« スーパーマーケットよもやま話 「Tokyoto Soba」 | Main | 番外編 “あなたを外国為替法違反容疑で拘束する”(前編) »

March 07, 2014

番外編 FOODEX JAPAN 2014 オーストリアパビリオン

Img_100_03_0015_001

このブログを長くご愛読いただいている皆さまならお気づきかと思いますが、現在、Feriは仕事の関係で、日本に来ています。ちょうど、甲斐さんが参加した「UTAU DAIKU」公演と入れ違いになってしまったため、ライブレポートをお届けすることができませんでした。

日本では、3月4日から7日まで、恒例の「FOODEX JAPAN 2014」が幕張メッセで開催されました。オーストリアも大使館商務部が音頭をとってオーストリアパビリオンを出展し、アピールに努めました。Feriも在日オーストリア大使館から招待状をいただいたので、6日に開催されたワインセミナーも含めて、参加してきました。

FOODEX JAPANは、外食・中食・小売・卸・商社に向けた食品・飲料の専門展示会で、国内約1000社、海外約1600社が出展する日本国内最大の食品・飲料展です。

いわゆるプロ向けの展示会なので、来場者は飲食店、ホテル、店舗、販売店などの方が中心で、今年で39回を迎えます。なお、会場内は写真撮影厳禁なので、会場内部の模様はご紹介できません。

2014_03_06_001

今回、オーストリアパビリオンは、ホール5のヨーロッパゾーンに出展していました。以前は、チョコレートなどのお菓子やオーガニックオイルなどにも力を入れていましたが、今年は圧倒的にワイン関連の出展が多く、ある程度、商品ジャンルを絞り込んできた感じがします。

もちろん、ビアやリキュール、ザフト類、菓子類も展示されていましたが、試飲に力を入れている ワイン関連のブースが多かったですね。

ワインセミナーは神戸に本社があるESTATE WINESというワインのインポーターさんが主催しました。ただ、最近、この手のワインセミナーには、オーストリアワインに比較的詳しい方が参加される傾向があるので、オーストリア特有のブドウの種類など、比較的突っ込んだ内容でした。

Img_100_03_0011_001

しかし、改めて資料を見るとウィーンのブドウ畑が620haもある‥というのは驚きですね。

当たり前ですが、テイスティングも行われ、今回はシュチフト・クロスターノイブルク、マラート、マッハヘンドゥル、ホハネスホフ・ライニッシュ、ヴィンツァークレム、イラ・ゼメッシュという6種類が提供されました。

また、生産者のOscar Szemesさんもご自身が造っているワインを携えて登場。色々と特徴を説明してくれました。
日本では、なかなかGRÜNER VELTLINERを飲む機会がありませんが、今日は別。パビリオンのブースも含めて、Feriが好きなGRÜNER VELTLINERを何種類か試飲することができました。

Img_100_03_0019_001

一時よりは、オーストリアワインも日本に入ってくるようになりましたが、専門のワインショップ以外では、なかなか見かけないのが残念。まぁ、通信販売でインポーターさんから直接、購入するのが一番手軽かもしれません。

オーストリアパビリオンを一通り見てから、他のパビリオンも見学しましたが、スペインやイタリアがパビリオンのスペースも広く、日本進出に力を入れていることが伝わってきました。それにしても、ヨーロッパやアジア各国を始め、日本市場に注目していることがよく伝わってきました。

2014_03_06_002

また、日本の各メーカーも様々な新商品を紹介し、試食も行っていましたが、プロ用内容なので、興味深い展示が盛りだくさんでした。

それにしても、この展示会を見ると、日本が世界各国の食材や料理を取り入れている国であることを改めて気づかされます。メッセが盛んなウィーンでも、こういった展示会は開催されていると思いますが、世界各国から様々な食料品や飲料が集まるところは、食文化の幅が広い日本ならでは‥と言えるかもしれません。

そして、色々なアイデアを盛り込んだ製品を開発する日本人のあくなき探究心にも頭が下がります。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_austria_001

グルメ・クッキング |

« スーパーマーケットよもやま話 「Tokyoto Soba」 | Main | 番外編 “あなたを外国為替法違反容疑で拘束する”(前編) »

Comments

こんにちは
FOODEX JAPAN 2014に行かれたのですね。
私も毎年行っていますが(一応オーストリアワイン専門店をwebで経営しています)、今年は病状が良くないうえに骨折までしてしまい、諦めました。
ESTATE WINESの講演者はオーストリア大使館よりオーストリアワイン普及に貢献するオーストリアワイン大使に任命されている方です。ソムリエさんなのでワインの基礎知識も豊富です。
日本国内ではなかなかオーストリアワインは手にいれられませんが、探すといろいろありますよ。

楽しまれたようですので何よりです。

Posted by: Kino_San | March 07, 2014 14:19

Kino_Sanさま

コメント、ありがとうございます。どうぞ、お大事に‥

考えてみると、オーストリアワインは大量消費を前提に大量生産をするシステムではないですから、日本では普通の酒店やスーパーマーケットで入手するのは難しいかもしれませんね。日本に住む友人が嘆いておりました。

Posted by: Feri | March 09, 2014 09:11

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« スーパーマーケットよもやま話 「Tokyoto Soba」 | Main | 番外編 “あなたを外国為替法違反容疑で拘束する”(前編) »