« シュテファンプラッツ駅にGINZAが‥ | Main | グラーツ駅前から路面電車が消えた? »

May 29, 2014

謎の観光バス その正体は?

Img_2014_05_4068_001_2

今日、5月29日は恒例の「ウィーンフィルによるサマーコンサート」(SOMMERNACHTSKONZERT)が、シェーンブルン宮殿で20時30分から行われます。

今年の指揮者はChristoph Eschenbachさん。何しろ無料でウィーンフィルの演奏が楽しめるので、大勢のお客さまはかなり早い時間から会場に詰めかけます。グループで出かける場合は、待っている時間もおしゃべりなので楽しいのですが、一人だと長時間、待つのはきついですね。

また、野外コンサートなので、ORFの放送で楽しむのが一番かもしれませんが‥ 最近は空中カメラなども導入し、飽きないような工夫がなされています。

気になるお天気ですが、今のところ、小雨がぱらつく予報が出ています。さて、どうなるでしょうか。

さて、先日、国会議事堂近くの路上で面白いバスを発見しました。

面白いと言っても、バスそのものは、ウィーンではよく見かけるBLAGUSSというバス会社のものです。

Img_2014_05_4111_001

PRESIDENT(President-Clas)と車体に書かれているように比較的グレードの高い観光バスです。同社のPresident-Clasは定員は24名。コーヒーマシンや冷蔵庫、CD・DVDを装備しているほか、オーストリア国内ではWi-Fiが使用できるそうです。

何の変哲もない観光バスのようですが、実は、乗降ドアのところを通りかかった時にびっくり仰天。何と、乗降ドアのガラスに、おなじみの「ウィーンフィルのロゴマーク」が描かれているではないですか。

Img_2014_05_4113_001

3枚目の写真が、乗降ドアに描かれたロゴマークです。反射してしまって見にくいのが残念ですが‥

通常、スポットでバスをチャーターする場合、こちらでも前面窓の内側にプレートを出すのが一般的です。このように窓ガラスに直接、印字をしてしまう‥ということはウィーンフィルの専用バスということになるのでしょうかね。

専用バスだったら、車体のデザインを変えても良さそうですが、あえて目立たないように普通の塗装にしているのかもしれません。逆に乗降ドアにワンポイントでロゴマークをいれたことでセンスの良さが光ります。

Feriは、実際にウィーンフィルのメンバーが、移動の際に使っているのを見たことがありませんが、もしかしたら今晩のシェーンブルン宮殿のコンサート会場などには、このバスで来ているかもしれません。もっとも1台の定員が24名だと、メンバー全員は乗車できませんね。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

Br_decobanner_201105_b_3

乗り物 |

« シュテファンプラッツ駅にGINZAが‥ | Main | グラーツ駅前から路面電車が消えた? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« シュテファンプラッツ駅にGINZAが‥ | Main | グラーツ駅前から路面電車が消えた? »