« Sバーンのロゴが変わりました | Main | 変わったお店シリーズ87 カップ型の移動販売店 »

April 29, 2014

お金をかけなくても楽しめるプラーター

Img_110_04_5560_001

今日、日本は「昭和の日」(昔は天皇誕生日)でお休みですね。

確か、昭和天皇崩御により、4月29日は当初、「みどりの日」という訳のわからない祝日になったのですが、2007年から「昭和の日」になったと思います。そして、「みどりの日」は、こちらで言う「窓の日」にあたる5月4日に移動しましたね。

そう言えば、2015年からは8月に「山の日」という祝日ができるとか‥これにより、日本で祝日がないのは6月だけになるそうです。一斉に休むのが好きな日本らしいですね。

という訳で、「お休みにふさわしい話題」をお届けしましょう。

皆さまは、ウィーンのプラーターというと、どのようなイメージをお持ちでしょうか。旅行者の皆さまは、「駅からも見える大観覧車がある遊園地」というイメージを持っている人が多いかもしれません。

Img_110_04_5558_001

確かに昔からある大観覧車やリリプトバーンに加えて、近年では今風のアトラクションやマダム・タッソー館などあり、アミューズメントパークとしての色彩が強くなっていますね。アトラクションの更新も頻繁に行われており、集客力の強化にも気合いが入っているようです。

ご存じのようにプラーターは遊園地エリア(Der Wurstelprater)でも、入場料は不要なので、アトラクションを利用しない限り、お金はかかりません。

Img_2014_03_1640_001

ところで、プラーター(Der Wiener Prater)は、600平方メートルの広さを誇る公園です。ちなみに2区にあるのですが、同区のほとんどの面積をプラーターが占めています。

名前の由来は諸説あるようですが、ラテン語で「草原」を意味する「pratum」から来たという説が有力だそうです。

Img_2014_03_1641_001

歴史のあるウィーン。当初はプラーターは貴族が所有する土地でしたので、一般の人は入ることができませんでした。地主の貴族は頻繁に代わったそうですが、1560年にマクシミリアンⅡ世の手に渡り、狩り場となったそうです。

本格的に「ウィーン子の行楽地」になったのは、1873年のウィーン万博開催がきっかけになったと言われています。ちなみに万博の跡地が、現在のウィーンメッセ(Das Messegelände)です。

Img_2014_03_1650_001

さて、歴史の話はこれくらいにして、実際にプラーターを訪れると、実は遊園地ゾーンよりも広大な緑地にウィーン子が集まっています。

Praterstern駅から見ると遊園地ゾーンの奥と、右側に広大な緑地が広がっています。有名な直線道路Hauptalleeの両側ですね。テニスコートをはじめとする各種スポーツ施設も完備していますが、天気の良い日は緑地で日光浴をしている人を沢山、見かけます。

Img_2014_03_1646_001

また、直線道路のHauptalleeは絶好のランニングエリアなので、走っている人が本当に多いです。もちろん、自転車でサイクリングを楽しむ人、ベビーカーを押して散歩をしているお母様、散歩を楽しんでいるご年配の方も多く、楽しみ方は人それぞれ‥というところがウィーンらしい気がします。

とにかく「自然が豊かな公園」なので、散歩をしているとリスなどを見かけることもあります。また、最近ではドッグラン・エリアも設けられるようになり、愛犬家の皆さまは、ここで思う存分、運動をさせています。

Img_2014_03_1648_001

逆に子供さんが遊ぶ遊具のあるエリアでは、犬の立入が禁止されているなど、細かい配慮が感じられます。

プラーターは遊園地ゾーン周辺にCaféやレストランが多数、設けられていますが、緑地でお弁当を広げているウィーン子も多いですね。

Feriも、1区のホテルを拠点にしていた頃は、頻繁にプラーターに行っていましたが、17区のアパートに拠点が移ってからは、「ウィーンの森」の方が近いので、最近はご無沙汰気味です。

Img_2014_03_1643_001

ただ、「ウィーンの森」とは、違った魅力のあるプラーターも、やはり楽しいですね。久しぶりに出かけてみると、色々な発見がありました。

プラーターの魅力である奥の公園まで足を伸ばす観光客の方は少ないようですが、この時期、新緑の中を散歩するのは本当に気持ちが良いです。そして、お金がかからないのも魅力です。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

街角の話題 |

« Sバーンのロゴが変わりました | Main | 変わったお店シリーズ87 カップ型の移動販売店 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« Sバーンのロゴが変わりました | Main | 変わったお店シリーズ87 カップ型の移動販売店 »