« Robert Meyerさんのフロッシュ | Main | マリアヒルファーシュトラーセは今‥ »

April 09, 2014

謎のピクトグラム Zecckenにご注意

Img_2014_04_1857_001

今日は「謎のピクトグラム」シリーズです。2013年7月3日に、このブログで「ダニ媒介性脳炎の予防注射」に関する話題をお伝えしました(詳しくはこちらから)。

ハイキングが盛んなオーストリアでは、子供から大人までダニ媒介性脳炎に感染する危険性があるため、オーストリアでは保健省が予防接種を受けるように勧めています。

また、ダニが生息している地域では、警告看板があるという話は聞いていたのですが、ついに本物を見ることができました。

場所はFeriのアパートから歩いて1時間ほどの場所にあるPÖTZLEINSDORFER SCHLOSSPARKという自然公園です。以前は城があった場所らしいのですが、現在は広大な草地や森が広がる公園にとして整備されています。

Img_2014_04_1864_001

この公園では、野生動物の保護も行っているため、周囲がフェンスで囲われており、犬の入場は禁止されています。そのため野鳥なども、のんびりと過ごしていますね。

で、このゲートに設置してある看板で「ダニに注意」というピクトグラムを発見しました。

ウィーン西側の草地は、ダニが多く生息しているそうです。こちらの人は、天気が良い日にはハイキングの祭、草地に横になって日光浴をする習慣がありますから、こういう時にダニに刺される危険性がある訳です。

Img_2014_04_1881_001

もちろん、刺されてからと言って、全員がダニ媒介性脳炎に感染する訳ではありませんが、万が一のことを考えると予防接種を受けていた方が安心です。

Img_2014_04_1939_001

なお、Feriは、昨年9月に2回目の予防接種を行い、ドクターから「これで99%は大丈夫」と言われました。

ところで、3枚目の写真で「ダニのピクトグラム」の左側にあるのも珍しいピクトグラムですね。どちらかと言えば、こちらの方が「謎のピクトグラム」です。「野生動物が生息する森林地帯の立入禁止」という意味のようです。

そのため、野生動物の足跡がピクトグラム化されているのでしょう。赤の足跡が印象的ですね。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

ピクトグラム |

« Robert Meyerさんのフロッシュ | Main | マリアヒルファーシュトラーセは今‥ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« Robert Meyerさんのフロッシュ | Main | マリアヒルファーシュトラーセは今‥ »