« Nationalfeiertag 2013あれこれ | Main | お花、売ります。畑からご自由にどうぞ‥ »

October 28, 2013

Ottakringのホイリゲ

Img_2013_09_0518_001

27日に行われたF-1第16戦、インドグランプリで、レッドブルのセバスチャン・ベッテル選手が優勝。年間チャンピオンが決定しました。また、レッドブルは製造者部門と合わせ、4年連続で2冠を達成しました。たいしたものです…

さて、オーストリアでは10月26日が「Nationalfeiertag」でお休みです。26日・27日と連休になる上に、旧市街では大規模な行事が行われるため、人で一杯‥といった状況です。こんな時は、都心から離れたホイリゲでのんびりするのが一番‥

という訳で、今日は「ホイリゲの話題」をお届けしましょう。

最近、オペレッタの上演回数が少ないこともあり、「ホイリゲ巡り」にはまりつつあるFeri‥困ったものです。

ウィーンにいらっしゃる観光客の皆さんは、ホイリゲというとグリッツィング周辺を思い浮かべる方が多いと思います。最近は、お店が変わったりして、だいぶ様変わりしましたが、確かにホイリゲは多いですよね。

また、先日、Feriが「Wiener Weinwandertag」(ウィーン・ワインハイキング)で歩いたNußdorf方面も広大なブドウ畑が広がり、ホイリゲが点在しています。また、ドナウ川の向こう側、Stammersdorf周辺にもホイリゲ街があります。

実はFeriが済んでいる17区(Hernals)の隣、16区(Ottakring)にも数は少ないですが、ホイリゲがありますOttakringと言えば、ビアの会社を思い浮かべる方が多いと思いますが‥

Img_2013_09_1127_001

地下鉄U3のOttakring周辺ですが、大昔はブドウ畑が広がる農村地帯だったと思うのですが、今では開発が進んで、完全な住宅地に変わっています。

利便性が良いので、アパートも多いですね。ところが、そんなOttakring駅からちょっと離れたところに、ひっそりと営業している「地元では有名なホイリゲ」があります。場所柄、観光客の皆さんは、ほとんどいらっしゃいません。地元のお客さまが中心ですが、特に夕方はご年配のお客さまが多いのが特徴。

Img_2013_09_0600_001

ご夫婦でやってくる方、お一人でやってくる初老の男性、友人と連れだってやってくる女性など色々です。ご年配のお客さまの中には、ここで夕食を済ませる方も多いようです。

比較的大きな部屋もあるので、そこでは時々、パーティーを行っています。こういう時は、おかみさんも大忙しです。

Img_2013_09_0946_001

今までOttakring駅周辺のホイリゲへはバスや路面電車、Sバーンなどを利用して行っていました。しかし、最近になって実はアパートから徒歩圏内であることがわかってから、よく通うようになりました。

一杯やってから、のんびりアパートまで夜風に当たりながら帰ってくるのも、また乙なものです。ウィーンの場合、徒歩で行けるところが意外と多いのですよね。

Img_2013_10_1550_001

さて、先日、友人から、もう少し奥の「山の方にあるホイリゲ」を紹介してもらいました。ただ、10月末までの営業らしいので、さっそく出かけてみました。

丘の中腹にあり、小規模ですがブドウ畑も健在でした。また店内からもウィーン市内を見渡すことができます。面白いのは斜面に沿ってホイリゲが2軒、並んで営業していることです。

Img_2013_10_1435_001

ここも地元では有名なようで、中心部から離れているにもかかわらず、地元の皆さんで早い時間帯から賑わっていました。

また、この周辺はハイキングコースにもなっているので、ハイキング帰りに立ち寄る方も多いですね。そのため、Ottakring駅周辺のホイリゲとは、ちょっと客層が違うような気がしました。

Img_2013_10_1431_001

斜面の中腹に建っているホイリゲは、玄関を入ったところが、実は2階で、その下にビュフェがある構造になっています。景色は2階からの方が抜群に良いのですが、吹き抜けになっているので、10月に入ると夕方はちょっと寒い感じですね。

下の方にあるホイリゲは、一応平地に建っているので、普通の構造です。門から玄関までにはシャニガルテンもあり、なかなか良い雰囲気です。おもしろのは大きなガラス窓がある密閉式のシャニガルテン(事実上のサンルーム)があることです。

Img_2013_10_1437_001

夕方、晴れていると直射日光が差し込むため、非常に暖かいのが特徴。

窓の外にはブドウ畑が広がっています。この周辺も、以前はブドウ畑がもっと広がっていたと思いますが、今では開発が進んでしまい住宅が増えてしまいました。まぁ、これは致し方ないでしょうが‥

Img_2013_10_1416_001

ここのハウスワイン(HEURG)はFeriが好きなGRÜNER VELTLINERだったので、お気に入りの店になりました。こんなホイリゲで、ウィーンの黄昏時を楽しむ‥Feriにとっては、今、一番の贅沢です。

ところで、夏期シーズン限定営業のホイリゲは、先週末で営業を終えています。今回、ご紹介したホイリゲも夏期営業のところが多く、来シーズンまで「おあずけ」です。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

H_banner

街角の話題 |

« Nationalfeiertag 2013あれこれ | Main | お花、売ります。畑からご自由にどうぞ‥ »

Comments

今日は
ホイリゲネタですので出てまりました。
Ottakringもホイリゲが昔は多かったところですね。
10月で営業が終わってしまうところは行くのも大変ですが、駅の近くの何軒かは、行きやすくて便利なのですよね。
地下鉄だけで中心部から行けるホイリゲ街って以外とないので、旅行者にはお薦めしたいホイリゲ街ですが、あまりガイドブックには出てきませんね。
でも、ウィーンで一番古いホイリゲもあるので、観光には決して悪くないと思います。

Posted by: Kino_San | October 28, 2013 16:06

Kino_San様、おまちしておりました。

Ottakring周辺ですが、以前は余り縁がなかったエリアなのですが、Hernalsに住むようになってから身近なエリアになりました。

おっしゃるとおり、魅力的なホイリゲが多く、変に観光地化していないのがいいですね。

Posted by: Feri | October 29, 2013 07:27

お久しぶりです。
大好きなホイリゲの話題‼

Kino-Sa様のブログがとても参考になり、
滞在中はあちこち出掛けるのが楽しみです‼

今すぐにでも飛んで行きたくなりました

Posted by: necchi | November 03, 2013 07:37

necchi様、コメント、ありがとうございます。

万霊節も終わり、ホイリゲの解禁日まで、あと一週間ほど‥ 今年はどんな新酒が楽しめることでしょうか‥

Posted by: Feri | November 04, 2013 08:16

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« Nationalfeiertag 2013あれこれ | Main | お花、売ります。畑からご自由にどうぞ‥ »