« 変わったお店シリーズ87 カップ型の移動販売店 | Main | ウィーン旧市内を一望できる穴場 »

May 01, 2014

グラーツ歌劇場2014/15プログラム発表

Graz2014_15

オーストリアは、今日、5月1日はメーデーでお休み。ウィーンではリンクで恒例のデモ行進(実質的にはパレード)が行われます。パレードに参加した後は、プラーター当たりに出かける家族連れも多いようです。

さて、このブログではご紹介しませんでしたが4月26日、Mariahilfer Straße(場所は西駅の先、外側ですが)に面したアパートで大規模な爆発があり、大騒ぎに‥ 下の写真が現場ですが、凄まじいですね。

また、日本でも報道されているようですが、シェーンブルン宮殿の一室で宿泊できるようになりました。お値段ですが、1人当たり1泊699ユーロ(今のレートだと約10万円)から。部屋にはベッドルーム2つとキッチン、ダイニングルームがあり、4人が宿泊できるそうです。

2014_04_27

追加料金を払えば執事やシェフをつけることもできるとか‥ 正に貴族の気分ですね。なお、運営はオーストリア・トレンド・パークホテルが担当しているそうです。赤貧のFeriには無縁の世界ですなぁ‥

前置きが長くなりましたが、今日は、毎シーズン、興味深いプログラムを実施しているグラーツ歌劇場の2014/15シーズン・プログラムが発表になりましたので、概要をお伝えしましょう。

○プルミエ
オペラではロッシーニ作曲の「ウィリアム・テル」(2014年9月14日プルミエ、マチネ)、プッチーニ作曲の「トスカ」(2014年10月18日プルミエ)、ヘンデル作曲の「クセルクセス」(XERXES、2014年11月29日プルミエ)、コルンゴルト作曲の「死の都」(2015年1月18日プルミエ)、マスネ作曲の「マノン」(2015年4月25日プルミエ)の5作品が登場します。ヘンデルの「クセルクセス」は珍しい作品なので、注目を集めそうです。

Feri注目のオペレッタですが、何と定番中の定番、レハール作曲の「メリーウィドウ」(2014年11月8日プルミエ)が取り上げられることになりました。「メリーウィドウ」はFeriが好きなオペレッタの一つなので、これは興味津々。なお、シルベスターの公演は「メリーウィドウ」になっています。

ちなみに現在予定されているキャストは、ハンナがMargareta Klobuč arさん、ダニロがIvan Oreščaninさん、ツェータ男爵が Götz Zemannさん、ヴェランシェンヌがSieglinde Feldhoferさん、カミーユ・ド・ロションがMark Milhoferさん、ニグシュがJános Mischuretzさんとなっています。さて、どんな演出になるか‥気になるところです。

Img_119_12_3146_001

なお、上演期間は2014年11月から2015年2月までに分散されており、1月ならばフォルクスオーパーの「メリーウィドウ」と掛け持ちも可能です。見比べる楽しみもありそうですね‥

また、ミュージカルでは、、アンドリュー・ロイド=ウェバー作曲、ティム・ライス作詞による「エビータ」(2014年10月2日プルミエ)が取り上げられました。

○レパートリー
オペラでは「オテロ」と「魔笛」、2作品が継続上演されます。オペレッタは「メリーウィドウ」の一作だけなので、レパートリー上演はありません。残念。

ミュージカルについても、来シーズンはレパートリー上演はありません。2013/14シーズンでは「マイ・フェア・レディ」、「ウェストサイド物語」の2作品が上演されましたから、これも大きな変化ですね。

○バレエ
Feriはバレエには詳しくありませんが「MALAMBO!」がが大劇場で上演されます。

○コンサート
来シーズンは、2014年9月13日の「オープニングコンサート」、2014年12月13日の「アドヴェントコンサート」、2015年1月1日の「ニューイヤーコンサート」、2015年6月11日の「BALKANFIEBER」、2015年6月21日の「FINAL」などが予定されています。

○子供向きの作品

最近は子供や若者向けの作品を積極的に取り入れているグラーツですが、来シーズンはファミリーミュージカル「Grimm!」、子供向けオペラ「Der satanarchäolügenialkohöllische Wunschpunsch」(原作はミヒャエル・エンデ「魔法のカクテル」)が上演されます。

全般的に演目数を絞り込んでいる感じですが、やはり経費削減の一環なのでしょうかね。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_austria_001

オペラ |

« 変わったお店シリーズ87 カップ型の移動販売店 | Main | ウィーン旧市内を一望できる穴場 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 変わったお店シリーズ87 カップ型の移動販売店 | Main | ウィーン旧市内を一望できる穴場 »