« 愉快な壁画 | Main | マクドナルドの社会貢献 »

November 04, 2013

オーストリアに住む日本犬

Img_110_09_9463_001

日本では今日は「文化の日」の振替休日ですね。皆さまは、いかがお過ごしでしょうか。

今日は、「犬の話題」をお届けしましょう。

ウィーンに限らずオーストリアでは犬を飼っている人が多いですが、多くは「こちらの品種」です。しかし、ウィーンでは少数ながら柴犬や秋田犬などを飼っている愛犬家がいらっしゃいます。もちろん、飼い主は、こちらの方です。

ご存じのように、こちらでは原則として業者さんが犬を販売することはありません。ブリーダーさんから譲ってもらう…という形です。長年、ウィーンに住んでいる友人から聞いた話によると、柴犬秋田犬といった日本を代表する犬を飼育しているブリーダーさんが存在するようです。

ただ、日本犬は絶対数が少ないため、なかなかお目にかかるチャンスが巡ってこないのが残念なところ。しかし、ついに巡り会う機会が来ました。ウィーン某所のイベント会場で、日本犬らしき犬を発見。

Img_2013_09_0233_001

本当は飼い主さんに確認したかったのですが、人が多い会場だったため、ちょっと目を離した隙に、飼い主さん共々、姿を見失ってしまいました。残念。

Feriは、あまり犬に詳しくないのですが、この写真を見た友達の話だと、「ちょっと体が大きいので、。韓国の珍島犬ではないですか?」ということでした。確かに日本犬にしては、体が大きいような感じがしますね…

さて、その後、フォルクスオーパーへオペレッタを観に行った時、向かいの道路を、愛犬家が二頭の犬を連れて散歩をしているところに出会いました。

その犬ですが、特徴ある丸まった尻尾と大きさから考えて柴犬のようです。開演まで時間があったので、さっそく、追跡を開始しましたが、如何せん、道路の向こう側だったので、途中でロストしてしまいました。残念無念。

Img_2013_09_0617_001

ただ、愛犬の散歩はおおむね同じ時間に行う人が多いので、もしかするとフォルクスオーパーへ行ったときに再会できるかもしれません。今後に期待しましょう。

なお、こちらで繁殖している日本犬の場合、個体が少ないですから、場合によるとこちらの犬との混血になる可能性があるかもしれません。

Feriの友達は、郊外を散歩しているとき、秋田犬を連れている人に出会ったそうです。声をかけたところ、「こまち」という名前だったとか… やはり日本の犬には、日本の名前を付けるようですね。

Feriも「もう一つの日本代表 日本犬」にお目にかかりたいと思っている今日この頃です。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

ペット |

« 愉快な壁画 | Main | マクドナルドの社会貢献 »

Comments

どうも初めまして、毎日の楽しい記事ありがとうございます。
北海道犬をご存知でしょうか?あの“お父さん”と同じ犬種です。
そちらではHokkaidoといったらカボチャでしょうか?
St. Pölten近くに住む友人が飼っていて、ここで紹介してます。
http://hokkaido.at/

Posted by: march | November 04, 2013 17:33

march様、コメントと情報提供、ありがとうございます。

何か、こちらで日本の犬を見かけると、仲間みたいで嬉しくなるから不思議です。

また、散歩中に出会うことを楽しみにしています。

Posted by: Feri | November 04, 2013 22:18

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 愉快な壁画 | Main | マクドナルドの社会貢献 »