« 旧市内にも進出! Individual Photo Postcard | Main | ULFの後継車選定が始まりました »

January 02, 2014

番外編 2014初日の出 初富士フライト

Img_2014_01_008

今日はお正月なので二本立てです。

ウィーンフィルのニューイヤーコンサート2014の中継を見ていた時、日本の友人からメールが入りました。航空各社が運航している初日の出フライトに乗り、上空から初日を見てきた‥というものです。

日本では、初日は「縁起が良い」と言われていますので、友人の了解を得て、初日の写真と、その様子をお伝えしましょう。

今年は、JALが羽田、成田、関空から、JTAが中部から、ANAが羽田から2便と中部から運航しました。航空ファンが注目したのは、ANAがB747-400Dを使用した羽田発着のNH2001便。ジャンボ退役を目前に、最後の初日の出フライトということで大変な任期だったそうです。

Img_2014_01_003

へそ曲がりの友人は、成田発のJAL2014便(実際の運航便名は4901便)に搭乗しました。

この便はJALパックと成田国際空港の共同企画によるチャーターフライトで、成田の集合は1月1日の午前4時。友人はLCC向けに運航している深夜バスで成田へ向かったそうですが、空港のロビーで野宿している人が意外と多いので驚いた‥と言っていました。日本も変わりましたね。

Img_2014_01_002

さて、JL2014便は国際線用のB767-300ER(JA612J)が使用されました。出発に合わせてゲートで「ゆるキャラ」も参加したセレモニーが行われました。また、このツアーにはJALの大西会長も同行されたそうです。

JL2014便は5時48分に66番ゲートを出発。6時06分に離陸し、銚子上空の鑑賞ポイントに向かいました。ホールディングポイントでは半径3kmで旋回し、日の出を待ちます。

Img_2014_01_007

1月1日の日の出は、6時27分。その頃になると機内のお客さまも、落ち着きません。

地上と異なり、「空の上」なので、基本的に初日の出が見えない‥ということはありませんが、出る瞬間を見たいと思うのは、誰も同じ。しかも、ヘリコプターではありませんから、その場に留まることができないのが旅客機のウィークポイントでもあります。

初日の出観賞のため、20分ほど銚子上空を旋回し、その後、横浜上空を通り、富士山へ向かいます。このルートは福岡方面のルートですね。

Img_2014_01_005

今回のフライトは定期便よりも飛行高度が低いため、富士山も頂上などが大変よく見えたそうです(うらやましいですね)。

その後、浜松市上空あたりで旋回し、成田に向かいます。帰りは向かって右側のお客さまにも富士山を見ていただくため、再度、富士山に接近しました。

Img_2014_01_006

その後、7時46分に成田空港に着陸。7時54分に出発した66番ゲートに到着しました。フライトタイムは2時間05分だったとか。国内線では2時間を越えるフライトは少ないですから、珍しい体験だったことでしょう。

機内では、抽選会なども行われたそうですが、本人曰く、「くじ運が悪いからね」のとおり、何も当たらなかったそうです。

Img_2014_01_006_2

なお、成田空港では、毎年、成田山新勝寺の住職をお呼びして航空安全祈願祭を第1ターミナルで開催されています。その後、鏡開きが行われ、地元のお酒が振る舞われるのですが、友人は、しっかり、その会場に立ち寄り、升酒をいただいて自宅へ戻ったとか。

この初日の出フライトですが、お客さまも家族連れはもちろんのこと、ご年配の親御さんを連れた方など、友人同士など千差万別だったとか‥ 

なお、今回は大手流通業のイオンがチャーターした便が続行で飛んでいたそうです。

日本らしいお正月のイベントですが、楽しい1日だったそうです。皆さまにとって2014年が良い年になりますように。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

Br_banner_fuji


旅行・地域 |

« 旧市内にも進出! Individual Photo Postcard | Main | ULFの後継車選定が始まりました »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 旧市内にも進出! Individual Photo Postcard | Main | ULFの後継車選定が始まりました »