« アパートの近くでピカチュウを発見<オマケ写真付き> | Main | 「子豚の丸焼き」はいかがですか? »

November 17, 2013

市民権を得ている四輪バギー

Img_106_09_5747_001

今年のアドベントは12月1日からですが、早いもので市庁舎前広場などではクリスマス市が始まりました。また、今年は旧市街の中心部、シュテファンドーム前の広場でも、新しくクリスマス市が開催されることになりました。

今まで、ここにはグリュワインの屋台は出ていましたが、なぜかクリスマス市は開かれていませんでした。きっと観光客の皆さんで、賑わうことでしょうね。

さて、今日は「レジャー用の乗り物」の話題をお届けしましょう。

日本でもリゾート施設で見かける乗り物の一つに四輪バギーがありますね。砂地などでも走破できる多目的車両です。ただ、日本の場合、各種の規制により、一般公道を走るのは大変らしく、あまり街中で見かけることはありません。

一方、オーストリアでは四輪バギーを比較的よく見かけます。それもウィーン市内で、バイクや三輪バイクなどと同じように使っている人も多いようです。

Img_109_08_8938_001

実際、ビジネスマンの人が使っているのを見たことがあります。バイクよりも荷物などを多く載せることができるので、OA機器のメンテナンスを担当するサービスエンジニアの方などには、便利かもしれません。もっとも三輪バイクも、こういった用途には使われていますが‥

ところで、四輪バギーはバイクよりは安定性がありますが、乗員の上が保護されていないため、転覆した場合、怪我のリスクがあります。そこで、こちらでも乗車する際は、ヘルメットの着用が義務づけられているようです。

こちらで普及しているのは、もしかすると冬の雪道対策かもしれません。四輪バギーだと、ある程度、雪が積もっている道路でも走破できそうな感じがしますので‥

Img_109_08_8939_001

さて、今年の夏、例の人力トロッコ鉄道Draisinentourを訪問した際、この三輪バギーでツーリングを楽しんでいるグループと出会しました。

四輪バギーは、比較的車体が大きいため、2~3台でもインパクトがありますが、10台以上連なって走っていると、かなり目立ちます。写真は、ツーリングのグループが休憩中に撮影したもの。縦列駐車しているので、存在感がありますね。

もちろんルールを守って走っているので、自動車や歩行者の迷惑になることは、ほとんどありません。迷惑行為が少ないため、市民権を得ているのかもしれません。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

街角の話題 |

« アパートの近くでピカチュウを発見<オマケ写真付き> | Main | 「子豚の丸焼き」はいかがですか? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« アパートの近くでピカチュウを発見<オマケ写真付き> | Main | 「子豚の丸焼き」はいかがですか? »