« 今度は「豹< Leopard>」です‥ | Main | これが本当のこぼれ話‥飛行機に乗り損なったFeri(その3) »

December 04, 2013

これが本当のこぼれ話‥飛行機に乗り損なったFeri(その2)

Img_9357_001

一昨日に引き続き、「飛行機に乗り損なった‥本当のこぼれ話」をご紹介しましょう。

今日は、「ウィーン発の便が遅れて接続の日本行き接続便に乗れなかった」ケースです。実は、Feriが多く経験しているのは、こちらのケースです。

以前はウィーンから日本行きが出発する空港(フランクフルトが多いのですが)までは、ほとんどオーストリア航空を使っていました。オーストリア航空はウィーンが拠点空港なので、比較的欠航のリスクも少ないのですが、冬の場合、天候不良(要するに雪)で大幅遅延というケースが良くあります。今だから笑い話になっていますが、最悪だったのが、2004年12月のケースです。

元々、フランクフルトでの接続は、航空会社側もリスクを考えて、2時間程度の乗り継ぎ時間を確保し、便を設定しています(何しろ航空会社側の責任で乗り継ぎができないと、ホテル代金はもちろん、他社への振り替えにかかる運賃など、航空会社側の負担が半端ではありませんから‥)。

Img_9348_001

ところが、ウィーンからフランクフルトへ向かうオーストリア航空のウィーン到着が大幅に遅れてしまいました(使用機到着遅れ。理由は不明でした‥)。最終的に出発時間が2時間ほど遅れることになり、フランクフルトでの接続が難しくなりました。

この便にはFeriと同じルートで帰国するツアーのお客さまがいました。、こちらは搭乗開始前に添乗員が、乗り継ぎができない旨をお客さまに説明して、翌日の便への振り替え手続きをはじめました。

個人旅行であるFeriは、この自点で航空会社からの案内はなかったので、フランクフルトまで行って、現地で対応するのだろう‥と考えていました。

Img_9350_001

すでに搭乗予定便よりも、1時間後に出発するルフトハンザのフランクフルト行きが先に出発してしまいました(今ならば、ルフトハンザの子会社になっているので、振り替えをしてくれた可能性がありますね。ちなみに、この便に搭乗することができれば、問題なく乗り継ぎができました)。

2時間遅れで搭乗開始となり、機内で出発を待っていると、いきなり「Mr.Feri。搭乗していたら、至急、客室乗務員に申し出てください」と機内アナウンスで呼び出されました。客室乗務員に申し出ると、「フランクフルトで接続便への乗り継ぎが不可能になったので、飛行機を降りてもらいたい」との話。

これは、オーストリア航空の責任による遅れなので、拠点空港であるウィーンで対処するためだったようです。Feriを降ろした便は、フランクフルトへ向けて出発していきました。

Img_9351_001

カウンターで提示された代替案は、「翌日のOSの成田直行便利用(原券とは違うルート)」か、「オリジナルのフランクフルト経由の日系利用」という二つ。

実は、Feriは、当初の日本到着日の翌日、関西地区で重要な仕事が入っていたのです。血の気の引いていくFeri‥そこで、当時、就航していたOSの関空便に振り替えてくれないかと、交渉したのですが、さすがに目的地の変更は不可ということで、最終的に原券のフランクフルト経由を選択しました。ちなみに冒頭の写真は、提示された旅程と手続き終了後のチケットです。

もちろん、オーストリア航空の責任で接続ができなかったため、シュヴェヒャート空港内のホテル(ミールクーポン付き)をとってくれました。2枚目の写真はオーストリア航空に発行してもらったホテルのバウチャー、3枚目の写真は当日の部屋、そして4枚目の写真はミールクーポンを使って食べた夕食(というか夜食)です。

ホテルへ入ってから、即、行ったことは、Feriが当時、勤務していた日本の会社への連絡です。が、日本時間が深夜なので、日本が朝になり、上司が出勤してくるまで、ホテルの部屋で待機。上司から大目玉を食らいましたが、結局、スケジュールが空いた先輩が対処してくれることになりました。

Img_9345_001

翌日、ウィーンからフランクフルトへ向かう前、日本からフランクフルトへ向かっているはずの日系某社の便をネット上で確認したところ、成田発が6時間以上も遅れていることが判明。おいおい、こちらも遅延かい‥

とりあえず、振り替え便でフランクフルトまで向かいましたが、振り替え便は早い時間帯だったので、日系航空会社のチェックインカウンターも開いておらず、しばらく空港内のカード会社のラウンジで待機。こういう時、複数のラウンジが使えるのは、正直、精神的にも楽です。

その後、航空会社のチェックインカウンターに向かい、状況を確認しました。やはり、機材故障の影響で成田出発が大幅に遅れており、フランクフルト到着後の折り返し便も、相当の遅れが予想されるとのこと‥

結局、20Euroのミールクーポンが提供されました(いよっ、太っ腹)。結局、Feriが乗る成田行きは、日付が変わった翌日の午前1時過ぎにフランクフルト空港を離陸しまいた。

Img_9379_002

フランクフルト空港が24時間運用が可能なので、何とかなりましたが、運用制限が厳しい空港だったら、フランクフルトで更に一泊するはめになっていたことでしょう。

途中、時間短縮に努めたようですが、それでも成田着は定刻よりも5時間ほど遅れました。地方へお帰りのお客さまは、成田から先も大変だったと思います。

余談ですが、Feriは占いをあまり信じないほうですが、このトラブルがあった日は、「要注意日」だったのですよ‥

懐かしい話をまとめていたら、長くなってしまったので、続きは、明日お届けしましょう coldsweats01

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

H_banner

旅行・地域 |

« 今度は「豹< Leopard>」です‥ | Main | これが本当のこぼれ話‥飛行機に乗り損なったFeri(その3) »

Comments

読んでいるだけで胃が痛くなりそうですね(*^_^*)
幸い私は、殆ど遅延の経験がありませんが、一度シュヴェヒャート空港で足止めされてホテルに一泊した経験が。
その際日本人の男性が、会社に提出するから、と、
遅延証明書を請求されていて、
提出する必要など全くなかったのですが、私
も貰って記念にしています(*^^*)

Posted by: necchi | December 04, 2013 at 02:12 PM

necch様

ご心配いただき、ありがとうございます。

私は、こういった事態に遭遇した場合、正直、「なるようにしかならない」と思うようになりました。

ただ、この教訓から日程については、余裕を持たせるようにしましたが(^^;)

Posted by: Feri | December 05, 2013 at 08:48 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 今度は「豹< Leopard>」です‥ | Main | これが本当のこぼれ話‥飛行機に乗り損なったFeri(その3) »