« September 2013 | Main | November 2013 »

October 2013

October 31, 2013

地下鉄U1の南延伸工事(プロモーション動画付き)

Img_2358_002

10月最後の記事は、先日、コメント欄でご質問いただいた「地下鉄U1の南延長工事の話題」をお伝えしましょう。

Wiener Linienでは、現在、地下鉄U1系統をReumannplatzからOberlaaまで延長する工事を行っています。Oberlaaには、ご存じのように温泉保養施設Therme Wienとウィーン応用科学大学のキャンパスがありますので、地域住民の利便性向上と合わせて、同施設へのアクセスも大幅に改善されることになります。

ちなみに、Wiener Linienの発表では、現在、市内中心部まで67系統とU1の乗り継ぎで20分かかっているところが、12分に短縮されるそうです。

さて、今回の延長区間の距離は4.6キロで、途中に5つの駅(Troststraße、Altes Landgut、 Alaudagasse、Neulaa、Oberlaa)が新設されます。

Continue reading "地下鉄U1の南延伸工事(プロモーション動画付き)"

| | Comments (2)

October 30, 2013

カールマンの住まいを訪ねて‥

Img_2013_10_1342_001

今日は、このブログではあまり取り上げない「音楽家関係の史跡」の話題です。

オペレッタにはまっているFeriが好きな作品は色々ありますが、エメリッヒ・カールマンの作品も、その代表です。
今シーズン、フォルクスオーパーで上演されている「チャールダーシュの女王」や、来年プルミエが行われる「伯爵令嬢マリッツア」などはお気に入りの一つです。ハンガリーのチャールダーシュやジャズのエッセンスを取り入れた曲はカールマンならでは‥と言えるでしょう。

さて、このカールマンが「チャールダーシュの女王」を作曲した時に住んでいた住まいがウィーンにあります。音楽関係の史跡は、ウィーンの場合、まずなくなることが考えられないので、Feriは積極的に訪問していません。

先日、旧市内に用事があり、その帰りに寄ってみることにしました。場所はカールスプラッツからほど近い4区のPaulanergasse 12です。

Continue reading "カールマンの住まいを訪ねて‥"

| | Comments (0)

October 29, 2013

お花、売ります。畑からご自由にどうぞ‥

Img_2013_10_1702_001

今日は「無人販売の話題」をお届けしましょう。

以前、このブログで、花畑に咲いている花をお客さまに自由に摘み取ってもらうサービスを紹介したことがあります。当然、有料ですが、いわゆる料金を徴収する人は付近にはおらず、料金箱にお金を入れるという方式です。

Feriが、最初に見た場所はオーバーエスターライヒ州の小さな村でしたが、利用する人は、皆顔見知り‥といった雰囲気の場所だったので、この方式でも成り立つのだろうな‥と考えていました(この記事はこちらから)。

さて、先日、路面電車26系統の路線が延長された際、Hausfeld Straßeの駅付近を散策していたら、「BLUMEN selber schneiden」という看板を発見。何とウィーン市内でも、無人販売の花畑が存在したのです。ちょっと驚きました。

Continue reading "お花、売ります。畑からご自由にどうぞ‥"

| | Comments (0)

October 28, 2013

Ottakringのホイリゲ

Img_2013_09_0518_001

27日に行われたF-1第16戦、インドグランプリで、レッドブルのセバスチャン・ベッテル選手が優勝。年間チャンピオンが決定しました。また、レッドブルは製造者部門と合わせ、4年連続で2冠を達成しました。たいしたものです…

さて、オーストリアでは10月26日が「Nationalfeiertag」でお休みです。26日・27日と連休になる上に、旧市街では大規模な行事が行われるため、人で一杯‥といった状況です。こんな時は、都心から離れたホイリゲでのんびりするのが一番‥

という訳で、今日は「ホイリゲの話題」をお届けしましょう。

最近、オペレッタの上演回数が少ないこともあり、「ホイリゲ巡り」にはまりつつあるFeri‥困ったものです。

ウィーンにいらっしゃる観光客の皆さんは、ホイリゲというとグリッツィング周辺を思い浮かべる方が多いと思います。最近は、お店が変わったりして、だいぶ様変わりしましたが、確かにホイリゲは多いですよね。

また、先日、Feriが「Wiener Weinwandertag」(ウィーン・ワインハイキング)で歩いたNußdorf方面も広大なブドウ畑が広がり、ホイリゲが点在しています。また、ドナウ川の向こう側、Stammersdorf周辺にもホイリゲ街があります。

実はFeriが済んでいる17区(Hernals)の隣、16区(Ottakring)にも数は少ないですが、ホイリゲがありますOttakringと言えば、ビアの会社を思い浮かべる方が多いと思いますが‥

Continue reading "Ottakringのホイリゲ"

| | Comments (4)

October 27, 2013

Nationalfeiertag 2013あれこれ

2013_nationalfeiertag_004

今晩からウィーン国立歌劇場のライブストリーミングが始まりますが、皆さまはご利用になりますか? 今シーズンは10作品程度が取り上げられるそうですが、どの程度の人気を集めるか‥注目されるところです。

さて、オーストリアでは10月26日が「Nationalfeiertag」(建国記念日)で、この日を中心に色々な催しが行われます。

とくに徴兵制を採用しているオーストリアでは、毎年Heldenplatzで行われる軍事関連イベントは最大の「プロモーションの場」ということで、気合いが入っています。また、26日は新兵の閲兵が行われるため、ご家族も大勢いらっしゃるようです。

オーストリア連邦軍のホームページには、行事の準備状況を含めて色々な情報が掲載されていますが、やはり駐屯地からHeldenplatzまで戦車や装甲車が自力で向かう姿は圧巻です。

Continue reading "Nationalfeiertag 2013あれこれ"

| | Comments (0)

October 26, 2013

85周年を迎えたLiliputBahn

Img_103_06_2795_001

日本では、今週末、台風27号が接近するようですが、皆さまがお住まいの地域はいかがでしょうか。しかし、10月下旬に台風が日本本土に襲来‥以前では考えられませんでしたね。

さて、今日は「遊園地のプラーター」の話題をお届けしましょう。

プラーターの名物と言えば、駅からも見える大観覧車ですが、もう一つ、古くから営業しているアトラクションがあります。それがLiliputBahn。1928年5月1日にオープンしたので、今年で開業85周年を迎えました。

「遊園地の子供列車」というイメージがありますが、大人も楽しめるミニ鉄道です。線路の幅(ゲージ)は15インチ(381ミリ)と狭いのですが、路線の長さは3.95キロメートルもあります。

Prater Hauputbahnhof、Schweizerhaus Luftburg、Stadion、Rotundeという駅があり、一周の所要時間は20分ほどです。

Continue reading "85周年を迎えたLiliputBahn"

| | Comments (0)

October 25, 2013

私的オーストリアの乗用車事情

Img_109_08_8312_001

10月26日はオーストリアの「Nationalfeiertag」(建国記念日)です。今日、25日から27日までHeldenplatzでは、連邦軍の装備展示が行われる他、Rathausplatzでは、警察や消防、救急などの各機関がデモンストレーションを繰り広げる「Wiener Sicherheitsfest 2013」も開催されます。この時期、ウィーンにいらっしゃっている方は、ちょっとのぞいてみてはいかがでしょうか。

さて、今日は「オーストリアの乗用車事情に関する話題」をお届けしましょう。

ただし、正確な統計データーを集めて分析したないようではありません。Feriの感覚によるものであることを予めお断りしておきます。

普段、ウィーンにいるときは自動車は使わない上に、ドライブもしませんから余り気になりません。しかし、夏期休暇中は、レンタカーを使って移動しているため、乗用車に接する機会も増え、色々と気がつくことがあります。

Continue reading "私的オーストリアの乗用車事情"

| | Comments (0)

October 24, 2013

路面電車博物館のリニューアル計画

Img_3818_001_2

今日は「ウィーン路面電車博物館リニューアル計画の話題」です。

このブログでも何回か取り上げているウィーン路面電車博物館(Straßenbahnmuseum)のリニューアル計画が、Wiener Linienから発表になりました。

ウィーン路面電車博物館は、3区のLudwig-Koeßler-Platz近くにあり、1992年6月、古い路面電車の車庫を転用してオープンしました。

特徴は、古い煉瓦造りの車庫をそのまま転用している点です。そこに現役を引退した路面電車(馬車やシュタットバーンも含む)やバスなどが保存されています。動態保存の電車も保管されており、特別なイベントの時は構内で運転されることもあります。

博物館ですが、車両の保存を主な目的としているため、従来は現車の展示が中心でした。最近の博物館はマルチメディアを駆使したインタラクティブ展示が流行っていますが、それとは対極をなす、ある意味、のんびりとした博物館でした。そのため、入館料も安かったですね(通常3Euro、動態保存車が構内を走るイベントの日は5Euro)。

Continue reading "路面電車博物館のリニューアル計画"

| | Comments (2)

October 23, 2013

路上で発見 謎のパワープラント

Img_2013_09_0096_001

今日は「ウィーンの工事現場で見つけた“謎の機械”の話題」をお届けします。

先日、行きつけのホイリゲに出かける途中で、道路工事現場に出会しました。どうも道路に埋めてある配管の取り替え工事を大々的に行っているようです。

ご存じのようにウィーンでは、下水道やガスをはじめ地域暖房や電線も地中に埋設されているところが多いので、この手の工事は大規模になります。余談ですが、最近は住宅地でも共同溝方式に切り替わりつつあるようで、この現場も共同溝の工事でした。

さて、ここからが本題です。工事現場の一角に写真のような移動式の設備が置いてありました。ワゴンタイプの設備ですが、屋上からは煙突が突き出しており、HOTMOBILの文字とお姉さんのイラストが‥ 機械モノに興味があるFeri‥さっそく、ホイリゲに行く前にちょっと見学。

Continue reading "路上で発見 謎のパワープラント"

| | Comments (2)

October 22, 2013

ウィーンの「E-BUS」に乗りました

Img_111_10_0663_001

今日はウィーンの旧市街を中心に走っている「E-BUSの話題」です。

Feriは、通常、旧市内では公共交通機関は使わず歩いて移動することが多いのですが、鳴り物入りで登場したE-BUS(正式名称はElectriCitybus、電気バス)が、どんなものか試したくなり、短い区間ですが、乗ってみました。

現在、E-BUSが運行されているのはSchwarzenbergplatzを起点・終点としたA2という周回コースです。Schwarzenbergplatzを出発したバスは、Habsburgergasse-Stephansplatz-Schwedenplatz-Heinrichsgasse-Rudolfsplatz-Renngasse-Herrengasseというルートで走り、Schwarzenbergplatzに戻ってきます。

実際、乗ってみての感想ですが、車内は意外と音がします。外から見ていると静かなのですが、走行用のモーターの音が響きますね。ただディーゼルエンジンの音ではなく、ブーンといったモーターの音なので雰囲気が違いますが…

Continue reading "ウィーンの「E-BUS」に乗りました"

| | Comments (0)

October 21, 2013

カイザーの口ヒゲ、シシィの髪

Img_2013_09_0965_001

今日は「ブロート(パン)の話題」をお届けしましょう。

以前はウィーンでも、独立系のベッカライが多数営業していましたが、最近では後継者難の問題もあり、チェーン展開する大手に押され気味です。実際、古くから営業していた独立系のベッカライが閉店し、そのままチェーン店に模様替えした‥という例も増えています。

さて、ウィーン市内で見かけるベッカライ・チェーンとしては老舗のAnkerをはじめLtröck 、DerMannといったところが代表でしょうか。

先日、街中を歩いていたところDerMannの店頭で面白いディスプレイを発見しました。どうやら新製品なのでしょうね。今回の製品は「K&K Hofgebäck」というシリーズです。

Continue reading "カイザーの口ヒゲ、シシィの髪"

| | Comments (0)

October 20, 2013

路面電車の停留所看板が変わります

Img_2013_10_1687_001

最初に「我慢も限界 大マナーキャンペーン実施中」の記事にWiener Linienが作成したディスプレイのメイキング映像を追加しました。本輝度が伝わってきますので、是非、ご覧ください。

さて、今日は、「ウィーンの路面電車停留所看板のお話」です。

路面電車の停留所看板は、今まで写真のようなスタイルでした。この看板、かなり長く使われているようで、Feriが最初にウィーンを訪問した30年前から、このスタイルでした。個人的には風情があって気にいっています。

最近(といっても、かなり前ですが‥)になって、主要停留所には次の路面電車が何分後にやってくるか‥という電光案内表示が取り付けられるようになりました。この案内表示器には、車いす対応のULFと在来車が来る時間が交互に表示されるため、一瞬だけ見ると、次の電車が来るまでに20分などという、とんでもない時間が表示されることがあります。

今まで、停留所看板と電光表示器は別々に設置されていたのですが、その二つを統合しようというプロジェクトが始まりました。

Continue reading "路面電車の停留所看板が変わります"

| | Comments (0)

October 19, 2013

BILLAがネットスーパーをはじめました

Img_2013_09_0580_001

今日は「BILLAがはじめたネットスーパー(モドキ)の話題」をお届けしましょう。

日本では、大手スーパーマーケットのほとんどがネットスーパー事業に乗り出しているようですね。Webサイトなどで、チェックしてみるとオーダーしてから、最短3時間で、最寄りの店舗から届けてくれるとか。実際、日本に住む友人でも使っている人が居ますが、最近ではオーダーが増えてしまったため、デリバリーが追いつかず、締め切り時間が変更になっているところもあるとか‥何でも利便性を追求する日本らしいところです。

さて、オーストリアの大手スーパーマーケット・チェーンBILLAが、ウィーン市内を対象に10月19日からOnlienshopを本格的にスタートさせました。

BILLAで扱っている加工食品や生鮮食料品、日用品など5000以上の商品が対象で、インターネット上のサイトでオーダーすると、自宅まで届けてくれる‥というシステムです。「ネットスーパーのBILLA版」と言えますが、あえて「モドキ」と名付けたのには理由があります。

Continue reading "BILLAがネットスーパーをはじめました"

| | Comments (0)

October 18, 2013

国会議事堂にピンクリボンが掲げられました

Img_2013_10_1384_001

今日はウィーンにある「国会議事堂の話題」です。

9月29日に投票が行われた国民議会選挙までは選挙に関する啓蒙看板が掛かっていた国会議事堂ですが、その後、写真のような巨大なピンクリボンが掲げられるようになりました。

これは、乳がんの「早期発見・早期診断・早期治療」の大切さを世界の女性たちに伝えるピンクリボン運動の一環として、掲げられたものです。

ピンクリボン運動は、1980年代にアメリカで始まったもので、乳がんで若くして亡くなった女性の母親が、残された家族と一緒にピンクリボンを作ったのがきっかけと言われています。

一般的には、胸元にピンク色のリボンをつけることでセルフチェックや定期検診をうながし、乳がんに対する意識を高めるのが目的です。

Continue reading "国会議事堂にピンクリボンが掲げられました"

| | Comments (0)

October 17, 2013

速報 10月27日から国立歌劇場ライブストリーミングがスタート

Wienerstatsoperlivestreaming_001

予告されていたウィーン国立歌劇場のライブストリーミングが、10月27日から開始されることが発表されました。

このライブストリーミングはSmartTV、またはコンピューターを経由してSAMSUNG SmartTVのアプリで受信することができます。ライブストリーミングの映像は8台のハイビジョンカメラで撮影され、フルハイビジョン(字幕付き)で配信されることになっています。

ライブストリーミングですが、料金をインターネットで支払う際、タイムゾーンを選択すると、ウィーン時間ではなく、視聴者のエリアに合わせてタイムシフト配信されます。また、開演の30分前からストリーミングサイトにアクセスできると説明されています(ブッキングは先にできるようです)。

10月27日にライブストリーミングされる作品はリヒャルト・シュトラウスの「ばらの騎士」(指揮:Adam Fischerさん、元帥夫人:Renée Flemingさん、オクタヴィアン:Sophie Kochさん、オックス男爵:Peter Roseさん、ゾフィー:Mojca Erdmannさん)です。

Continue reading "速報 10月27日から国立歌劇場ライブストリーミングがスタート"

| | Comments (0)

October 16, 2013

我慢も限界 大マナーキャンペーン実施中(メイキング映像追加)

Img_2013_09_0182_001

台風26号が関東地方を直撃しているようですが、皆さまはいかがでしょうか。さて、今日は「Wiener Linienのマナー向上キャンペーンの話題」です。

大変残念ですが、地下鉄、路面電車、バスなどの公共交通機関内での乗車マナーが悪化しているため、Wiener Linienも本格的なマナー向上キャンペーンをはじめました。

ポイントは、「飲食、携帯電話、音楽、ゴミ」の4つです。

まずは飲食。現在、ウィーンの市内交通で飲食が禁止されているのはバスだけですが、ケバブやピザなど匂いの強い食べ物に対するクレームが多いようで、地下鉄などでも他のお客さまに配慮してほしいと訴えています。

Continue reading "我慢も限界 大マナーキャンペーン実施中(メイキング映像追加)"

| | Comments (2)

October 15, 2013

2013/14シーズン「密猟者」

Img_2013_10_1600_001

今日はフォルクスオーパーで上演されている「レパートリー・オペラの話題」を届けしましょう。

最近のシーズン、フォルクスオーパーは上演演目数では、オペラの方がオペレッタを上まわっています。オペレッタファンのFeriとしては残念なところです。ただ、オペラの中には、現在、国立歌劇場で助演されていない「フォルクスオーパー向きの演目」もあります。

今回、ご紹介する「密猟者」(Der Wildschütz)も、そんな作品の一つでしょうか。アルベルト・ロルツィング作曲のオペラ「密猟者」は、2013年4月にプルミエが行われました。Feriは2回目の観賞になりますが、シーズンが変わって、出演者も変更になっている点が興味津々。

当日の指揮は、万能派のAlfred Eschwéさん。主なキャストは、以下のとおりです。

Continue reading "2013/14シーズン「密猟者」"

| | Comments (0)

October 14, 2013

番外編 甲斐 栄次郎さんの近況

Img_2013_10_13_005

10月13日に日本の鈴鹿サーキットで行われたF-1グランプリはレッドブルのSebastian Vettel選手とMark Webber選手がワン・ツー・フィニッシュを決めたので、こちらでは大盛り上がりです。Sebastian Vettel選手は、これで4連覇に王手ですね。

さて、今日は番外編として、先シーズンまで国立歌劇場のアンサンブルとして活躍していた日本人バリトン歌手・甲斐 栄次郎さんの近況をお届けしましょう。

実は、甲斐さんは、2013年4月に聖徳大学音楽学部の客員教授(声楽・オペラコース)に就任されました。ただ、6月末までは、国立歌劇場への出演も残っていたため、実質的な活動は帰国後、ということになりました。

8月中旬にご家族で帰国されたようで、9月から日本国内での音楽活動と同時に、聖徳大学客員教授としての活動も本格的に始まりました。

ご存じのように、日本の大学は、今のシーズン、来春入学予定の高校生を受験を促進するため、オープンキャンパスという行事を開催します。大学構内を開放し、施設や環境、講義内容などを親子で観てもらい、合わせて進学相談にも応じようという行事です。何しろ、少子化が進む日本。大学も生き残りを賭けて必死です。

Continue reading "番外編 甲斐 栄次郎さんの近況"

| | Comments (0)

October 13, 2013

ワインの仕込みも追い込みです

Img_2013_09_0606_001

今日は「ホイリゲにまつわる話題」をお届けしましょう。

最近、Feriが住んでいるアパート周辺を色々と散策したところ、新しいホイリゲを数軒発見しました。あるんですねぇ。色々と‥

ただ、先日、「Wiener Weinwandertag」でFeriが歩いたGrinzing-Nußdorf間のように広大なブドウ畑が広がる中にあるホイリゲとは異なり、街中でひっそりと営業しているところもあります。

そんな中、街中にありながら、お店に隣接した工房でワインを作っているところもあり、ワイン仕込みの最盛期‥といった感じでした。当然、材料のブドウはちょっと離れたところにある畑から持ってくるようです。

Continue reading " ワインの仕込みも追い込みです"

| | Comments (0)

October 12, 2013

新作ミュージカル「Rosen in Tirol」

Rosen_in_tirol

今日は10月2日から上演が始まった新作ミュージカル「Rosen in Tirol」の話題をお届けしましょう。

このミュージカルですが、Feriがアパートの近くを歩いているとき、偶然、ポスターを見かけて、公演を知りました。何となく楽しそうな感じのミュージカル‥という感じがします。

さっそくMetropolという劇場名を頼りに調べたところ、何とFeriが済んでいるHernals区にある劇場だったのです。地元で、こんな公演をやっているとは!! 

そして気になる「Rosen in Tirol」ですが、「sehr frei nach Carl Zeller」となっているではありませんか。この二つのキーワードでピンときたのは、カール・ツェラーの名作オペレッタ「小鳥売り」(Der Vogelhändler)で使われている名曲「チロルではバラを送る時は‥」をモチーフにした作品ではないか‥ということです。

インターネット経由ではチケットの購入ができないため、さっそく劇場のチケットオフィスに出向いたところ、楽しそうな舞台写真がふんだんに貼り出されていました。という訳で、チケットをゲット。

Continue reading "新作ミュージカル「Rosen in Tirol」"

| | Comments (0)

October 11, 2013

Wiener Wiesn–Fest2013で見かけた「素敵なおじさま」

Img_2013_10_1549_001

今日は、ちょっと軽めの話題‥10月6日までプラーターで開催されていた「オクトーバーフェストの余話」です。

最終日の10月6日は、あいにく小雨模様になってしまいましたが、その前週は比較的天気にも恵まれて、大勢のお客さまで賑わったようです。

実際、ステージ上の楽団演奏も楽しいのですが、Alkomat-Patrouilleをはじめ、色々な皆さまがいらっしゃるので、客席を見ていても飽きることはありません。

例えば大テント内で働いていたケルナーさんは、男女とも民族衣装が原則ですが、中にはメガネのレンズ部分にビアジョッキのイラストを貼り付けたユニークなお兄さんもいました(写真は撮れず、残念無念)。

また、常連さんなのでしょうか、大テントのステージ前で、自分もビアを飲みながら、仕切っているおじさまの姿も‥こちらも民族衣装姿です。

Continue reading "Wiener Wiesn–Fest2013で見かけた「素敵なおじさま」"

| | Comments (0)

October 10, 2013

AKHにブラックホークが飛来

Akh_s71_001

今日は「ウィーンの総合病院AKHに飛来したヘリコプターの話題」です。

このブログでも何回かご紹介していますが、オーストリアはドイツと並んで救急ヘリコプターが普及している国です。
日本のように県単位ではなく、全国を一括してÖAMTC(Österreichischer Automobil-, Motorrad- und Touring Club、日本のJAFに近い自動車クラブ組織)の救急ヘリ部門が運用しています。

通常、患者さんの搬送にはÖAMTCに所属する救急ヘリEC-135という中型機が使用され、事故現場から直接、拠点病院に搬送します。実際、Feriも、ウィーン市内で病院へ向かうÖAMTCに所属する黄色いEC-135を何度も見かけたことがあります(3枚目の写真がウィーン市内上空を飛行中のEC-135救急ヘリコプターです)。

さて、今回、オーストリア連邦軍の輸送ヘリコプターS-70A(ブラックホーク)が、8区にあるAKH(Allgemeines Krankenhaus der Stadt Wien)のヘリポートに着陸テストを行いました。

Continue reading "AKHにブラックホークが飛来"

| | Comments (0)

October 09, 2013

ウィーン経済大学の新キャンパスがオープン

Wu_1bc9a1a2e1

今日はウィーン経済大学(Campus WU  Aktuelles der WU:Wirtschaftsuniversität Wien)の新しいキャンパスの話題をお届けしましょう。

10月4日、プラーターに建設されていたウィーン経済大学の新キャンパスがオープンしました。場所はプラターにあるメッセと遊園地の間です。最寄り駅はU2のMESSEもしくはKRIEAUです。

なお、新キャンパス建設ですが、連邦不動産協会(BIG)とWUの共同プロジェクトで行われました。

キャンパスには5つの建物が建設されましたが、どれもユニークなデザインです。当日、いただいたパンフレットに掲載されていた地図をご覧いただけると、キャンパスの全体像がつかめると思います。

Continue reading "ウィーン経済大学の新キャンパスがオープン"

| | Comments (0)

October 08, 2013

2013/14シーズン「ワルツの夢」

Img_111_10_0771_001

今日は「オペレッタの話題」をお届けします。

2012/13シーズンにプルミエを迎えた「ワルツの夢」(Ein Walzertraum)ですが、今シーズンはレパートリー公演として継続上演されることになり、オペレッタファンのFeriとしては、一安心。

ただ、最近のフォルクスオーパーは、期間を集中して上演する方式に変更されているため、「ワルツの夢」は10月3日から11月18日までの2カ月間の上演となりました(合計9公演)。このような方式に移行したのは、歌手起用の問題だろうと思います。

さて、再演初日の10月3日ですが、指揮は昨シーズンのプルミエと同じGuido Mancusiさん。主なキャストは、以下のとおりです。

Continue reading "2013/14シーズン「ワルツの夢」"

| | Comments (2)

October 07, 2013

ウィーンの路面電車26系統が延長

Img_111_10_0992_001

今日は「Wiener Linienの路面電車にまつわる話題」です。

ヨーロッパでは都市交通の中で、路面電車を見直す動きが出ています。ウィーンでも、U2系統がAspern straßeまで延びた2010年に並行する形となる22系統が廃止されましたが、それ以外では廃止の動きはありません(22系統の廃止に当たっては、地元から猛烈な反対運動が起こりました)。

そして、10月5日に地下鉄U2がAspern straßeからSeestadtまで延びたのと同時に、26系統の新区間が開通しました。

26系統は従来、Strebersdorf-Kagraner Platz間の路線でしたが、U2のSeestadt延長に合わせてKagraner Platz-Hausfeld Straße間4.6キロが新規に建設されました。路面電車の延長は短い区間ではありますが、5キロ近い延長はウィーンでも久しぶりです。

Continue reading "ウィーンの路面電車26系統が延長"

| | Comments (2)

October 06, 2013

アルコールパトロール隊出動中

Img_111_09_0303_001

今日は、「ちょっとユニークな活動をしているNPOのご紹介」です。

先日、プラーターで開催されていた「WIENER WIESN-FEST 2013」へ出かけた時、大テントのビアホールで面白い活動を見かけました。

かわいらしい女性スタッフが携帯用呼気検査機を持って、会場を巡回し、希望のお客さまにはアルコールチェックを行っていました。夕方になると事実上、会場は酔っ払いの集まりなので、呼気チェックを逆に盛り上げるネタにしているグループもありましたね。

ちなみに、この活動を行っているのはAlkomat-PatrouilleというNPOで、過度な飲酒による事故防止を目的に設立された団体で、オーストリア以外にもイギリス、スペインなど各国に組織があるようです。

Continue reading "アルコールパトロール隊出動中"

| | Comments (0)

October 05, 2013

U2がSeestadtまで延びました

Img_110_09_9603_001

今日は「ウィーンの地下鉄U2の話題」です。

延長工事が進められていたWiener Linienの地下鉄U2ですが、10月5日にプロジェクトの終点となるSeestadtまで延長開業しました。

今までの終点、Aspern straße-Seestadt間の距離は4.2kmで、途中、Hausfeldstraße(Aspern straßeから1.6km)、AspernNord(Hausfeldstraßeから1.4km)の2駅が新設されました。ちなみに総工費は360Mio.Euroだそうです。

Continue reading "U2がSeestadtまで延びました"

| | Comments (0)

October 04, 2013

頭上にご注意

Img_111_10_0420_001

今日は「落下物にご注意…という話題」です。

2009年9月にもご紹介したことがあるのですが、この時期、ウィーンでは頭上に注意が必要です。というのも「マロニエ(カスタニエン、Kastanien)の実」(セイヨウトチノキ、Gewöhnliche Rosskastanie)が降ってくるのです。

森林公園をはじめウィーンでは街路樹にカスタニエンを使っているところが多いのですが、木が大きい上に実が栗のように殻に入っているため、直撃を受けると結構、痛いです。

Continue reading "頭上にご注意"

| | Comments (0)

October 03, 2013

2013/14シーズン「チャールダーシュの女王」

Img_111_10_0523_001

10月1日、ウィーンではリンクを走る「Vienna Night Run」が行われました。天気は曇りだったのですが、市庁舎前のスタートは20時(スタート時間は競技ごとにずらしていました)。

気温が低くてランナーの皆さんは、どうだったのでしょうね。ちなみにコースは市庁舎前広場を出発し、Universitätsring -Schottenring -Franz Josefs Kai-Stubenring-Parkring -Schubertring-Kärntnerring-Opernring-Burgring -Dr. Karl Renner Ringと回るものです(一周5キロだそうです)。

Feriは、この時間、フォルクスオーパーでオペレッタを楽しんでいたので、「Vienna Night Run」の詳しい様子はお伝えできません。あしからず…オペレッタがはねた頃、「Vienna Night Run」も終わったようですが…

さて、今日はフォルクスオーパーの「レパートリー・オペレッタの話題」をお届けしましょう。

今シーズンのフォルクスオーパーですが、珍しくカールマンの作品が二つ取り上げられます。

Continue reading "2013/14シーズン「チャールダーシュの女王」"

| | Comments (0)

October 02, 2013

Wiener Wiesn–Fest2013が開催中です<動画付き>

Img_111_09_0032_001

今日はウィーンのプラーターで行われている「オクトーバーフェストの話題」をお届けしましょう。

イベントの名称は「WIENER WIESN-FEST 2013」。オーストリア風のオクトーバーフェストで、第3回を迎える今年は、9月19日から10月6日まで、プラーターで開催されています。

内容はオーストリア最大の民族祭で、連日、11時から24時までステージではブラスバンドやフォルクスムジークの演奏やダンスなどが繰り広げられています(なお、月曜と火曜は生演奏はなし)。

時々、日本の東京でも「ふるさとまつり」が行われることがありますが、それに近い感じです。ただ、オクトーバーフェストなので、単純に飲んで騒ぐ‥という趣旨ですが‥オーストリアの田舎が好きなFeri好みのFestです。

Continue reading "Wiener Wiesn–Fest2013が開催中です<動画付き>"

| | Comments (0)

October 01, 2013

マリアヒルファーシュトラーセは今‥

Img_110_09_9782_001

10月最初の話題は、7月に「マリアヒルファーシュトラーセの歩行者専用化テスト」の話題(詳しくはこちらから)をお届けしましたが、今日は、その続報です。

緑の党が推進母体となっているマリアヒルファーシュトラーセの歩行者専用化ですが、現在、変則的な通行方式となっています。というのは車道が一方通行になっているのですが、通りの中央(歩行者専用エリア)を境に、方向が逆になっているのです。

まず、リンクからKirchengasseまではリンク方向からの一方通行。そして、西駅からAndreasgasseまでは西駅方向からの一方通行になっています。

Continue reading "マリアヒルファーシュトラーセは今‥"

| | Comments (0)

« September 2013 | Main | November 2013 »