« フォルクスオーパーの「Klassik trifft Volksmusik」 | Main | フォルクスオーパー「ヴェネチアの一夜」プルミエレポート(その1) »

December 14, 2013

冬はお休み? ウィーンのホイリゲ事情

Img_2013_12_1809_001

今日はアドベント2週目の週末。クリスマス市だけでなく、ショッピングゾーンはクリスマスプレゼントを買う人達で大混雑です。そんな中、オーストリアではやっと新政権が発足しました(大連立なので時間がかかるのですよね‥この時期なので、皆さま、関心が薄そうです‥

一方、今日はフォルクスオーパーでヨハン・シュトラウスのオペレッタ「ヴェネチアの一夜」のプルミエが行われます。当然、Feriも行きますが、この様子は、明日以降、お伝えします。オペレッタファンの皆さま、しばらくお待ちください。

先日、コメント欄でKino_San様から話題をご提供いtだいた「ホイリゲの冬期休業」についてご紹介したいと思います。

まず、「冬も営業しているウィーンのホイリゲはあるか?」という問いに対する答えは「あります」です。

ただ、残念なことに冬眠してしまっているホイリゲも存在します。先日、ご紹介したオタークリンク(16区)のホイリゲも、実は2店が11月から来年の春先まで冬眠に入っています。

基本的に19区や16区でも、街中にあるホイリゲは、通年営業しているところが多いのですが、山の中腹にあるホイリゲ(ブドウ畑に隣接しているところ)は、冬眠してしまうのが一般的です。

Img_2013_12_1926_001

これは雪が降ると来るのが大変‥という事情もあるのでしょうが、ワインの生産量との関係が強いようです。実際、オタークリンクで冬眠に入っているホイリゲは、路線バスも走る道路沿いにあり、お客さまが来るのが大変‥ということはありませんので‥

このほか、短い期間に分けて営業をしているホイリゲの場合は、12月上旬で、今年の営業を終えてしまうところもあります。

あと、この時期、気をつけなくてはならないのは、クリスマス・年末年始休暇をとるホイリゲです。Feriが贔屓にしている某ホイリゲは、完全な家族経営なのですが、12月18日から1月8日まで、クリスマス・年末年始休業に入ることが店内に告知されていました。

Img_2013_12_1807_001

また、ご存じのように12月24日はファストフード店や通常のレストランも、午後から休業というところが多いので、ホイリゲもお休みです。中には23日から休みに入るホイリゲもあるようです。

最近では12月25日から営業を再開する積極的なところも増えてきました。ホイリゲが多い19区などは、その傾向が強いですね。クリスマス・パーティーの需要を見込んでいるようです。25日・26日(こちらは両日とも祝日でお休み)は予約を‥という但し書きが出ています。

ところで、アドベントに入るとホイリゲは連日、大盛況。というのは、こちらの皆さんは、親しい方とクリスマスプレゼントの交換を兼ねた食事会を開く習慣があるのですね。

日本で例えるならば「お歳暮を持ち寄った忘年会」のような位置づけかもしれません。食事会の様子を見ていると2組(4人)、もしくは3組(6人)が多いようです。このクリスマス食事会ですが、基本的にご夫婦で参加されていますが、メンバーの組み合わせが千差万別なので、回数も飛躍的に増えてしまいます。

Img_2013_12_1667_001

食事会と行っても、おしゃべりが目的のおばさま、おじさまが多いので、レストランよりも気軽なホイリゲの方が人気があるようです。また、小規模な企業の場合、クリスマスパーティーをホイリゲで開くこともあるようです。

最近、Feriが行くホイリゲは、基本的に観光客の皆さんが滅多に来ない「地元のたまり場」的なところなので、その傾向が強く、いつも賑やかです。時間帯によっては、1人で行ってもスタンディングも満席‥ということも‥まぁ、Feriの場合、適当に潜り込んでしまいますが‥

Img_2013_12_1639_001

反面、こういった賑やかな場と縁のない方は、暗くなるのが早いだけに、孤独感が強まります。以前、ドイツに赴任していたことのある牧師さんから、「クリスマスの時期、ドイツでは自殺者が増えるので、教会のサポートも大切なのです」という話を聴いたことがあります。

さて、冬にウィーンにいらっしゃって、ホイリゲに顔を出したい皆さまは、行って空振りにならないように、Webサイトなどで営業日をご確認されると良いでしょう(ただ、時々、営業日に臨時休業をするホイリゲもありますが‥)。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

H_banner

グルメ・クッキング |

« フォルクスオーパーの「Klassik trifft Volksmusik」 | Main | フォルクスオーパー「ヴェネチアの一夜」プルミエレポート(その1) »

Comments

こんにちは。
ホイリゲネタですね。
日本人的には理解し難い部分でもありますが、オーストリア人はクリスマスを大切にしますので(キリスト教徒なので当たり前なのですが)、24日~26日はホイリゲもお休みのところが多いですね。
逆に年末・年始は日本のような重要性はないので営業している店も多くなりますね。
田舎はホイリゲの輪番営業がしっかりしているので、クリスマス以外なら営業している店が1軒はあると思います。
ウィーン市内でも観光客の多いホイリゲ街(Grinzing等)は年末・年始の営業率は高くなりますね。
ウィーンっ子の利用率の高いStammersdorfでも、年末・年始は少なくなりますが営業している店があります。

冬のホイリゲでストーブ近くの席を確保し冷えた白ワインを飲む。これがい意外といいですよ。

Posted by: Kino_San | December 15, 2013 09:39

Kino_Sanさま

コメント、ありがとうございます。以前は25日は完全休業で、26日も営業時間短縮という飲食店が多かったですが、最近は25日から営業を始めるホイリゲも出てきましたね。

年末・年始については、こちらは単純などんちゃん騒ぎになりますから、何となくわかりますが‥

15日の夜もホイリゲはクリスマス食事会で賑わっていました。

Posted by: Feri | December 16, 2013 15:58

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« フォルクスオーパーの「Klassik trifft Volksmusik」 | Main | フォルクスオーパー「ヴェネチアの一夜」プルミエレポート(その1) »