« 子育てがしやすい街‥雑感 | Main | KIX経由でウィーンへ‥ »

May 06, 2014

ガレージの屋根を補修中です

Img_2014_04_1833_001

日本の皆さま、ゴールデンウィーク後半は、いかがお過ごしでしょうか。

さて、今日は「住まいの補修工事にまつわる話題」をお伝えしましょう。

先日、私の兄家族が今まで住んでいた住まいを解体し、新しい住まいを建てました。前の住まいは建て売りだったのですが、居住年数は30年ほど。もちろん、そのまま住み続けることも可能だったのですが、まぁ、色々な事情があったようです。

こちらでは、日本と異なり従来の住まいを解体して、新しい住まいを建てるというケースは少なく、ていねいに補修しながら使い続ける‥という人が多いようです。

補修は、お住まいになっている方が自分自身で行うケースも多く、ホームセンターでも各種の建築資材を販売しています。

とは、言っても専門家に依頼した方がよい工事もあります。その代表が、今日ご紹介する「屋根の補修工事」かもしれません。高所であることに加えて、特殊な資材や技術が必要ですから、ちょっと素人では厳しいですね。

Img_2014_04_1749_001

とは、言っても専門家に依頼した方がよい工事もあります。その代表が、今日ご紹介する「屋根の補修工事」かもしれません。高所であることに加えて、特殊な資材や技術が必要ですから、ちょっと素人では厳しいですね。

さて、先日、アパートから出かけようとしたら、隣の家から工事の音が聞こえてきました。こちらは朝が早いので、7時過ぎくらいから工事が始まることがあります。

工事は、半地下になっているガレージの屋根を補修するものでした。ガレージの屋根は完全なフラットなので、もしかすると雨漏りなどが発生していたのかもしれません。

Img_2014_04_1747_001

冬期は防水工事には不向きなので、季候の良くなる時期に合わせて工事を委託したのでしょう。ちょっと見たところ、防水シートを貼る前に、ガレージの屋根分にコールタールを塗っていました。

そのため、コールタールを解かすガスバーナーの音が周囲に響き渡っていましたね。コールタールを塗布したあと、防水シートを新しく敷き、その後、仕上げという感じでした。

アパートの隣なので、外出のたびに工事の進捗状況がわかったのですが、4日ほどかかっていました。しかし、このような住宅の工事が始まると、“季節が変わったなぁ”と感じますね。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

街角の話題 |

« 子育てがしやすい街‥雑感 | Main | KIX経由でウィーンへ‥ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 子育てがしやすい街‥雑感 | Main | KIX経由でウィーンへ‥ »