« 第7回Wiener Weinwandertagがありました | Main | マリアヒルファーシュトラーセは今‥ »

September 30, 2013

今シーズンの国立歌劇場から‥

Img_110_09_9940_001

29日はオーストリア国民議会選挙だったのですが、選挙戦は27日の金曜日まで。テレビの党首討論も27日がフィナーレでした。街頭のポスターは貼ってありますが、チラシの配布なども27日が最後だったようです。選挙権とは無縁のFeriですが、先週は街を歩いていると政党の運動員さんがチラシ(必ずグッズ付き)を渡してきます。お陰で、政党グッズが手に入りましたが‥

さて、今日は2013/14シーズンの国立歌劇場の話題をお伝えしましょう。

実はFeriもシーズンが始まってから、国立歌劇場には最近まで足を運んでいませんでした。お値段が高い上に、自分湖のみの演目がないので‥

まず、毎シーズン色々なデザインで楽しませてくれる防火壁のデザインですが、今シーズンは写真のようなものになりました。比較的おとなしい(というか、まともな)デザインだと思います。

このほか、当初、日本語字幕が採用されるという話がありましたが、9月の時点では、その気配はなし‥ 座席背面や個室に取り付けられている液晶ディスプレイは従来と同じもので、ドイツ語と英語の字幕が流れています。

Img_110_09_9954_001

カラヤン広場でのパブリックビューイングは例年通り、継続実施されていますが、インターネットを使ったライブビューイングについては、まだ具体的な計画が発表されていません。

そう言えば、先日、メイヤー総裁がテレビのインタビューで「資金的に苦しい」とこぼしていたそうですが、これ以上、入場券の料金を上げる訳にはいかないでしょうから、インターネットを使ったライブビューイングなど、その他の方法で収入を増やす必要に迫られると思います。

余談になりますが、涼しくなった「この季節」でも平土間にかなりラフな格好でいらっしゃるお客さまを見かけます。別にドレスコードがある訳ではありませんが、何となく雰囲気が合わないような感じがします。観光客の皆さまが観客の中心になっているため、やむを得ないのかもしれませんが、ちょっと残念な気がします。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

Br_decobanner_201105_b_3

ウィーン国立歌劇場 |

« 第7回Wiener Weinwandertagがありました | Main | マリアヒルファーシュトラーセは今‥ »

Comments

 御無沙汰しております。国立歌劇場の話題が載っていたのでお邪魔致します。昔、初めて国立歌劇場に出掛けた時は贅沢な事に平土間の一等地でした。一等地に座るのだからと精一杯のおしゃれをして出掛けたのを昨日の事の様に覚えてます。昔は観光客と言えども盛装して臨んだと思います。伝統や格式が時代錯誤な考えだと言うなら仕方が無いのかもしれませんが、正装は礼儀だと思います。今や世界中の人間が礼儀や礼節を忘れてしまったのかもしれません。
 それ以降、天井桟敷に行く様になったらラフな恰好が多くなりましたが、ご存知の様に早くから並ぶので床に座れる様にするためです。歳食ったら、贅沢な席ばかりになりました。金欠になりましたが。
 天下の国立歌劇場も「お金が足りない」症候群にかかっている様で芸術に対する国や行政や人々の精神の劣化が感じられ腹立たしい限りです。
 言動が「過激」であったらお許しください。言動が「歌劇」である方が穏やかで平和ですね。失礼しました。

Posted by: ハンドルネーム:ウィーン | September 30, 2013 at 11:37 PM

ハンドルネーム:ウィーンさま

コメント、ありがとうございます。私も全く同感です。単純に音楽を聴くというより、文化を楽しむという性格が強いと思うので…以前、地元の人が多かった頃は、暗黙の掟…みたいなものがありましたからね。

また、劇場運営に関しては、守銭奴と揶揄されたホーレンダー氏が、人脈を使って素晴らしい歌手を引っ張ってきたことなどから、稼働率を上げることに大きく貢献したのは事実だと思います。反面、マイヤー総裁になってから、プロダクションや歌手の起用方法などに問題があるような気もします。

Posted by: Feri | October 01, 2013 at 05:51 PM

Feri さん、こんばんは。

Staatsoper のサイトに載っていたのでもうご存知だと思いますが、鉄のカーテンが今シーズンのデザインになりました。何か幼稚で、面白くないものです。
10数年前までずっと使われていてシーズン当初に一時的に戻っていたもの(最初の写真)の方が、わざわざ金をかけて造られる新しいデザインより余程良いのですが..

しかし、毎シーズンのことですが、どうして開幕に間に合うように出来ないのでしょうかね?(まあ、オーストリアらしいと言えるかも知れません)

Posted by: Steppke | November 03, 2013 at 03:30 AM

Steppkeさま

防火壁のデザインですが、何と言っても「夏休み」がネックかと思います。こちらでは、夏休み前に発注して、夏休み明けにできあがるケースは、ほとんど無いという話を聞いたことがあります。

Posted by: Feri | November 04, 2013 at 08:06 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 第7回Wiener Weinwandertagがありました | Main | マリアヒルファーシュトラーセは今‥ »