« ウィーンの特殊ゴミ回収車はこんな感じ | Main | ここは歯医者さん‥ »

November 26, 2013

13Aの路線が変わりました

Img_2013_09_0530_001

今日は「ウィーンの路線バス13Aの話題」です。

マリアヒルファーシュトラーセの歩行者専用道路化に伴って、運行に支障が出ていた路線バス13Aですが、11月18日から、ついに運行ルートが変更になりました。

今まで、13AはHauptbahnhofからAlserStraßeへ向かう場合、NeubaugasseからKirchengasseまではMariahilfer Straßeの歩行者専用区間を通っていました。10月1日の記事(詳しくはこちらから)でもお伝えしたように、この区間は13A専用レーンが準備され、走行時の速度も20km/hに制限されていました。

しかし、ダイヤの乱れが激しく、利用者からは大ひんしゅく。そこで、Wiener Linienでは、13Aのルート変更に踏み切りました。新しいルートは図のようなりました。

具体的にはGumpendorfer Straße を左折してAmerling Straßeに入らず、Gumpendorfer Straßeを直進。Windmühlgasse、Capistrangasseを経由してMariahilfer Straßeの車両通行区間(ただし、一方通行ですが)に乗り入れます。

そして、右折してKirchengasseに入るというものです。これで、歩行者専用区間を走ることはなくなりました(NeubaugasseからAmerling Straßeに入る際、Mariahilfer Straßeの歩行者専用区間を横切りますが‥)。

2013_11_neue_13a

なお、新区間にはGerngrossというバス停が新設されました。逆に13Aが走るMariahilfer Straßeの区間は、2Bが走っていたのですが、2Bの路線は廃止されました。

これで歩行者専用区間を20km/hで走るということはなくなったので、運行ダイヤが正常化することが期待されています。

2013_11_18_13a

ところで、このルート変更には賛否両論があるようで、新しく13Aが走ることになったWindmühlgasseとCapistrangasseの沿線住民は「騒音や排気ガスが増える」と、今回のルート変更に強く反対していました。そのため、当日は写真のような抗議活動が‥ 確かに13Aは幹線なので、運行本数が多く、地域住民の皆さまのお気持ちもわかりますが‥例の電気バスにでもすれば良いのでしょうが、今すぐにはねぇ‥

もちろん、13Aの利用者からも意見や、Mariahilfer Straßeの全面歩行者専用化を目指すグループの動きもあり、今後も注目されます。

ところで、Wiener Linienが、この時期に13Aルート変更に踏み切ったのは、アドベントの時期になるとMariahilfer Straßeには買い物のお客さまが増えて、今以上にダイヤの維持が難しくなると判断したためだと思われます。さて、Wiener Linienの思惑通り、うまくいくかどうか、12月に入ってからが正念場ですね。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

Br_decobanner_201105_b_3

乗り物 |

« ウィーンの特殊ゴミ回収車はこんな感じ | Main | ここは歯医者さん‥ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ウィーンの特殊ゴミ回収車はこんな感じ | Main | ここは歯医者さん‥ »