« クジャクを見るならエッケンベルク城 | Main | またまた変わった出窓 »

June 23, 2014

ウィーンHbf周辺に高層ビルが姿を現しました

Sn00045

最初にお詫びから。最近、コメントにSPAMに近い内容が集中的に投稿されています。そこで、集中攻撃を受けている記事については、コメントの投稿を禁止にしました。申し訳ございませんが、ご了承ください。

さて、6月22日にレッドブル・サーキットで11年ぶりに行われたF1オーストリア・グランプリですが、メルセデスAMGのロズベルグが優勝、2位にはハミルトンが入り、ワン・ツーフィニッシュとなりました。

Img_2014_05_4179_001

地元のレッドブルですが、リカルドが8位、ベッテルはラップ34でグティエレスのマシンに衝突し、リタイアという結果に終わりました。レッドブルのサーキットで行われたレースだけに、良い結果が出ると良かったのですが、残念です。

さて、今日は久しぶりに建設工事が進む「ウィーン中央駅(Wein Haupt Bahnhof)の話題」をお届けしましょう。

今まで鉄道駅本体の工事を中心に進められてきましたが、本体工事がある程度、完成したこともあり、いよいよ周辺部の工事が始まりました。

このブログでも計画の全体像をご紹介していますが、駅の建設にあわせて、付近の再開発も行われ、駅に併設したショッピングセンターをはじめ、高層ビル(Bahnhofs-City)も建設されます。

Mommsengasselinied

さらに、駅の付帯施設とは別に、周辺では緑地帯の整備や小・中学校や幼稚園、ショッピングセンター、オフィス、レストラン、レクリエーション施設などが設けられるほか、5500戸の住宅が建設される予定になっています。

その第一段となる二棟に高層ビルが姿を現しました。ちなみに左に見えるのはおなじみの展望タワーBahnRamaです。

Ueberblickrichtung

プロジェクトの完成予想イラストによると高いビルはÖBBの本社が入るビルディングのようです。やはり鉄道関連の建物から建設が始まったようですね。すでに旧市街側からも、はっきりと新しいビルディングが見えます。ちなみに完成予想イラストの右奥に見えるのが写真のビルディングです。

ウィーン中央駅は2013年12月に暫定開業しましたが、まだ短絡線などの工事が終わっていないため、各方面への長距離列車はWestBahnhofやWien Meidlingを使っています。

2014_wien_hbf001

2015年に予定されている全面開業時には、ドイツ方面、イタリア方面、東欧方面などへ向かう長距離列車は全てウィーン中央駅発着に変更されることになっています。

これにより各方面への直通運転も可能になるほか、乗り換えも同じ駅で可能になるので、お客さまの利便性が大幅に向上します。

また、全面開業まで1年となったことから、最近、ÖBBでも中央駅のプロモーションを積極的にはじめました。Sバーンの電車にも写真のような広告が出るようになりました。

Img_2014_05_2937_001

中央駅の特徴を6つの観点でアピールするもので、それぞれ「HAUPT ÖBB HOF」(114200平方メートルの巨大な駅)、「HAUPT REISE HOF」(1000の列車が発着)、「HAUPT STADT HOF」(ウィーンの中心、ヨーロッパの中心)、「HAUPT LEBENS HOF」(5000台収容の70000平方メートルの駐車場)、「HAUPT GAST HOF」(115の店舗)、「HAPUT RAD HOF 」(1150台収容の駐輪場)というキャッチフレーズが使われています。

2015年と言えば、日本では北陸新幹線の金沢開業が予定されていますが、こちらでも鉄道にとって大きなエポックメイキングな年になりそうです。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

街角の話題 |

« クジャクを見るならエッケンベルク城 | Main | またまた変わった出窓 »

Comments

2012年秋に旅行した際FeriさんのブログでチェックしてBahnRamaにも足は運んできました。その時眺めた風景に比べると、随分工事が進んでいる様子がわかります。来年また旅行に行く予定なので楽しみです。当時大学で建築を学んでいて、その時見せた写真やパンフレットに興味を示していた甥が、今は院で都市計画を学んでいるので、また土産話が出来そうです。

Posted by: necchi | June 24, 2014 10:14

necchiさま、コメント、ありがとうございます。

来年あたりになると、かなり工事も進んでいると思います。都市計画という観点から見ると興味深い事例が沢山あると思います。

Posted by: Feri | June 25, 2014 10:01

こんにちは
昨日まで仕事でウィーンにおりました。
この界隈も随分変わってしまいましたね。
昔を知る者には残念なような、でも新しい町も見たいような。。。
複雑です。

Posted by: Kino_San | June 26, 2014 09:02

Kino_Sanさま、こんにちは。

今まで変わらなかったのが不思議なウィーンですから、やむを得ないと思いますが‥

完成まではしばらく時間がかかりそうですが、新しい街並みも興味があるところです。

Posted by: Feri | June 26, 2014 09:46

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« クジャクを見るならエッケンベルク城 | Main | またまた変わった出窓 »