« スリ、置き引きにご用心 | Main | 路線バス13Aの話題 »

December 08, 2013

シュテファンプラッツのクリスマス市

Img_2013_12_1488_001

今日は「クリスマス市の話題」をお届けしましょう。

本来、クリスマス市はアドベントに入ってから開催されるものなのですが、最近は商業主義が台頭してきて、11月中旬からクリスマス市が行われるようになりました。

そして、今年からシュテファンプラッツでもクリスマス市が始まりました。今までシュテファンプラッツにはグリュワインの屋台は出ていましたが、クリスマス市は催されていませんでした。不思議ですよね。

今年から、満を持して‥という訳ではないのでしょうが、クリスマス市が開催されることになりました。

Img_2013_12_1491_001

場所は教会の右側で、良くイベントが開催されるところ。あまり広くないので、出店している屋台は20件ほどですが、さすがに天下の観光地だけあって、クリスマス関係のグッズよりは、お土産品になりそうな商品を販売している屋台が多いですね。

もちろん、グリュワインなどを販売する屋台も出ていますが、シュテファンプラッツ専用のマグカップを使っているようです。ある屋台では、ブーツ型のマグカップを使っていましたので、これはお土産用として人気を集めそうです。

Img_2013_12_1489_001

また、各屋台の上には統一された電飾が設置されているのも特長です。屋台の形も統一されており、トータルコーディネイト‥という感じでしょうかね。

それにしても、このところアドベントの時期は、本当に観光客の皆さまが多いですね。Feriが住んでいるアパートから旧市街へ出ると、本当に人の多さに、戸惑ってしまうことがあります。

実は、旧市街が混雑する時期こそ、隠れホイリゲでのんびりするのが一番なのです。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

街角の話題 |

« スリ、置き引きにご用心 | Main | 路線バス13Aの話題 »

Comments

こんにちは。
まさにホイリゲでほっこりワインを飲んでいた方が落ち着きます。

が。。。

この時期になるとあるオーストリア関係の掲示板で冬もホイリゲは営業していると、ウィーンに年末年始に行く方にホイリゲを案内して、「冬にホイリゲは営業してない。嘘つき。」と猛攻撃を受けた事を思い出します。
今だに何故嘘つきよばわりされたのか分からないでいます。

冬にホイリゲのストーブ前の席を占領して、冷えた白ワインを飲むのはKino_Sanの悦びの一つでもあります。
冬に営業していないホイリゲ街なんて聞いた事ないのですがね。(一定期間休んでいる店はありますが)

Posted by: Kino_San | December 10, 2013 15:52

Kino_Sanさま

コメント、ありがとうございます。確かにホイリゲの中には、クリスマスの時期に休業するところはありますね。

Feriが贔屓にしている某ホイリゲも、12月19日から新年1月7日まで休業します。クリスマスと年末・年始はご家族でゆっくりされるのでしょう。

今年は寒さが緩く比較的過ごしやすいウィーンですが、ホイリゲで飲む冷えた白ワインは格別です。

Posted by: Feri | December 10, 2013 18:15

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« スリ、置き引きにご用心 | Main | 路線バス13Aの話題 »