« 市営の交通学校 | Main | オーストリアで活躍する「日本発のキャラクターたち」 »

July 17, 2014

BILLAでもcafé

F88ff6dcef

7月10日からメルビッシュで「アナテフカ」が始まりました。そして2015年のプログラムも発表されました。来年は原点に戻ってヨハン・シュトラウスのオペレッタ「ヴェネチアの一夜」に決定!!

会場が水辺に面していますから、この作品はピッタリでしょう。また、演出も手前の水路を活用したものになると思います。カーニバルのお話だから、フィナーレの花火も似合うことでしょう。さて、Feriも来年はメルビッシュに復帰かな‥ なお、2015年は7月9日から8月22日までとなっています。

Img_2014_03_1668_001

今日は久しぶりに「スーパーマーケットの話題」をお届けしましょう。

日本では、今、コンビニエンスストアで販売されている入れ立てコーヒーが話題になっていますね。Feriも日本のセブンイレブンで飲んだことがありますが、100円という値段もさることながら、ビックリしたのが、「味のクオリティ」が高いこと‥

良い意味での競争がもたらした結果だと思いますが、あくなき商品研究の姿勢には頭が下がります。

日本のコンビニエンスストアほどではありませんが、こちらのスーパーマーケットも熾烈な競争に勝つため、色々な工夫をしています。

オーストリアならば、どこでも見かけるBILLAですが、最近では高級志向のCORSO、スナックなどの販売を中心としたBILLA BOXなどが生まれています。

BILLA BOXは、ウィーンをはじめインスブルック、グラーツ(2店舗)、ザルツブルクにありますが、まだ5店舗と少数です。その性格上、こちらでは珍しいイートインコーナーを併設しています。

さて、先日、ウィーン市内の某BILLA前を通りかかったところ、写真のようなポスターを見かけました。

Billa_box_001

Espress Youreself LAVAZZA TO GO!」と書かれており、セルフサービス方式でエスプレッソ式のカフェを販売しているようです。

ちなみにLAVAZZAは、ご存じの方も多いと思いますが、100年以上の歴史を誇るイタリアでナンバー1のシェアを誇るエスプレッソブランドです。余談ですが、日本にも東京・原宿にカフェ・ラバッツァ(アンテナショップ)がありますね(しかし、何でも入ってくるのが日本のすごいところ‥)。

この時は時間がなかったので、店内に入りませんでしたが、食料品販売を中心とする通常のBILLAでした。恐らく試験的に実施しているのだろうと思います。

後から写真をチェックしたところ、ポスターの左側にイスとテーブルが設置されており、テイクアウト以外にも、ここで飲むことができるようです。

BILLA BOXでは、「Coffee to go」というサービスを実施していますが、これと同じだろうと思います。今後、食料品販売中心から、こういったスナック系の販売にも手を広げるのかどうか、興味あるところです。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

スーパーマーケット |

« 市営の交通学校 | Main | オーストリアで活躍する「日本発のキャラクターたち」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 市営の交通学校 | Main | オーストリアで活躍する「日本発のキャラクターたち」 »