« これは物まね? 養生シートの工夫 | Main | 作りたては美味しい手作りポテトチップス »

February 17, 2014

歩行者用押しボタンも色々

Img_2013_10_1645_001

日本では山梨県が降雪により「陸の孤島」と化しているようですが、本当に心配です。平年ですと、ほとんど雪が積もらない地域に1メートル以上の雪が積もっている訳ですから、被害が大きくなってしまったのでしょう。山梨と言えば、ワインとブドウ栽培が盛んですが、ブドウ畑も甚大な被害を受けていると思います。

さて、今日は、ウィーンの街中で見かける「歩行者用押しボタンの話題」をお伝えしましょう。

ウィーンの街中は、日本よりは交通信号が少ないですが、自動車の交通量が多い幹線道路・準幹線道路では、横断歩道に歩行者用の信号が取り付けられています。

この歩行者用信号の中には、自動的に切り替わるものもありますが、押しボタンによって信号を切り替えるタイプのものもあります。

歩行者がボタンを押して、しばらく待つと、信号が変わる‥という日本でもおなじみのスタイルです。で、最近、この歩行者用押しボタン(というかスイッチボックス)にも何種類かあることに気がつきました。

通常、一つの自治体では、この手の機器は保守のことを考えて統一されていることが多いのですが、ウィーンには何種類かの機器が存在するようです。

Img_7328_002b

昨年、たまたま地下鉄U2延長イベントの会場で、当局がブースを設けて「歩行者用押しボタン機器」の展示をしていました。それが、冒頭の写真です。

この展示を見たところ、メーカーはSIEMENS、SWARCO、GESIGという3社が存在するようです。

SIEMENSは、ご存じのようにドイツに拠点を置く総合電機メーカーです。一方、SWARCOとGESIGの両社は道路交通システムに特化したメーカーです。

SWARCO Traffic Systems GmbH は交通信号や各種案内表示、制御システムなど交通系のソリューションを扱っている国際的な総合メーカーです。オーストリアにも現地法人があります。

GESIG Gesellschaft für Signalanlagen Gesellschaft m.b.H.は、ウィーンに本社がある道路交通に関するシステムを開発・設置している会社です。交通管制システム、交通監視システム、交通管制システム、トラフィック監視•分析システム、ガレージ機器、緊急車両機器、警報システムなどを開発・設置している道路交通系の総合メーカーです。

Img_4410_003b

通常、街中では一箇所に異なるメーカー製の機器が取り付けられていることはないので、こうやって比べてみると、結構、色々な種類があることがわかりました。

ちなみにSIEMENSはボックスが青く、ボタンが白くなっています。ただ、SIEMENS製でも、上部に標識灯が取り付けられているタイプ(一番右側)もあるようです。

一方、SWARCO製は流線型のスタイルで、色は黄色。ボタンが下についているのが特徴です。GESIG製は四角いスタイルが特徴で、色はオレンジ色です。

Img_103_0447_001

なお、各社とも信号が自動制御の場所で使用する「押しボタンなしで、目が自由な方を誘導するための音だけを発生させるタイプ」もあります。

このブースでは、下のボタンを押すと、耳の不自由な方用の信号音を体験できるようになっていました。

また、実際に街頭に設置されているボックスには、以前、このブログでもご紹介したように目の不自由な方向けに「横断する道路の構造がわかる点字標識」が取り付けられています。これで、自動車レーンの数、路面電車の線路などがわかる仕組みになっています。

Img_7367_001

このように何種類もあると保守が大変そうな気がしますが、恐らく競争入札の結果、このように多様な機器が導入されるようになったのでしょう。普通は統一した仕様を定めて、製造だけを複数のメーカーに任せる‥というパターンが多いのですが、ウィーンは大らかですね。

もしかしたら、区単位などで統一されているのかもしれませんが、Feriも、そこまでは調べたことはありません。
ところで、ウィーンの歩行者用信号は青になると、押しボタンのボックスから「カタ・カタ・カタ」という風情のない音が出ます。

キツツキが樹をつく音‥とも言えないこともありませんが、最初は気になりました。導入当初は、音に対して敏感のウィーンの皆さんなので、苦情殺到でシステムや音色の変更が行われるような気がしたのですが、結局、現在に至るまで、最初のままですね。もっとも妙な音楽(しかも電子音)を流されるよりは、単純な音の方が気にならないのかもしれません。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

街角の話題 |

« これは物まね? 養生シートの工夫 | Main | 作りたては美味しい手作りポテトチップス »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« これは物まね? 養生シートの工夫 | Main | 作りたては美味しい手作りポテトチップス »