« 謎のピクトグラムシリーズ ポムフリットは持ち込み禁止 | Main | Weingutの看板猫 »

September 07, 2013

Festの屋台はトラクターに乗って‥

Img_109_08_8505_001

今週からフォルクスオーパーでも2013/14シーズンが始まりました。ただ、チェック漏れだった9月5日の「Die Fledermaus In memoriam KS Peter Minich」以外、Feriが観たい演目が上演されるのが9月中旬以降なので、「音楽ものの話題」はしばらくお待ちください。

2013/14シーズンのオペレッタは、この話題から始めたかったですねぇ。返す返すも残念無念‥

さて、今日はFestに不可欠な「屋台のお話」です。

この夏、日本では花火大会に出店していた屋台で爆発がおき、死傷者が発生したという痛ましい事故があったそうですね。

今週末、ウィーンではFeuerwehrfest(消防署まつり)、Wiener Tramwaytag 2013(路面電車の日)、Erntedankfest 2013(収穫祭)など、Festが多数、開催されます。秋祭りシーズン‥という感じですね。

こちらのFestでも、各種の屋台が出店しますが、面白いのは日本のように仮設テントではなく、完全に小屋の状態になったものが多い…ということです。

この小屋タイプですが、プレハブ方式になっており、その場で組み立てるというものもあります。ウィーンのクリスマス市などに出店している屋台は、プレハブ式が多いようです。プレハブ式の方が、保管スペースが少ないからでしょうね。

Img_109_08_8518_001

一方、地方の小さな町では「完成品の小屋」を保管場所から持ってくるパターンが多いようです。

また、鳥の丸焼きなど、大々的な調理設備が必要な場合は、トレーラー形式の屋台(というか移動店舗)を使っているようです(2枚目の写真がトレーラータイプです。自動車で牽引可能)。

Img_109_08_8432_001

今夏、ザルブルク州Lungauのある街で、Festの準備をしているところに出会しました。朝から屋台を広場に設置していたのですが、何と農業用の大型トラクターの後部についているフォークで持ち上げて運んでいました。専用のフォークリフトでなく、農作業用の大型トラクターで運んでくるところが田舎らしいところ…

トラクターでの運搬以上に驚いたのが、「トラクターの後ろにあるフォークに積んでいて、よく落とさずに運べるものだ」…ということです。

というのは、短い区間や最終的な位置合わせならばわかるのですが、坂もある道を通って運んでくるだけに、他人事ながら心配になりました。通常のフォークリフトのように前に積んであるのならばわかるのですが…

Img_109_08_8473_001

しかし、Feriが見ている範囲では、屋台を落下させることなく、見事に運び込んでいました。さすが、プロフェッショナルです。

広場にセットしてから、屋台を使う皆さんが集まってきて、設備の運び込み、商品の陳列、看板の掲出、電源引き込みなどのセットアップを行います。この完成品の屋台、良くできていて前の扉を開くと屋根とカウンターに早変わり。中には棚も設置されていました。

Img_109_08_8433_001

この夜は天気は良かったのですが、結構、気温が下がり、ビアを飲みまくる…という雰囲気ではありませんでした。さすがのFeriもビアは、一敗目だけでリタイア。その後はワインに切り替えてFestを楽しみました。

翌朝、ホテルの窓から道路を見ると、早朝から撤収作業が始まっていたらしく、屋台を後部に搭載したトラクターが走っていました。それが「冒頭の写真」です。真横から見ると、まか不思議な光景です。

このトラクターですが、広場と保管場所を何度か往復して、1時間ほどで全ての屋台を保管場所へ運び込んだようです。それにしても器用に屋台を運ぶものですね。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

街角の話題 |

« 謎のピクトグラムシリーズ ポムフリットは持ち込み禁止 | Main | Weingutの看板猫 »

Comments

はじめまして!
オーストラリアで屋台のラーメン屋さんをしたいと思っております。
移動式の車にボイラーなどを積んで営業します。
日本のように屋台を出すときに場所代などが必要なのでしょうか?
また、何か特別な免許などが必要なのでしょうか?
季節により他の国に移動して営業したいと思っています。
よろしくお願いします。

Posted by: yoshitaka | January 27, 2014 15:35

はじめまして!
オーストリアで屋台のラーメン屋さんをしたいと思っております。
移動式の車にボイラーなどを積んで営業します。
日本のように屋台を出すときに場所代などが必要なのでしょうか?
また、何か特別な免許などが必要なのでしょうか?
季節により他の国に移動して営業したいと思っています。
よろしくお願いします。

Posted by: yoshitaka | January 27, 2014 15:37

yoshitakaさま

面白そうな計画ですね。ただ、大変申し訳ありませんが、私はその方面に詳しくないので、営業許可の件に関しては、情報を持ち合わせていません。

ただ、その前に就労ビザを取得するのが大変だと思います。まず、オーストリア内のレストランなどに就職して、足場を固めてからでないと就労ビザが下りない可能性があります。

今はEU拡大に伴ってEU圏外の人については就労ビザの取得が難しくなっているそうです。

在オーストリア、日本大使館にお問い合わせになったらいかがでしょうか。

Posted by: Feri | January 29, 2014 09:12

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 謎のピクトグラムシリーズ ポムフリットは持ち込み禁止 | Main | Weingutの看板猫 »