« オーストリアでは、どのくらい写真が撮られているの? | Main | 住宅街に現れた大型タンクローリー »

January 14, 2014

オーストリア映画「パラダイス3部作」が日本で上映されます

Paradies_trilogie

日本の皆さまは今年最初の三連休をいかがお過ごしになりましたか。

さて、今日は、2月から日本で上映される「オーストリア映画の話題」をお届けしましょう。

ご存じの方もいらっしゃると思いますが、オーストリアは隠れた映画大国。今でも意欲的な作品が制作されています。ただ、日本の映画館で、興業としてあまり上演されないのが玉に瑕。

今回、ミヒャエル・ハネケ氏と並びオーストリアを代表するウルリヒ・ザイドル氏がメガホンを撮った「パラダイス3部作」(“PARADIES TRILOGIE:LOVE/FAITH/HOPE” オーストリア、ドイツ、フランスの合作)が日本で劇場公開されることになりました。

この作品ですが、カンヌ、ヴェネチア、ベルリンの三大映画祭を踏破した意欲作です。「パラダイス3部作」は、現実社会では手にできない理想的な愛に満ちた「楽園(パラダイス)」を求め、危険な一線を越えてしまう三人の女性たちを、オーストリアらしいオフビートなユーモアを交えて描いた物語です。正直、かなりシュールな設定です。

Photo

パラダイス:愛」の主人公は、中年女性のテレサ。50代のシングルマザー、テレサは、思春期の娘メラニーを姉アンナ・マリアの家に預け、ウィーンからケニアの美しいビーチリゾートへヴァカンスに出かけます。

やがてテレサは、親友インゲが現地の若い黒人男性(ビーチボーイ)に夢中になっていることを知ります。インゲの話に興味をそそられたテレサは、リゾートの敷地を越えて、ビーチボーイが待ち構える波打ち際へと踏み出て行きます。太った体さえ、美しんでくれる優しい男たちに、次第にテレサは彼らとの愛にのめりこんでいきます‥

Photo_2

「パラダイス:神」の主人公は、テレサの姉アンナ・マリア。彼女はウィーンでレントゲン技師として働いていますが、イエス・キリストのために夏休みを過ごします。

高らかに歌う賛美歌と、人々の不定の罪をあがなうむち打ちの苦行が彼女の喜びです。そして、聖母像を片手に、改宗を勧めて移民の多い郊外のアパートを訪ね歩くのが彼女の日課。

ところが、ある日、車いすでエジプト人イスラム教徒の夫ナビルが2年ぶりに家に戻り、その日常が狂い始めます。アンナ・マリアのパラダイスは、宗教と結婚に亀裂の入った夫婦の「争いの場」と化していきます。

パラダイス:希望」の主人公は、テレサの娘メラニー。母テレサがヴァカンスに出かけ、叔母アンナ・マリアが布教活動にいそしむ一方、13歳の娘メラニーは、青少年向けのダイエット合宿に参加。

Photo_3

人里離れた山奥で、規律正しく運動と食事を繰り返す合宿は、まるで軍隊のよう。だが、子供達は大人の目を盗み、バカ騒ぎをしては、恋愛話で盛り上がります。

そんな中、メラニーは父親ほど年の離れた医師に初めての恋をします(パラダイス:希望)。さて、三人の愛の行方は‥

なお、三部作に第一作「パラダイス:愛」が、2013年のオーストリア映画賞で作品賞、監督賞、女優賞の3部門を受賞しています。

日本にお住まいのオーストリアファンの皆さま、結構、シュールな設定ですが、是非、この機会にオーストリアのエスプリをお楽しみください。

なお、東京では「パラダイス3部作」に加えてザイドル監督未公開作品「インポート、エクスポート」も同時公開されます。こちらはオーストリアとウクライナが舞台です。

東京では渋谷ユーロスペースで、2月22日から三部作が一挙上映されます。なお、大阪、名古屋、神戸での上映も予定されています。上映期間や時間などの詳細情報は公式ホームページをご覧ください。お得な3回券も設定されているというお話です。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

映画・テレビ |

« オーストリアでは、どのくらい写真が撮られているの? | Main | 住宅街に現れた大型タンクローリー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« オーストリアでは、どのくらい写真が撮られているの? | Main | 住宅街に現れた大型タンクローリー »