« ウィーン劇場「Edita Gruberova  Drei Königinnen」 | Main | 今年も開催 Mistfest2013 »

September 22, 2013

市庁舎前広場が馬場に‥Vienna Masters2013開催

Img_110_09_9544_001

今日は市庁舎前広場で行われた大規模なイベントの話題です。

日本ではお彼岸を入れて三連休ですが、こちらでも今週末は色々なイベントが目白押しでした。すでに晩秋の雰囲気ですが、ある意味、夏の終わりを告げる時期‥ということかもしれません。

さて、いつも色々な行事が行われているウィーンの市庁舎前広場ですが、9月19日から22日まで「Vienna Masters2013」が開催されました。

これは時計メーカーのLonginesが主催する馬術競技大会「Longines Global ChampionsTour」の一環として行われたものです。ツアーはウィーンの他にロンドン、カンヌ、モンテカルロ、上海で開催されたそうです。

Img_110_09_9510_001

Feriは馬術競技には詳しくないのですが、基本は障害物レース。様々なクラスがあるようで、連日、熱戦が繰り広げられました。

基本的に観覧は有料なのですが、19日から21日までは14時まで、無料で見ることができました。まぁ、市庁舎前という場所を考慮してのことでしょうね。

で、Feriも無料の時間帯にのぞいてきたのですが、ビックリしたのは本格的な馬場とスタンド。有料なので立派な観覧用のスタンドが四方に設置されていました。

Img_110_09_9513_001

馬場に関しては、単なるデモンストレーションではなく、競技会ということで出場する馬が怪我をしたら大変です。そのため、馬場には本場イタリアから取り寄せた1200トンの特性の砂が撒かれました。

期間中は競技だけではなく、スペイン式乗馬学校のデモンストレーションも行われたようです。

チケットは4日間通し券が220Euroと結構なお値段です。馬術競技は、こちらでは人気があるので、ある程度、お客さまが入ったと思います。

Img_110_09_9517_001

ところで、市庁舎前広場でイベントが開催される場合、必ず屋台村が立ちます。今回もお馴染みの喫食の屋台が沢山出ていましたが、興味深かったのは乗馬関係用品を販売する売店が沢山出ていたことです。乗馬服から帽子、靴など専門店が店を出していました。

こんなところで乗馬用品を買うのかどうかは、はなはだ疑問ですが、PRを兼ねて出店していたのでしょう。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

街角の話題 |

« ウィーン劇場「Edita Gruberova  Drei Königinnen」 | Main | 今年も開催 Mistfest2013 »

Comments

うらやまし〜っっ!(軽い嫉妬を覚えます…笑)
日本からオリンピックにでも出た杉谷選手が参加していますし
馬場馬術の現世界チャンピオンも出ていますので
私は日本から細々とライブストリーミングで楽しんでいます。
>>こんなところで乗馬用品
日本だと乗馬用品店はそんなに店舗数がありませんから
競技会に出店してるショップは貴重なんです
初めて実物を見る機会でもあるので
ついつい買っちゃいます。笑

Posted by: 通りすがりの乗馬好き | September 22, 2013 12:18

通りすがりの乗馬好き様

コメント、ありがとうございます。こちでは普通の乗馬も普及していますから、馬術はメジャースポーツということができるのかもしれません。

ある意味、文化の違いかと‥ 私が馬術競技に詳しければ詳細なレポートをお届けできたのですが、申し訳ございません。

Posted by: Feri | September 22, 2013 14:23

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ウィーン劇場「Edita Gruberova  Drei Königinnen」 | Main | 今年も開催 Mistfest2013 »