« 来シーズンが正念場? フォルクスオーパーのオペレッタ | Main | 「教会の長い夜」がありました »

May 23, 2014

便利はÖBBのインターネットチケット

Img_2014_03_1003_001

今日はÖBBが実施している「インターネットチケットの話題」をお伝えしましょう。

最近はオペレッタやオペラのチケットも自宅で発券できる時代になりましたが、ÖBBでも長距離路線のチケットをインターネット経由で販売しています。

まぁ、国際線も含めて航空券の予約・発券の主流がインターネット経由になっていることを考えると、当たり前なのかもしれませんが‥

購入法法は簡単で、ÖBBのホームページで該当する区間の列車を検索して、乗る列車を選び、「Ticket und Preise」をクリックすると、復路の選択画面が表示されます。もちろん、片道での購入もOKです。

Sn00019

ここで乗車券の金額が表示されます。ちなみにWien-Graz間の場合、最も安い2等運賃SparSchiene Österreichは14ユーロとなっています。このカテゴリーでは1等も設定されており、こちらは24Euroと、何と2等普通運賃よりもオトク。

これは日にちおよび列車指定の運賃で、どの列車にも乗車できる通常の乗車券は2等で37.50ユーロ(1等は65.70ユーロ)です。このほか、区間によっては企画乗車券も表示されます。

しかし、列車指定とは言え、通常運賃の半額以下というのは、正直、驚きです。これは道路交通への対抗手段ということなのでしょう。駅のキップ売り場に並ぶことなく、自由に料金を見当できるのも助かります。

Sn00020

また、最近では出発地・到着地が大都市の場合、市内交通のチケットも同時に発券することができます。

なお、こちらでは座席指定は別料金となりますので、運賃を選択後、オプションの座席指定を選択します(料金は3ユーロ)。

決済はクレジットカードなどを使って行います。通常、この手のインターネットによる予約では会員登録が必要な場合が多いですが、ÖBBの場合、会員登録せずにチケットの購入が可能です。ただ、氏名やメールアドレスの入力は必要ですが。

Sn00021

クレジットカードの決済が終わると、登録したメールアドレスにPDF形式のチケットが添付ファイルで送られてきます。列車に乗車する際は、これがチケットなので、プリントアウトして持参する必要があります。

このPDFチケットを見ると、航空会社のWebチェックインで発券される搭乗整理券を連想させますね。チケットの認証は三次元バーコードで行う仕組みです。ただ、実際の車内改札ではバーコードで確認の上、プリントアウトしたチケットに通常の入鋏(実際はスタンプ)を押していました。

なお、本人確認のため身分証明書の携帯が必要になります。これはチケットのコピーを簡単に作成できてしまうため、発券した本人を特定する必要があるためです。日本よりも写真入りの身分証明書が普及しているから実現できるシステムと言えるでしょう。なお、外国人の場合は、パスポートを携帯し、車内改札の際に提示すればOKです。

2014_05_obb_fahrschein

日本でもインターネット経由でJRの乗車券や特急券などが購入できますが、日本はICカードや磁気式のシステムを導入しているため、発券は駅で行う必要があるのが難点。最も最近は携帯電話やスマートフォンを使ってオンラインで発券できるシステムも導入されていますが‥

ÖBBの場合、プリンターがないと購入したチケットを印刷できないのでお手上げですが、駅まで出かけて行って、行列に並んでチケットを購入することを考えると、非常に合理的なシステムだと思います。

Wochenwm

なお、Wien-Salzburg間を結んでいるWestBahnは原則、チケットはインターネット販売のみとして、コストの削減に努めています。そのため西駅にも常設の案内所はなく、列車の発着に合わせて係員がホーム周辺に出てくる仕組みです。正に鉄道版LCCですね。

このほか、Wiener Linienでも同様のシステムを採用しており、ウィークリーパスなどを自宅で発券することができます。最後の写真が、アパートで発券したウィークリーパスです。ÖBBのものよりも、チケットらしい感じが気にいっています。こちらはスマートフォンを使うとペーパーレスでの対応が可能です。

Wiener Linienの場合、地下鉄などに行かないと多機能券売機がないので、これも便利なシステムですが、こちらは会員登録が必要です(海外の住所でも会員登録は可能で、ウィーンにお住まいでなくても大丈夫です)。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

Br_decobanner_201105_b_3

鉄道のお話 |

« 来シーズンが正念場? フォルクスオーパーのオペレッタ | Main | 「教会の長い夜」がありました »

Comments

今月末にブダペストからウィーンに鉄道で行くことになったので、このオンラインチケットシステムで発券しました。以前スロバキアに行った時はオーストリア発しか発券できなかったのですが、今回はハンガリー発片道でも発券できました。(もちろんオーストリアからの往復は可能でした。)レイルジェットだったからでしょうか?
ドイツ鉄道もおなじようなネット予約システム(ネットで予約してPDFで発券)ありますが、ドイツ国外発はまだだめなようです。
この記事を書かれてから2年経過しているので少しシステムが変わったようでPDF乗車券はメールにも添付されてきますが、ブラウザー画面上のボタンをクリックするだけでダウンロードできました。

Posted by: Hunger | May 02, 2016 at 10:01 AM

Hungerさま、コメント、ありがとうございます。

こちらの駅では長距離列車の乗車券を買うためのカウンターが混んでいることが多いので、自宅で発券できるのは便利ですね。

また、各種割引が充実しているので、うまく使うと安く利用できる点も便利かと思います。

Posted by: Feri | May 02, 2016 at 08:27 PM

はじめまして。
列車予約のページを検索しておりましたら、こちらのページを拝見しました。
2月の末から息子とウィーンへの旅を予定している者です。。
滞在中2日をハンガリーに移動したく、何度もネットで列車予約を試みるのですが決済ができません。
ÖBB にも問い合わせをしましたが、カード会社に連絡するようにと。
カード会社に問い合わせをしたところカードの問題ではなく、サイト側の問題であろうとの回答で、乗車したい列車は決まっているのに前に進めず困っております。
日本のサイトを通すと、お値段が驚くほど高くなり、出来たら直接購入したいと思っております。
予約だけ取って現地での支払いは出来ないが電話なら可能のようですが、さすがにドイツ語でのやりとりは出来そうにありません。
何か良い方法をご存知でしたら教えていただけませんでしょうか。

Posted by: じろうママ | January 25, 2017 at 01:24 PM

こんにちは!
とても興味深く拝見いたしております。
これから旅行に行くので大変参考になります。
ありがとうございます。
さて、昨日投稿させていただきました質問ですが、
おかげさまで解決することができました♪
OEBBのサイトでのチケット購入には、認識するカードとそうでないカードがあるということがわかりました。
お騒がせして申し訳ありませんでしたm(_ _)m

Posted by: じろうママ | January 26, 2017 at 04:42 PM

じろうママ様

コメントができず、申し訳ございません。

私は手持ちのカードを数種類使って決済をしたことがありますが、はねられたことはありませんでした。

なお、インターネットチケットの場合、車内改札で本人確認の書類(旅行者の場合、パスポート)提示を求められますので、その点はご留意ください。

どうぞ、良いご旅行を!

Posted by: Feri | January 29, 2017 at 06:06 PM

初めまして。
オーストリアの電子チケットについて、とっても分かりやすくまとまっていてありがたく思っています。
2つわからないことがあり、お時間ありましたらお答えいただければと思います。

この度リンツ→ハルシュタット行きのオンラインチケットを買ったところ、メール上ではリンツ→ハルシュタット行きと書いてあるのですが、出力したPDFのチケットには行き先が、
リンツ→Gosaumühleとなっていました。
この場合でもハルシュタットへ行くことは可能でしょうか?

また、ハルシュタット行きのチケットを買いましたが、宿が近い関係で1つ前の駅の「STEEG GOSAU」でおりたいのですが、こちらの駅に着いたらそのまま下車していいのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Posted by: tempura | November 17, 2017 at 01:14 PM

tempuraさま

ご質問の件ですが、電子チケットの控えを見ないと明確な判断は難しいと思います。

例えばHallstatt GosaumühleはBusの停留所なので、Steeg-Gosauで鉄道から乗り換える形になります。

もしかすると、目的地を指定する際、Hallstatt Bahnhofではなく、Hallstatt Gosaumühleを指定された可能性も考えられますが、申し訳ございませんが、文面だけでは何とも判断しかねます。

なお、目的地の手前(Steeg-Gosau Bahnhof)で下車することは、通常のチケットでも可能です。

現時点で、お返事できるのは、この範囲です。ご了承ください。

Posted by: Feri | November 17, 2017 at 08:28 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 来シーズンが正念場? フォルクスオーパーのオペレッタ | Main | 「教会の長い夜」がありました »