« 謎のピクトグラムシリーズ 細かい分別案内 | Main | クジャクを見るならエッケンベルク城 »

June 21, 2014

ホイリゲの看板犬

Img_2014_1720

今週末、11年ぶりにオーストリアでF1グランプリが開催されます。オーストリアでF1グランプリが行われなくなったのは、タバコ会社がスポンサーになっていた関係だそうです。

F1が行われるのはツェルトヴェークのレッドブル・サーキットです。ワールドカップに出場していないオーストリア。週末はF1が盛り上がりそうです。20日にフリー走行1の結果は、レッドブル陣営はタイムがあがりませんでしたねぇ‥

さて、今日は「ホイリゲの話題」をお届けしましょう。

Neustift am WaldeやGrinzingのホイリゲは観光客を主なターゲットにしているところも多く、正直、あまり風情は感じられません。と言っても、それは地元密着のホイリゲを利用している人の見方であって、観光客の皆さんにとっては、「ウィーンのホイリゲらしい風情」を味わうことができると思います。

事実、はじめてウィーンでホイリゲに行った頃は、観光客の多いお店で、Feriも雰囲気を楽しんでいたことを思い出しました。

日本では、飲食店でペットを飼うのは食品衛生の問題もあり、避けることが多いようですが、こちらではお客さまが愛犬を連れて来店することが多く、オーナーさんが飼っている犬や猫がいるホイリゲもあります。

Img_2014_1722_001

猫は気ままなので、店内の一箇所に落ち着いているケースは少なく、暖かい時期はシャニガルテンと店内を行ったりきたり‥という感じで過ごしているようです。

一方、犬の方は一箇所に座り、のんびりと過ごしている‥という感じでしょうか。

先日、16区(Ottakring)にある某ホイリゲに、はじめて訪問しました。前から気になっていたホイリゲだったのですが、タイミングが合わず、なかなか訪問できなかったお店です。

入り口はバスが通る道路に面しているのですが、お店は入り口を入った奥にあります。入り口にはちゃんとゲートはありますが、注意しないと前を通り過ぎてしまうことも‥

本当はシャニガルテンを使いたかったのですが、あいにく雨が降りそうな天気だったので、店内を利用しました。

Img_2014_1715_001

店内に入ると、地元のお客さまが数名、のんびりとワインを楽しんでいました。正に「我が家の居間」といった感じです。Feriが期待したような雰囲気のお店です。常連のお客さまが店員さんのサポートをしているところが、こういったお店の面白いところ。

さっそくFeriもワインをお願いしました。のんびりと過ごしていると、そこへ奥から白い大きな犬がやってきました。どうやらオーナーさんご一家の愛犬のようです。店内を回遊しており、Feriのところにもやってきました。撫でてあげると嬉しそうでしたが、毛は固かったですね。常連のお客さまには顔なじみらしく、一通り回遊したところで、常連さんのテーブル近くに座ってご休憩。正に看板犬‥と言ったところです。

Img_2013_12_1689_001

地元のお客さまが多いので、皆さん、集まると雑談に興じていました。しばらく常連さんのテーブル横で休憩していた看板犬。その後、再び店の奥へと消えていきました。

犬が苦手なお客さまには、店内に犬が回遊しているのは、ちょっときついかもしれませんが、犬が好きなFeriにとっては、なかなか楽しいお店になりました。

今回はご紹介できませんでしたが、Feriがよく行く季節限定営業のホイリゲにも、黒い犬がいます。こちらは、なかなか店内に出てきませんが、看板犬として有名なようです。

Img_2013_12_2674_002

最後の写真は、Feriがよく行く別のホイリゲで見かけたお客さまの愛犬。散歩の途中で立ち寄ったようで、ご主人がワインを楽しんでいる間、おとなしく待っていました。なお、愛犬を連れてくるお客さま用に犬用の水飲みを用意しているホイリゲは多いですね。

さて、犬の話題ばかりだと、愛猫家の皆さまからひんしゅくを買いそうなので、最後に某ホイリゲの看板猫をご紹介しましょう。こちらもFeriが1人でワインを楽しんでいると、テーブルまでやってきて、ご挨拶‥というところです。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

H_banner

ペット |

« 謎のピクトグラムシリーズ 細かい分別案内 | Main | クジャクを見るならエッケンベルク城 »

Comments

いつも楽しく読ませていただいております。

ついこの間、地元の人にこのホイリゲに連れて行ってもらったところです。ここも後継が居なくて、いづれは閉める事になりそう、という事でした。残念ですね。

同じ日に、前に書いていらっしゃったLeitnerにも行きました。
http://wien.cocolog-nifty.com/operette/2013/05/weinbau-famleit.html

こんなディープなホイリゲに行くとは、さすがFeriさんですね!

Posted by: おふら | June 22, 2014 04:31

おふら様、コメント、ありがとうございます。

家族経営のホイリゲで問題になっているのは後継者難だそうです。これは都心部にある個人商店にも言えることなのですがね‥

私は個人経営のこぢんまりとしたホイリゲが好きなので、ちょっと残念です。

Leitnerは、こちらでは有名なお店で、いつも予約で一杯ですね。シャニガルテンからの眺めが良かったと思います。正面にシュテファンが見えますからね‥

ここで私を見かけたら、声をかけてください。

Posted by: Feri | June 22, 2014 09:41

今年の春、ドナウのクルーズでお世話になりました。
途中のバスでの解説が楽しく、良い旅行になりました。
旅行の途中で知り合いもでき、楽しく過ごさせていただきました。
後半はミュンヘンに移動しましたが、ウイーンを十分見れていない気がしますので来年もまた来るつもりでいます。
次回はホイリゲ等楽しみたいと思います。

Posted by: ノンチャン | June 29, 2014 20:24

ノンチャン様

ウィーンでは楽しい一時をお過ごしになったようで、何よりです。ホイリゲもウィーンらしい場所の一つ。是非、次回はお立ち寄りください。

Posted by: Feri | June 30, 2014 13:27

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 謎のピクトグラムシリーズ 細かい分別案内 | Main | クジャクを見るならエッケンベルク城 »