« 「きよしこの夜」(Stille Nacht) 「真のふるさと」は… | Main | 今度は「豹< Leopard>」です‥ »

December 02, 2013

これが本当のこぼれ話‥飛行機に乗り損なったFeri(その1)

Img_2743_001

今日は「飛行機を使った旅行の話題」をお届けしましょう。

30年以上にわって日本とオーストリアを行き来していると、往復の航空便で色々なことがあります。Feriはかつて日本国内で出張が非常に多い仕事に20年以上、就いていたため、JALさん、ANAさんとも、マイレージの上級会員資格を取得しています(年によって会員ランクは変わりますが、最低限の資格は取得済みです)。

そのため、オーストリア航空の直行便よりも、経由便を利用することが多く、それにまつわるトラブルに何回も巻き込まれています。今日は、「飛行機に乗り損なった‥本当のこぼれ話」をご紹介しましょう。

パターンは、1.日本発ヨーロッパ行きの便が遅れて接続便に乗れなかった、2.ウィーン発の便が遅れて接続の日本行き接続便に乗れなかった、という二つがあります。

Img_2762_001

遅れの原因は、機材故障と天候が中心ですが、いわゆる「使用機到着遅れ」という例もあります。これは、どこかで何らかの原因で発生した「遅れ」を取り戻すことができず、どんどん遅れが重なっていくというものです。

定期便旅客機は「飛んでナンボ」なので、短距離路線では、1日に6区間くらいフライトする場合もあります。遅れた場合、折り返し時間(ターンアラウンドと言うそうですが)の短縮に務めますが、それでも完全に遅れを解消する訳にはいかないようです。また、遅れた場合、当局の飛行許可がなかなか出ず、遅れが広がるというケースもあるとか‥

Img_2759_001

「日本発ヨーロッパ行きの便が遅れて接続便に乗れなかった」というケースは、日系航空会社の場合、成田が拠点空港なので少ないのですが、それでも2008年3月に経験しています。

この時は、日系某社のフランクフルト行き利用だったのですが、搭乗開始後、ふと窓から外を見ると整備員さんが沢山、集まって何やら打合せ中‥無線でどこかに連絡をとっている責任者らしく人の姿も‥(冒頭の写真)

嫌な予感がしたのですが、案の定、機材の故障が発生し、一旦降機することになりました。結局、予備機材と交代(シップチェンジ)することになり、出発が大幅に遅れたため、フランクフルトから当日、ウィーンへ行くことはできず、フランクフルトで一泊することになりました。2枚目の写真は、予約変更の裏書きをした航空券です。ステッカーが貼ってあるのですが、Eチケット化の前なので、これが外れた一大事‥

こういった場合、航空会社の責任なので、空港周辺のホテルを取ってくれると同時に、航空券の種別に関係なく、翌日のウィーン行きを確保してくれます。なお、この時はフランクフルト到着が深夜だったこともあり、ホテルでミールクーポンの提供はなく、チェックインの際、ランチボックスが配布されました。写真が「貴重なランチボックスの中身」です(ビアは個人負担です)。

Img_2763_001

オーストリア航空の直行便利用だと、到着日からオペレッタやオペラを観ることも可能ですが、乗り継ぎの場合、ウィーン到着が遅くなるので、実害はありません。ただ、ウィーンのホテルを一泊キャンセルしなくてはなりませんが‥当時は今のようにEチケットではないので、航空券に裏書きをする必要がありました。そのため、手続きに時間がかかったのですよね。

Img_0019_001

また、このパターンの変形で、2005年9月、成田の出発が故障で遅れたものの、フランクフルト到着時、接続便にギリギリで間に合ったケースがあります(この時は、成田ではミールクーポンではなく、お弁当が提供されました。5枚目の写真が、そのお弁当)。

成田からの便がゲートに到着した段階で、接続便出発までの残り時間は50分弱。幸い、荷物はすべて機内に持ち込んでいたので、勝手知ったるフランクフルト空港のターミナル内を猛烈にダッシュ(今だと足がもつれてコケそうです)。

イミグレーション、セキュリティゲートを「時間がないから」と言って駆け抜け、接続便のゲートに到着した時にはゲートが閉まる直前。ゲートの係員に「間に合って良かったね。あなたが最後だよ」と言われました。ところが、この話には続きが‥ 

Img_0053_001

ウィーン到着後、予約してあった定宿の某ホテルへ向かったところ、顔なじみのフロントのお兄さんから衝撃的な一言が‥

Mr.Feri、申し訳ないが、オーバーブッキングで、今日は部屋が確保できない。系列の別のホテルを手配してあるので、今晩は、そちらに止まって欲しい。タクシーで送るから‥」。ガーン。

だったら、無理しないでフランクフルトに泊まれば良かった‥実は、日系の某航空会社側でも接続は難しいと思うので、フランクフルト一泊を推奨してくれていたのです。それを振り切って、気合いで乗ったのに‥

別のホテルに一泊して、翌日、本来のホテルへ戻ったところ、部屋には写真のようなフルーツのセットが置いてありました。お詫びでしょうね。

「ウィーン発の便が遅れて接続の日本行き接続便に乗れなかった」というケースは、明日、お伝えしましょう。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

H_banner

旅行・地域 |

« 「きよしこの夜」(Stille Nacht) 「真のふるさと」は… | Main | 今度は「豹< Leopard>」です‥ »

Comments

こんにちは。
日本とウィーンを往復していると、いろいろな事情でフライトトラブルに合いますね。私の経験ではオーストリア航空が一番多い感じです。
日本からのフライトが遅れて困ったのはロンドン乗換えの1回だけですが、フランクフルトの空港を全速力で走ったのは1回2回ではありません。そもそもあの空港は空港の大きさの割には乗換え時間が短いので、パスポートコントロールなんかで少しトラブルと直ぐに搭乗時間を超えてしまいます。
でも、私の経験ではセキュリティ・チャックはパスさせてくれないと言うか、係員が急げと言ってもしっかりチャックしてくれますよ。
ウィーンからの便が遅れて日本行きに乗れなかった経験はないですね。何故だろ?

Posted by: Kino_San | December 02, 2013 at 04:36 PM

Kino_San様、こんにちは。

フランクフルトの場合、ターミナル1と2の乗り継ぎになるときついですね。また、最近は物騒な世の中になったので、セキュリティも厳しくなっているような気がします。

Posted by: Feri | December 02, 2013 at 09:22 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 「きよしこの夜」(Stille Nacht) 「真のふるさと」は… | Main | 今度は「豹< Leopard>」です‥ »