« クリスマス市のミニ・トロッコ鉄道<動画付き> | Main | 2013/14シーズンのフォルクスオーパー「メリーウィドウ」は‥ »

December 11, 2013

復活したウィーン消防本部の「金の玉」

Img_2013_12_1653_001

今日は「ウィーン市消防本部の屋上に復活したシンボルの話題」です。

2007年10月に、このブログで、ウィーン市消防本部(中央消防署)の屋上に設置されていた「金の玉」が破損によりなくなってしまったという話題をお伝えしました。

2007年の夏前、強風が吹いた際、消防本部の工事をしていた大型クレーンが倒壊し、この「金の玉」を直撃し、破損したそうです。気の毒なことに、倒壊した大型クレーンに乗務していたオペレーターも亡くなっています。

Img_9962_001

その後、消防本部の建物本体の改修工事なども行われていたのですが、肝心の「金の玉」は、なかなか復活しませんでした。その間、「金の玉」の基部には養生シートがかぶせられた痛ましい姿のままでした(これが2枚目の写真)。

最初、復活した「金の玉」を見た時に、以前のものと印象が違うと思ったのですが、実は破損前のものは「金の玉」の周囲に付いているものが青銅色だったのです。ちなみに3枚目の写真が、以前もご紹介した破損前のオリジナルです。

Img_0489

今はできあがったばかりなので、すべて黄金色に輝いています。また、この「金の玉」を支える像も当然新しくなっています。合わせて、両側にある像については破損はしなかったのですが、修復工事に合わせて、清掃が行われたようで、今は真っ白になっています。

復旧まで、足かけ6年の歳月がかかったことになりますが、消防本部のシンボルが復活したのは嬉しいことです。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

街角の話題 |

« クリスマス市のミニ・トロッコ鉄道<動画付き> | Main | 2013/14シーズンのフォルクスオーパー「メリーウィドウ」は‥ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« クリスマス市のミニ・トロッコ鉄道<動画付き> | Main | 2013/14シーズンのフォルクスオーパー「メリーウィドウ」は‥ »