« 速報 2014/15シーズン フォルクスオーパー・プログラム発表 | Main | リニューアル中のウィーン路面電車博物館を見てきました »

April 12, 2014

地下鉄U5建設計画が動き出しました

Ubahn_zielnetz_122054

今までも色々なプランが出ているウィーン地下鉄U5ですが、4月に入って当局から建設計画が具体的に進められることが正式に発表になりました。

まず、U5は現在、U2が使用しているKarlsplatzを起点に、現在、ウィーン大学が入っているAlten AKHまで建設される模様です。つまり、純粋なU5として建設されるのは、Rathaus-Alten AKH間ということになり、Rathaus-Karlsplatz間は既存のU2と共用するプランのようです。実質、一駅分ですね。

そして、以前、ご紹介したプランでは現在の路面電車43系統のルートを踏襲すると思われていたのですが、今回正式に発表されたプランでは、U6との接続駅がMichelbeuern-AKHに変更となりました。Feriもこれにはびっくり仰天。

Michelbeuern-AKHからはElterieinPlatz方面への延伸も予定されていますが、Michelbeuern-AKHを経由するとなると、大きな道路がありませんので、地下深くをシールド工法で建設することになるのでしょう。何やらもめそうな気がしますが‥

Img_2014_04_2276_001

最も重要建造物が建ち並ぶ旧市街にU1、U3という二つの地下鉄を建設したオーストリアですから、都市部の地下工事には絶対の自信を持っているのかもしれません。

そして、南部の輸送を改善するため、U2のRathaus-Matzleinsdorf間の建設も行われるようです。

Img_2014_04_2232_001

この計画ではU2は輸送量の多い路線バス13Aのルートを補完するもので、RathausでU5とU2、NeubaugasseでU3とU2、PilgramgasseでU4とU2、Matzleinsdorfer PlatzでS-BahnとU2が、それぞれ接続します。どうもU6の混雑緩和と南方面への交通網整備が優先されたようです。

2枚目の写真は、フォルクステアター駅ですが、ここにもU5が通ることになりますね。

この計画も含めて、公共交通機関の整備のため2018年までに19億Euroの資金が投入されるそうですが、U2延伸とU5新規建設の整備を進めるとなると更に多くの予算が必要になることでしょうから、連邦政府との予算交渉も重要になってくると思います。なお、現時点では、2018年にU5の建設を開始する予定だそうです。

U5_kurier

また、最後の写真は、最近、アパート近くの43系統停留所で見かけたもの‥交通標識の裏側に「U5」のステッカーが貼ってありました。誰が、何の目的でやったのかは、わかりませんが、この周辺では、他の停留所でも見かけました。地下鉄反対派(それとも賛成派?)の仕業でしょうかね‥

一方、U5の建設計画始動を受けて、新聞の風刺漫画もさっそく登場しています。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

鉄道のお話 |

« 速報 2014/15シーズン フォルクスオーパー・プログラム発表 | Main | リニューアル中のウィーン路面電車博物館を見てきました »

Comments

やっとU5計画が動き出しましたか。まずは一安心とは言え、反対派賛成派双方の動きも活発になりそうですし、工事開始までにはまだまだ苦難の道が続きそうです。

ところで、風刺漫画の中身が気になりますが、やはりあまり良い印象ではないのでしょうか?

Posted by: おざきとしふみ | April 12, 2014 18:27

おざきとしふみ様

コメント、ありがとうございます。とにかく建設費の捻出に尽きますね。当然、市と連邦政府で費用負担をどうするか‥という話になるのでしょう。

こちらの風刺漫画は、政府や自治体を揶揄する内容が多いのが特徴です。とくに建設の裏側にある「大人の事情」を皮肉っている感じですね。

Posted by: Feri | April 13, 2014 09:15

計画が動き出したU5ですが、さっそく DiePresse紙が、インターネット上で建設の可否についてのアンケートを実施しています。

今のところ建設賛成が68%、反対が24%となっており、現時点では住民から一定の支持は集めているようです。

Posted by: Feri | April 15, 2014 10:28

そうですか、続報ありがとうございます。まぁ、70%近い人が賛成ならあまり文句は無さそうですが、問題は建設開始にまで進む事が出来るかはまた別問題でしょうか・・・

Posted by: おざきとしふみ | April 19, 2014 09:34

おざきとしふみ様

最終的には建設に必要な資金をどうするか‥に尽きると思います。

ただ、今後、中央駅周辺の再開発が完成すると、人口も増えますし、南部地区の輸送改善が急務になると思うので、時期は別にして、建設の動きはあると思っています。

逆に路面電車43系統の方は、今後、人口が急激に増える要素が少ないので、私見ですがHernalsまでU5が建設されるのは、かなり先になりそうな予感が‥

Posted by: Feri | April 19, 2014 10:52

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 速報 2014/15シーズン フォルクスオーパー・プログラム発表 | Main | リニューアル中のウィーン路面電車博物館を見てきました »