« October 2013 | Main | December 2013 »

November 2013

November 30, 2013

これは楽しい移動式ビアサーバー

Img_7315_001

早いもので11月も今日でおしまい。こちらでは、いよいよ明日からアドベントに入ります。クリスマスに向けて、街の中も華やいできますね。さて、今日は「イベントで活躍する道具のお話」です。

オーストリアでもイベントの飲み物には beer ビア beer が多いですね。通常、仮設ビアホールではビア会社からビアサーバーが貸し出されるケースが一般的です。

ビア会社には、貸出用のビアサーバーが沢山準備されているのでしょうね。ただ、通常のレストランなどで使うビアサーバーなので、セッティングには、それなりの時間が必要なようです。

最もセッティングはビア会社の社員さんが材料の納品と一緒に行っているようなので、運用する側は余り手間はかからないと思いますが‥

Continue reading "これは楽しい移動式ビアサーバー"

| | Comments (0)

November 29, 2013

オーストリアの救急車

Img_2013_09_0183_001

今日は「救急車の話題」をお届けしましょう。

日本では現場から患者さんを病院まで搬送する救急車は、各地の消防本部が運用しており、各地の消防署に配属されていますが、オーストリアはちょっと仕組みが異なっています。

まず、現場から患者さんを病院まで搬送する緊急用救急車は消防組織とは別組織が運用しているため、消防署に行っても救急車を見ることはできません。また、運用する組織も複数、存在します。

Continue reading "オーストリアの救急車"

| | Comments (0)

November 28, 2013

肩身が狭くなりつつある愛煙家

Img_2013_10_1152_001

今日は「喫煙の話題」です。

Feriは、禁煙派なのでタバコを吸う場所で困ることはありませんが、EUのレギュレーションにより、最近はオーストリアでも全館禁煙という建物も増えてきました。

レストランなどでは、一定の席数以上の場合、明確に区分された禁煙席(というか部屋)を設けなくてはなりません。また、客席の少ないCaféなどでは、禁煙か喫煙かを選択するようになっています。

が、オーストリアの新政権は、飲酒をする場所について全面禁煙に切り替えること検討している模様です。禁煙派の皆さまにとっては、朗報ですが、愛煙家の皆さまは、肩身が狭くなる一方かと‥

Continue reading "肩身が狭くなりつつある愛煙家"

| | Comments (0)

November 27, 2013

ここは歯医者さん‥

Img_111_05_7961_001

今日は「街の医院にまつわる話題」をお届けしましょう。

ご存じの方も多いと思いますが、こちらでは、病気になった場合、最初に、かかりつけのホームドクターに診てもらいます。その後、状況に応じて、大きな病院を紹介してもらう‥という形になっています。

その関係だと思うのですが、ウィーンなどの都市部では、ホームドクターはアパートの一室に構えているケース多いようです。しかも、日本のように大きな看板を掲げていることはなく、プレートが入り口に出ているだけです。

ちなみに、このプレートには診療科名、ドクター名、保険診療取扱い、診療時間、連絡先電話番号などが書かれています。

Continue reading "ここは歯医者さん‥"

| | Comments (0)

November 26, 2013

13Aの路線が変わりました

Img_2013_09_0530_001

今日は「ウィーンの路線バス13Aの話題」です。

マリアヒルファーシュトラーセの歩行者専用道路化に伴って、運行に支障が出ていた路線バス13Aですが、11月18日から、ついに運行ルートが変更になりました。

今まで、13AはHauptbahnhofからAlserStraßeへ向かう場合、NeubaugasseからKirchengasseまではMariahilfer Straßeの歩行者専用区間を通っていました。10月1日の記事(詳しくはこちらから)でもお伝えしたように、この区間は13A専用レーンが準備され、走行時の速度も20km/hに制限されていました。

しかし、ダイヤの乱れが激しく、利用者からは大ひんしゅく。そこで、Wiener Linienでは、13Aのルート変更に踏み切りました。新しいルートは図のようなりました。

具体的にはGumpendorfer Straße を左折してAmerling Straßeに入らず、Gumpendorfer Straßeを直進。Windmühlgasse、Capistrangasseを経由してMariahilfer Straßeの車両通行区間(ただし、一方通行ですが)に乗り入れます。

Continue reading "13Aの路線が変わりました"

| | Comments (0)

November 25, 2013

ウィーンの特殊ゴミ回収車はこんな感じ

Img_2013_09_0396_001

今日は「ゴミ回収の話題」をお伝えしましょう。

このブログでは、時々、「ゴミ回収の話題」をお届けしていますが、オーストリアは非常の合理的なシステムを構築していると感じることがあります。とくにステーションに瓶や缶、ペットボトルなどを捨てる大型のコンテナがあるので、自宅で該当するゴミが出たら、いつでも捨てに行けるのは本当に助かります。まぁ、その分、税金が高いわけですが‥

さて、2013年1月17日に「特殊ゴミは回収ツアーをご利用ください」という話題をお届けしましたが、その時は回収ツアーに使用される専用車はご紹介できませんでした。

何しろ、特定のステーションに来る日が限られているものですから‥ また、Feri自身が捨てる特殊ゴミは電池程度なので、回収ツアーを利用するほどでもありません(小型の電池については、スーパーマーケット内に回収ボックスが設置されており、そこへ捨てればOKです)。

そんな訳で、今年、9月下旬に開催された「Mistfest2013」の会場で、やっと特殊ゴミ回収車と出会うことができました。Webサイトで紹介されているような大型のワゴン車です。

Continue reading "ウィーンの特殊ゴミ回収車はこんな感じ"

| | Comments (0)

November 24, 2013

高所作業車が活躍中ですが‥

Img_2013_10_1144_001

今日は「集合住宅工事の話題」をお送りします。

建物の改修工事というのは、結構、その国の考え方が反映されていると思います。ウィーンでは、集合住宅の外壁の補修工事では足場を組むのが一般的です。特に彫刻を施した古い建物の場合、足場を組んで丁寧な工事をしないと装飾品を傷つけてしまう恐れがありますので…

また、足場を組むほどではない工事の場合、日本では余り見かけない工法が採用されています。

一つは写真のような高所作業車です。日本にもクレーンの先にゴンドラを付けた高所作業車がありますが、このように作業スペースが垂直に持ち上がるスタイルの作業車は珍しいのではないでしょうか。

Continue reading "高所作業車が活躍中ですが‥"

| | Comments (0)

November 23, 2013

エア遊具に見るお国柄‥

Img_116_09_1492_001

日本では11月23日は「勤労感謝の日」でお休みですね。土曜日と重なってしまい、ちょっと残念‥という方も多いでしょう。という訳で、「休日向けの話題」をお届けしましょう。

皆さまは、子供さんが来場するイベントで空気で膨らませた遊具をご覧になったことがあると思います。日本でもイベント会場でよく見かけますね。

色々なタイプがあるそうですが、電動ポンプで空気を送り続ける構造になっており、子供達(大人は重いので不可)が中に入って飛び跳ねるような遊具です。

Continue reading " エア遊具に見るお国柄‥"

| | Comments (2)

November 22, 2013

イラク大使公邸

Img_2013_09_0772_001

今日は「外交施設の話題」をお届けしましょう。

オーストリアは、第二次世界大戦後、1955年に永世中立国として独立した関係で、国連施設をはじめ、多くの国と外交関係があり、多数の大使館が開設されています。

東西冷戦の頃は、東側の窓口としても機能していたこともあり、スパイ小説やミステリー小説の舞台にもなっていましたね。

オーストリアに限らず、外交官を常駐させる場合、大使館とは別に大使公邸を設ける国が多いようです。ウィーンの場合も、大使館を街の中心部に設置する国が多いですが、日本大使館のようにビルの一角を使っている国が多いようです。さすがにアメリカなどは、立派な(というか要塞のような)、独立した大使館を持っていますが‥

Continue reading "イラク大使公邸"

| | Comments (0)

November 21, 2013

断熱材が沢山 住まいづくり

Img_2013_09_0773_001

アドベントを前に一足早くクリスマス市も始まり、本格的な冬を迎えつつあるオーストリア。今日は「住まいの話題」をお届けしましょう。

よく、こちらにお住まいの日本人が、日本へ一時帰国すると、一様に出る感想が“日本の家は、室内が寒いねぇ‥”というものです。もちろん、最近では高断熱・高気密の住宅も増えているので、すべてに当てはまる訳ではありませんが‥

たしかに、こちらに住んでいると、部屋の中は非常に暖かいですね。表が氷点下10度といった真冬でも、室内はTシャツで十分‥というケースがあります。また、休むときも日本のように厚い布団を掛けなくても、寒くありません。

Feriなどは、冬でも毛布をかけて寝ています。その理由は、暖房の充実以上に、住まいの「断熱構造の違い」にあると言われています。

Continue reading "断熱材が沢山 住まいづくり"

| | Comments (0)

November 20, 2013

番外編 自衛隊のディーヴァ 三宅由佳莉3等海曹

Img_2013_11_15_1335

今日は番外編として、「ちょっと変わった歌手の話題」を取り上げましょう。

日本の皆さまは、すでにご存じかと思いますが、現在、海上自衛隊音楽隊に所属する唯一の歌手専門職・ソプラノの三宅由佳莉3等海曹の活躍が話題になっていますね。

先日、Feriの友人が日本武道館で行われた「平成25年度 自衛隊音楽まつり」に行き、三宅3等海曹の歌を生で聴いてきた‥ということで、動画ファイルをメールで送ってくれました。

三宅3等海曹は、岡山県出身で、岡山県立岡山城東高等学校普通科音楽系で声楽を学び、その後、日本大学芸術学部音楽学科声楽コースに入学。声楽を渡邊 馨氏に師事し、 2009年4月に海上自衛隊に、初のヴォーカル要員として入隊。同年9月、東京音楽隊(東京都世田谷区)に初のヴォーカリストとして配属されたという経歴の歌手です。

Continue reading "番外編 自衛隊のディーヴァ 三宅由佳莉3等海曹"

| | Comments (0)

November 19, 2013

ベビーカーはエスカレーターのご利用を‥

Img_2013_09_0115_001

今日は「安全キャンペーンのお話」です。

日本でも鉄道などで、利用者の安全を促すためのキャンペーンが行われていますが、最近は、こちらでも、この手のキャンペーンや案内が増えてきました。

こちらは、日本よりも「自己責任」の考え方が徹底しているので、従来は、こういった細かいキャンペーンや案内は、あまり見られませんでした。

ところが、事故が増えてくると、だんだん当局への批判も強まり、重い腰を上げたようです。まぁ、この手のキャンペーンや案内は、当局側の「アリバイづくり」という側面もありますが‥

Wiener Linienでも地下鉄のドアに、開閉時の警告音が鳴る警告灯が、あっという間に付いたのも、この一環かと思います。あれが付いたからといって、どの程度、ドアに挟まる人が減るのかは、わかりませんが‥


Continue reading "ベビーカーはエスカレーターのご利用を‥"

| | Comments (0)

November 18, 2013

「子豚の丸焼き」はいかがですか?

Img_2013_09_0347_001

今日は「ケーリングの話題」をお届けしましょう。

こちらでは、各種イベントなどがあると、主催者がケータリング会社に依頼して屋台を出すケースがあります。日本の場合、色々な業者さんが入るケースが多いと思うのですが、こちらでは場合によっては一社が一括して受注‥というケースもあるようです。

9月にMistplatz Hernalsで開催されたMistfest2013でも、ケータリング会社が活躍していましたが、提供されていた軽食はブルストや鳥の丸焼き、ショートパスタ、ポンフリットなど、比較的ポピュラーなものが中心でした。

ところが、U2のSeeStadt延長開業行事の際、終点のSeeStadt駅前の広場で、ちょっと変わったケータリングを見つけました。

当日は、オーストリア定番のブルスト類ではなく、「子豚の丸焼き」(Spanferkel von grill)が販売されていたのです。このケータリング会社は、豚の丸焼きを得意料理としているようで、写真のように社有のライトバンにも、しっかりと「豚の丸焼き」のイラストが描かれていました。

Continue reading "「子豚の丸焼き」はいかがですか?"

| | Comments (0)

November 17, 2013

市民権を得ている四輪バギー

Img_106_09_5747_001

今年のアドベントは12月1日からですが、早いもので市庁舎前広場などではクリスマス市が始まりました。また、今年は旧市街の中心部、シュテファンドーム前の広場でも、新しくクリスマス市が開催されることになりました。

今まで、ここにはグリュワインの屋台は出ていましたが、なぜかクリスマス市は開かれていませんでした。きっと観光客の皆さんで、賑わうことでしょうね。

さて、今日は「レジャー用の乗り物」の話題をお届けしましょう。

日本でもリゾート施設で見かける乗り物の一つに四輪バギーがありますね。砂地などでも走破できる多目的車両です。ただ、日本の場合、各種の規制により、一般公道を走るのは大変らしく、あまり街中で見かけることはありません。

一方、オーストリアでは四輪バギーを比較的よく見かけます。それもウィーン市内で、バイクや三輪バイクなどと同じように使っている人も多いようです。

Continue reading "市民権を得ている四輪バギー"

| | Comments (0)

November 16, 2013

アパートの近くでピカチュウを発見<オマケ写真付き>

Img_2013_09_0177_001

今日は「キャラクターグッズの話題」をお届けしましょう。

日本でもキャクターグッズは人気があるようですが、こちらでも日本発のキャラクターは人気があります。断トツ、一番人気はハローキティ・シリーズです。このブログでも時々ご紹介しているように、ハローキティは地方の小さな町でも見かけることがあります。恐るべし…サンリオの底力… 

まぁ、こういうものは政府やお役人がバックアップしなくても、民間企業の知恵とアイデアで普及していくものだと思います。

さて、先日、アパートの最寄りバス停に行ったところ、設置してあるガチャガチャに入っている商品が変わっていることに気づきました。

Continue reading "アパートの近くでピカチュウを発見<オマケ写真付き>"

| | Comments (2)

November 15, 2013

実は鉄道愛好家だった指揮者の阪 哲朗さん

Img_9755_001

今日は「音楽家の趣味に関する話題」です。

このブログでもご紹介しましたが、昨シーズンまで国立歌劇場のアンサンブルとしてご活躍だった甲斐 栄次郎さんは銀塩写真撮影という趣味をお持ちでした。このように、音楽家だから「趣味も音楽」という方は少ないようで、別に趣味をお持ちの方が多いようです。

さて、先日、日本の友人から“日本で発売されている「わが国鉄時代 Vol.11」に阪 哲朗さんという方の記事と写真が出ていたけれども、Feriさんは、この人、知っている?”というメールが来ました。

びっくり仰天。以前、このブログでもご紹介したことがありますが、Feriは、2008年12月18日、ホームグラウンドのウィーン・フォルクスオーパーで阪 哲朗さんが指揮をしたオペレッタ「こうもり」を観ています(“阪 哲朗、フォルクスオーパーで「こうもり」を振る”の記事はこちらをご覧ください)。

Continue reading "実は鉄道愛好家だった指揮者の阪 哲朗さん"

| | Comments (0)

November 14, 2013

ウィーンの住宅団地、よもやま話

Img_2013_09_0312_001

今日は「ウィーンの住宅団地の話題」をお届けしましょう。

ウィーンは旧市街周辺では集合住宅(アパート)が基本ですが、郊外へ行くと戸建て住宅が増えてきます。やはり、どこの国でも戸建て住宅に住むのは憧れなのでしょうね。

もちろん、都心部のアパートに住みながら、郊外に小さい別荘を持っている人も結構いらっしゃいます。平日はアパートで暮らし、週末は別荘でアウトドア生活を楽しむ…という具合です。これはドイツに多いパターンですね。

Continue reading "ウィーンの住宅団地、よもやま話"

| | Comments (0)

November 13, 2013

U4でリニューアル工事が始まります

Img_103_06_2765_001

今日は「ウィーンの地下鉄U4の話題」をお伝えしましょう。

U2のSeeStadtへの延伸、U1の南延伸工事と話題が多いウィーンの地下鉄ですが、2014年からU4のリニューアル工事が行われることになりました。

工事対象区間はHütteldorf -Stadtpark間です。U4はU1・U2・U3と異なり、StadtbahnWDの路線を一部転用して建設された関係で、路盤や施設の老朽化が顕著になっている区間があります。

そのため、今でもSchönbrunnをはじめとする運河沿いの駅は昔の面影を残していますよね。また、全線開通が1981年なので、30年以上経過したことになり、今回、ウィーンの地下鉄では歴史上、最大となるリニューアル工事が実施されることになったものです。

Continue reading "U4でリニューアル工事が始まります"

| | Comments (1)

November 12, 2013

謎のピクトグラムシリーズ 証明写真撮影機

Img_2013_09_0546_001

今日は「聖マルティンの日」にちなんで「2013年ホイリゲの話題」を期待した皆さま、申し訳ございません。現在、出張中で、2013年のホイリゲはお預け‥トホホ

さて、今日は「謎のピクトグラムシリーズ」をお届けしましょう。

こちらでは鉄道のパスに代表される割引サービスを受けるには、本人の証明写真が必要なケースがあります。これは本人限定パスの場合、他人の使い回しに代表される悪用を避けるためで、発売してもらう際に証明写真を窓口で渡し、写真入りのパスを発行してもらいます。

日本と異なり、改札口や自動改札がないので、当然かもしれません。

Continue reading "謎のピクトグラムシリーズ 証明写真撮影機"

| | Comments (0)

November 11, 2013

さすが本場です 色々と楽しめるブルスト・シンケン<スライス編>

Img_111_05_8291_001

今日は11月11日は「Martinstag」(聖マルティンの日)。オーストリアでは「ホイリゲ解禁の日」です。この記事を書いているのは11月10日の深夜ですが、明日はホイリゲも賑わうことでしょう。また、「聖マルティンの日」には、ガチョウを食べることでも知られています。レストランなどもガチョウ料理を予約している人で混雑することでしょう。

さて、今日は久しぶりに「食料品の話題」をお届けしましょう。

こちらにも美味しい食料品は沢山ありますが、シンケン(ハム)やブルスト(ソーセージ)類は長い歴史と伝統を誇るだけに、美味しいですね。最も日本人の口に合うかどうか…というのは別ですが…

アパートで自炊をするようになって、Feri定番の朝食は、半生のセンメル(もしくはブロート)をオーブンで焼いて、それにスライスしたブルストを挟んだものです。変化を付けるためにケーゼペーストを塗っていますが‥

Continue reading "さすが本場です 色々と楽しめるブルスト・シンケン<スライス編>"

| | Comments (0)

November 10, 2013

エコなスポーツカーTWIKE

Img_2013_09_1017_001

今日は「エコな乗り物の話題」をお届けしましょう。

ウィーンにお越しになった方は、旧市街でベロタクシー(VELOTAXI)という自転車タクシーをご覧になったことがあると思います。ウィーンのベロタクシーについては、2008年5月31日の記事で詳しくご紹介していますが、簡単に「おさらい」を‥

ベロタクシー(VELOTAXI)は1997年にドイツで開発された高性能な自転車タクシーです。1997年にドイツのベルリンで運行が始まり、その後、ヨーロッパ各地に広がっており、日本国内でも運行されている都市があります。

車両はシティクルーザー(City Cruiser)と呼ばれる電動アシスト方式の三輪自転車です。これは坂道などでドライバーの負荷軽減するためです。

通常、ウィーンで見るシティクルーザーは、車体を軽量化するため、ボディは軽量なポリエチレン製で、かつオープン構造になっています。

さて、9月末にプラーターで行われていたオクトーバーフェストの会場で、City Cruiserとは異なるTWIKEという3輪自動車を見かけました。

Continue reading "エコなスポーツカーTWIKE"

| | Comments (0)

November 09, 2013

KINDERGARTENの看板ですが‥ どこかで見たような‥

Img_2013_10_1148_001

今日は「KINDERGARTEN(幼稚園・保育園)の話題」をお届けしましょう。

Feriは子供がいないので幼稚園や保育園には縁がありませんが、ウィーン市内には市営・民営(キリスト教の教会が運営しているところもあります)も含めて幼稚園・保育園が本当に多いですね。

ウィーン市がインターネットで提供している市内地図には、オプションで様々な施設を表示できるようになっているのですが、幼稚園や保育園を表示させると、凄まじい数が表示されます。

Continue reading "KINDERGARTENの看板ですが‥ どこかで見たような‥"

| | Comments (0)

November 08, 2013

変わったお店シリーズ81 「本格的な自転車Café」

Img_2013_10_1356_001

今日は久しぶりに「変わったお店シリーズ」をお届けします。

今回ご紹介するのは「本格的な自転車Café」です。先日、所用があってカールスプラッツ周辺へ出かけたのですが、戻る途中、写真のようなCaféを見つけました。

店構えは普通なのですが、何と店内には自転車や自転車用品が沢山展示されているではありませんか。ちなみに店名は「RADLAGER」。

しかもCaféの方も本格的で、自転車屋さんが片手間にCaféを営業している…という雰囲気ではありません。正に「本格的な自転車Café」です。

Continue reading "変わったお店シリーズ81 「本格的な自転車Café」"

| | Comments (0)

November 07, 2013

森の中の路上駐車場 さて、その心は…

Img_2013_10_1403_001

今日は嬉しいニュースから‥ 佐渡 裕さんが、2015年からトーンキュンストラーの音楽監督に就任することが決まりました。今後のご活躍に期待したいですね(日本でも、事務所から正式に発表になったようです)。

さて、今日は「駐車場のお話」です。

ウィーン市内では、自宅にガレージや駐車スペースを持っている人もいますが、道路沿い(というか路上)にある駐車スペースを利用している人も多数いらっしゃいます。

都心部の駐車スペースについては、原則として時間単位ですが、周辺部になると許可制ではありますが、終日駐車が可能なエリアも多数存在します。

実際、市内でも数日間、置いたまま‥という車も多数、見かけます。事実上、自宅の駐車スペースと同じ扱いですね。ただ、屋外かつ路上ですから、盗難のリスクはあると思うのですが‥

通常、この路上駐車スペースは住宅地に隣接しているのですが、郊外になると住宅が少ないエリアにも設置されています。

Continue reading "森の中の路上駐車場 さて、その心は…"

| | Comments (0)

November 06, 2013

スクープ? ウィーンで日本向け鉄道模型を製造中?

Img_2013_10_1282_001

今日は「鉄道模型の話題」をお届けしましょう。

日本はオーストリアよりも鉄道模型を製造・販売している会社が多数存在します。また、その昔は日本製の海外向け高級鉄道模型車両(真鍮製のハンドメイド製品)はアメリカに数多く輸出されていました。

ただ、最近ではコストの関係から、日本国内に流通している鉄道模型(主に車体がプラスチックの製品)の中には中国などで製造しているケースが増えていますが、企画や設計などは日本で行っているようです。しかし、さすがにヨーロッパのメーカーに製造を委託するというケースは、今まで、ほとんどなかったと思います。

さて、先日、近くまで用事があったので、帰りに10区の工業団地にあるHOスケールの路面電車模型を中心に製造しているLEOPOLD HALLINGの本社工場を久しぶりに訪問してみました。

前にもご紹介しましたが、この本社工場では自社製品を事務所で販売しています。これは、同社の製品を取り扱っている店舗が少ないためです。とくにドイツ各都市の路面電車などは、オーストリア国内では、なかなか手に入りません。

Continue reading "スクープ? ウィーンで日本向け鉄道模型を製造中?"

| | Comments (0)

November 05, 2013

マクドナルドの社会貢献

Img_107_06_6760_001

オーストリアでは11月2日が万霊節(信仰を持って逝った人全ての記念日)で、お休みでした。この日を過ぎると冬の足音が急ぎ足でやってきます。

さて、今日は「マクドナルドの話題」をお届けしましょう。

オーストリアをはじめ、世界各国に展開しているファストフードチェーンの雄、マクドナルド。Feriは、正直、ウィーンではマクドナルドを利用することはありません。ウィーンにはブルストをはじめとするハンバーガー以外に美味しいファストフードが沢山ありますから‥ 

ただ、観光客の皆さまが多いウィーンでは、人気がありますね。どこでも、ほぼ同じメニューがある(ローカルメニューはありますが‥)という安心感があるからでしょう。

さて、マクドナルドですが、アメリカの会社らしく社会貢献活動も行っています。その一つが「Ronald McDonald House」という施設です。これは、難病などで長期入院を余儀なくされる子供さんと、その家族が近くにいられるように、病院のすぐ近くに立てられた滞在施設です。

Continue reading "マクドナルドの社会貢献"

| | Comments (0)

November 04, 2013

オーストリアに住む日本犬

Img_110_09_9463_001

日本では今日は「文化の日」の振替休日ですね。皆さまは、いかがお過ごしでしょうか。

今日は、「犬の話題」をお届けしましょう。

ウィーンに限らずオーストリアでは犬を飼っている人が多いですが、多くは「こちらの品種」です。しかし、ウィーンでは少数ながら柴犬や秋田犬などを飼っている愛犬家がいらっしゃいます。もちろん、飼い主は、こちらの方です。

ご存じのように、こちらでは原則として業者さんが犬を販売することはありません。ブリーダーさんから譲ってもらう…という形です。長年、ウィーンに住んでいる友人から聞いた話によると、柴犬秋田犬といった日本を代表する犬を飼育しているブリーダーさんが存在するようです。

ただ、日本犬は絶対数が少ないため、なかなかお目にかかるチャンスが巡ってこないのが残念なところ。しかし、ついに巡り会う機会が来ました。ウィーン某所のイベント会場で、日本犬らしき犬を発見。

Continue reading "オーストリアに住む日本犬"

| | Comments (2)

November 03, 2013

愉快な壁画

Img_111_05_8007_001

ウィーンの区の中には、日本の都市や区と「姉妹都市」になっているところがあります。Feriの済んでいるアパートがあるHernals区(17区)は、1992年から東京都府中市と姉妹都市の縁組みをしており、現在、2014年8月に青少年交流事業として日本へ行くメンバーを募集しています。

日本には11日間滞在するのですが、ホストファミリーの家に宿泊するそうです。対象はHernals区に住んでいる14歳~19歳までの方(Hernals区の学校に通っている人も対象だそうです)。参加費は1950Euroとか。Hernals区のWebサイトには府中市が「東京都に属しており、年から数キロの街で、人口25万人。グラーツと同じ規模です」と紹介されています。

さて、今日は「街中で見かけた壁画の話題」をお届けしましょう。

このブログでも、何回か取り上げていますが、最近はウィーンでも建物や公共施設にスプレーで落書きをする犯罪(イタズラでは済まされせん)が多発しています。

Sバーンなどに乗っていると防音壁は、完全に落書きのキャンバスと化しており、当局としても事実上、お手上げ‥といった状態でしょうか。これだけは、何とかしてもらいたいところです。

さて、この手の落書きは困るのですが、中には持ち主が描いたであろうと思われるイラストを見かけることがあります。

Continue reading "愉快な壁画"

| | Comments (0)

November 02, 2013

注目を集めるオーストリア人の発明品 それは‥

Sono_003

オーストリアには才能あふれる人がいますが、ちょっと注目されてる「発明の話題」をお届けしましょう。

この発明は「屋外から部屋に入る騒音を低減するシステム」です。オーストリア・ウィーン大学のルドルフ・ステファニ (Rudolf Stefanich)さんが開発したもので、「Sono」という名称が付いています。

「Sono」を部屋のガラス窓に取り付けると、m屋外の騒音から来る振動などのエネルギーを認識し、逆位相の信号をオーディオ信号と混合して出力し、騒音を消すというものです。原理といては、ノイズキャンセリングヘッドホンと似たような感じですが、何と言っても窓に取り付けるという点が特徴。

Continue reading "注目を集めるオーストリア人の発明品 それは‥"

| | Comments (0)

November 01, 2013

番外編 新鋭機ボーイング787に乗りました

Img_2013_09_0022_001

11月11日はホイリゲ解禁日。最近は日本でも、各種のイベントが開催されるようになりました。このブログにもたびたびコメントをお寄せいただくKino_San様が、「オーストリアワイン教室~2013 ホイリゲ解禁パーティ~」を、11月10日に開催されるようです。詳しくはこちらから。

さて、11月最初の話題は、番外編として「旅客機の話題」をお届けしましょう。

先日、日本からウィーンへ戻る際、かねてから興味があった新鋭機ボーイング787に乗りました。

現在、日本とヨーロッパの間でボーイング787を運行しているのは全日空(成田-ミュンヘン間、羽田-フランクフルト間)と日本航空(成田-ヘルシンキ間)の2社です。マイルの貯まり具合と搭乗時間が短いことから、今回は日本航空のヘルシンキ線を利用しました。クラスはYです。

Feriは、ボーイング787が日本に就航した時、国内線で乗ったことはありますが、短時間なので快適性を実感するまでには至りませんでした。

Continue reading "番外編 新鋭機ボーイング787に乗りました"

| | Comments (2)

« October 2013 | Main | December 2013 »