« バーデン市劇場2014/15プログラム<訂正版> | Main | シュテファンプラッツ駅にGINZAが‥ »

May 27, 2014

ウィーン警察 警備犬出動

Sn00023

25日に投票が行われた欧州議会選挙ですが、全体では、信用不安問題への対策として緊縮策が進められ、失業率が過去最悪となるなか、「不満の受け皿」となっている極右政党など、EU統合に懐疑的な勢力が議席を大幅に増やす勢いになっています。

オーストリア国内では、中道右派のオーストリア国民党 (ÖVP)が27.3%、中道左派のオーストリア社会民主党(SPÖ)が24.2%、オーストリア自由党 (FPÖ)が20.5%、緑の党(GRÜ)が15.9%、オーストリア未来同盟(BZÖ)が0.5%、新オーストリアNEOS(NEO)が7.6%という得票率でした。

Img_2014_05_4115_001

基本的な順位は変わりませんが、FPÖが大幅に得票率を増やしています。まぁ、細かい分析は政治や国際情勢を専門にしているブログにおまかせしましょう。

さて、今日は「警備犬の話題」をお伝えしましょう。

こちらでは今でも放送されていますが、ウィーンを舞台にした警察犬が登場するドラマ「REX」があります(1994年から放送開始。シーズン9からは舞台がローマになりましたが‥)。

これはドラマなので、実際に刑事がREXのような犬を連れて捜査活動をすることはないようですが、オーストリアにも警察に所属する犬は存在します。

今日、ご紹介するのはデモなどの警備に出動する警備犬です。先日、国会議事堂周辺で、ちょっと過激なデモがありました。どうもウクライナに関するデモのようです。Feriは、所用があって、国会議事堂前を歩いていたのですが、機動隊が国会議事堂の入り口周辺を封鎖していました。

また、デモ隊の通るコース周辺には、今までで見たことがないくらい、多数の警察車両が集結していました。恐らくデモ隊がコースを外れるのを抑止していたものと思われます。

U3のフォルクステアター駅までやって来た時、停留所の奥に警備犬が待機しているところを発見。警備犬なので、大型のジャーマンシェパードです。

機動隊員がリートをしっかり持っていますが、待機中は警備犬も口輪をしていました。数頭出動していたようで、万が一、デモ隊が暴れた場合、警備犬で威嚇するのでしょうかね。大型の警備犬が一直線にかけて来たら、さすがに恐怖心を抱くと思います。

Img_2014_05_4119_001

ふと、その昔、東ドイツ国境で活躍していた国境警備隊の警備犬を思い出しました。

幸いリンク周辺では、デモ隊の暴走はなかったようで、しばらくするとデモ隊の後を追うように、警備犬を含む機動隊も移動を開始。

移動には、警備犬のマーク(ちょっとわかりにくいのですが、車体側面後部にマークが描かれています)が入った専用車両を使っていました。なお、一時、路面電車を含む付近の道路交通も制約が加えられていました。

その後、このデモ隊にFeriも影響を受けることになるのですが、その話題は後日‥


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

街角の話題 |

« バーデン市劇場2014/15プログラム<訂正版> | Main | シュテファンプラッツ駅にGINZAが‥ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« バーデン市劇場2014/15プログラム<訂正版> | Main | シュテファンプラッツ駅にGINZAが‥ »