路が歩道になったということがわかります。

さて、このマリアヒルファーシュトラーセも、今夏から試験的に一部の区間が歩行者専用エリアになりました。これから、どのように変貌を遂げるのか、興味あるところです。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

懐かしのオーストリア |

« オーストリアでも「商店減少、接点爆発」中 | Main | 新旧5ユーロ札 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« オーストリアでも「商店減少、接点爆発」中 | Main | 新旧5ユーロ札 »