« Festの屋台はトラクターに乗って‥ | Main | 不思議な建物   さて、これは‥ »

September 08, 2013

Weingutの看板猫

Img_109_08_8786_001

2020年のオリンピック、パラリンピックが東京で開催されることに決まりましたね。Feriは、子供の頃でしたが、1964年の東京オリンピックをライブで見ていますが、感無量ですね。

また、日本ではミラノスカラ座の引越公演が始まったようですが、お客さまの入りはどうなのでしょうね。今回はヴェルディ・イヤーということで「ファルスタッフ」と「リゴレット」だそうですが‥

さて、今日は「看板猫の話題」をお届けしましょう。

今夏、久しぶりにRustに滞在したので、複数のWeingutを訪ねてみました。当たり前ですが、それぞれ独自のワインを作っているため、味の違いを楽しめるのが魅力です。グラスで飲むだけならば、お値段もリーズナブル。Feriは、白ワインが好きなので、GRÜNER VELTLINERをはじめ色々な銘柄を楽しむことができました。

Img_109_08_8785_001

ところで、とあるWeingutに入ろうとしたところ、入り口に猫が一匹座っており、入り口の方を見ていました。どうやら、このWeingutで飼っている猫らしく、スタッフにも良くなついていました。

場所柄、お客さまが来ても動じることはなく、入り口付近を回遊…自由気ままな猫らしい動きです。スタッフやお客さまが撫でると、気持ちよさそうにしていましたね。

Img_109_08_8784_001

Feriは、飲むだけだたのですが、通路を挟んだテーブルで男性のお客さまがお食事をはじめました。すると、この猫。すかさず男性の近くに行って、お裾分けをおねだり…

こちらでは、普通、自分の食べているものをペットに与えることは、しないのですが、余りにしつこかったためか、この男性、食べていたものを少し切り分けて、猫に与えていました。

Img_109_08_8780_001

この猫、Feriの近くにも来て、伸びをしていましたが、何も食べていなかったため、さっさと向かいの男性のところに行ってしまいました。現金なものです。

そう言えば、ウィーンのホイリゲにも、猫を飼っているところがありますね。最後の写真はウィーンの某ホイリゲで見かけた「看板猫」です。もちろん、犬のいるホイリゲもあるのですが、Feri個人の感覚としては猫の方が多いような気がします。

Img_107_06_7710_001

日本では商売繁盛の縁起物として「招き猫」がありますね。猫は農作物や蚕を食べるネズミを駆除するため、古くは「養蚕の縁起物」だったそうです。そして、養蚕が衰退してからは商売繁盛の縁起物になったとか‥ さて、ホイリゲと猫、何か関係があるのでしょうかね。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

H_banner

街角の話題 |

« Festの屋台はトラクターに乗って‥ | Main | 不思議な建物   さて、これは‥ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« Festの屋台はトラクターに乗って‥ | Main | 不思議な建物   さて、これは‥ »