« 2013/14シーズンのフォルクスオーパー「メリーウィドウ」は‥ | Main | フォルクスオーパーの「Klassik trifft Volksmusik」 »

December 12, 2013

今年もクリスマスツリー市の季節がやってきました

Img_2013_12_1791_001

今年も12月12日から、ウィーン市内で一斉にクリスマスツリー市が始まりました。

クリスマス市は先月中旬から始まっているのに対して、クリスマスツリーを販売する市は意外と遅いのが特長です。なお、一部のクリスマス市では、前日の11日から「事前販売」を行っていました。これから24日の午前中くらいまで、クリスマスツリー市は営業しています。新聞報道によると、今年は286箇所に市が立つそうです。

こちらの皆さまはプラスチックの作りものより、「本物の木」がお好みのようで、今日もさっそく品定めをしている人を見かけました。

Img_2013_12_1786_001

ツリーの木ですが、「モミの木」が一番人気が高いそうで、販売されるツリーの2/3を占めるとか‥ちなみに販売されるツリーの数は、ウィーンだけで40万本だそうです。

こちらでは、クリスマスツリーの下にプレゼントを置くという習慣があるため、ツリーが無いと子供さんにプレゼントを渡しづらいのです。この市ですが、生産者が直接販売しているところが多いようです。実際、トラックで産地から持ってきて、販売しています。

Img_2013_12_1784_001

気になるお値段ですが、Feriのアパートからほど近い公園で開催中のクリスマスツリー市では、80cmまでのものが15~20Euroで、それ以降、10cm毎に値段が上がっていく仕組みになっていました。

ちなみに100cmは21Euro、110cmは23Euro、120cmは25Euroといった感じです。400cmクラスになると120Euroでしたね。なお、お店によって値段の付け方には若干、差があるようです。

価格表を眺めていたら、おじさんから「一本、どう」と声をかけられましたが、さすがにツリーまでは‥ということで、固辞しましたが‥

Img_2013_12_1793_001

男性の場合、クリスマスツリーをぶら下げてご自宅に向かう方もいらっしゃいますが、女性の場合はカートに入れて運ぶ人、子供さんと一緒に運ぶ人など、様々です。基本的に自宅近くのツリー市で購入する人が多いので、自宅までは歩いて運んでいるようです。

新聞には新鮮なツリーの見分け方や買ったツリーの保存方法などの記事も掲載されています。

スーパーマーケットでもクリスマス時期の営業時間などが表示されるようになり、いつもはのんびりしている皆さんの生活も、何となく慌ただしくなってきました。今週末はプレゼントを買う皆さまで、繁華街は大混雑でしょうね。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

街角の話題 |

« 2013/14シーズンのフォルクスオーパー「メリーウィドウ」は‥ | Main | フォルクスオーパーの「Klassik trifft Volksmusik」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 2013/14シーズンのフォルクスオーパー「メリーウィドウ」は‥ | Main | フォルクスオーパーの「Klassik trifft Volksmusik」 »