« ウィーンのMc Café | Main | 相席事情 »

July 04, 2014

番外編 メルビッシュ湖上音楽祭オペレッタハイライト・ガラコンサート

Img_109_08_8853_001

7月に入り、各地で「夏の音楽祭」が始まります。

このところ、Feriが毎年、楽しみにしていたメルビッシュですが、今年は何を血迷ったかミュージカル、しかも「アナテフカ」(屋根の上のヴァイオリン弾き)になってしまったので、数年ぶりにFeriはバスを決めました。

「アナテフカ」は、素晴らしいミュージカルなのでFeriも好きですが、少なくともメルビッシュのような野外で上演する演目ではないと思います。昨年はORFのテレビ放送がなかったこともあり、観客動員が下がったと噂されている中、今年はどうなるのでしょうね。

さて、そんな中、日本から興味深い情報が入ってきました。オペレッタファンの皆さまはご存じかと思いますが、何と、今秋、東京で「メルビッシュ湖上音楽祭オペレッタハイライト・ガラコンサート」なる催しが開催されるとのこと。

指揮者は、ルドルフ・ビーブルさんです(お元気ですねぇ)。また、メルビッシュ湖上音楽祭総監督のダグマー・シェレンベルガーさんが、ソプラノ歌手として参加するそうです。何かメルビッシュのプロモーション公演みたいですね。

日本のチケット販売サイトを見ると、オペレッタのハイライトシーンを、バレエを交えて披露するようです。しかし、メルビッシュについては、あの野外ステージで観る(聴くかな‥)から楽しいのであって、音楽単独で観賞しても、その魅力が、どの程度、伝わるかどうか疑問ですが‥

Img_109_08_9136_001

演奏は、いつも舞台の下で演奏しているメルビッシュ湖上音楽祭祝祭管弦楽団。

このほかの出演者は、
-ソプラノ:イーヴァ・シェルさん
-テノール:アレクサンドル・バデアさん
-テノール:メルサド・モンタツェリさん
-バレエ:マルタ・カラツソニョーヴァさん
-バレエ:ウラジミール:スニチェクさん
などの名前が挙がっています。

公演は、9月29日が「すみだトリフォニーホール」(13時30分~/19時00分の2回公演)、9月30日が「東京オペラシティ」(19時00分~)となっています。

本公演が終わってから、来年に向けてのプロモーションという位置づけなのかもしれませんが、果たして、思惑どおり行くでしょうか。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

Br_c_3246_1gif

オペレッタ |

« ウィーンのMc Café | Main | 相席事情 »

Comments

Feriさん、お久しぶりです。saraiです。
今更ながらですが、その9月の来日ガラはまあ、いいとして、来年、日本で引っ越し公演をやるそうですが、そちらでは何か情報ははいっていますか。来年は《ベネツィアの一夜》のようですが、これが日本でも公演されるんでしょうか? 日本では野外公演ですかね? 屋内では変ですよね。ウィーンで情報があれば、是非、教えてください。

Posted by: sarai | August 27, 2014 at 04:47 PM

sarai様、ご無沙汰しております。お元気で、いらっしゃいますか。

今年はメルビッシュに行かなかったこともあり、今のところ、情報には疎くなっております。余談ですが、今年は天気が悪くてさんざんだった‥というウワサです。

さて、お問い合わせの件ですが、意外と来日情報というのは、こちらの人には関係がないので、「内部の人」でないと知らないようです。

調べて情報が入ったらお知らせします。仮に引っ越し公演が実現した場合、かつて「ベローナ野外オペラ」の引っ越し公演が東京ドームで企画されたことがありますが、屋外はリスクが高いので、ないと思います。また、チケットの値段を考えると、メルビッシュの場合、コンサート形式の可能性が高いような気もしますが‥

Posted by: Feri | August 27, 2014 at 05:30 PM

Feriさん、早速のお返事ありがとうございます。元気で日本の暑苦しい夏をやり過ごしています。

確かにそちらでは来日情報は関係ないですものね。
コストとリスクを考えると、野外公演は難しいかもしれませんね。メルビッシュのような特殊な音楽祭を引っ越し公演するのは難しそうな・・・
最近はせっせと過去のメルビッシュ音楽祭のDVDを収集しています。DVDで楽しんだほうがいいかもしれません。NHKはもう放送してくうれないし・・・
情報が分かったら、お知らせください。

Posted by: sarai | August 27, 2014 at 06:30 PM

Feriさん、こんにちは

新聞に載っていた広告を見て、
9/29の13:30~部に行ってきます。

何か、現地=日本、情報がわかりましたらご連絡します。

Posted by: ぷいい | September 09, 2014 at 05:06 PM

ぷいい様、こんにちは。

来日公演については、実はこちらでは、情報が開示されることはほとんどありません。劇場関係者に知り合いがいる場合は、ナイショで色々と教えてもらいますが‥

ビーブルさんは、年末にフォルクスオーパーのオーケストラとともに来日する予定ですね。

Posted by: Feri | September 09, 2014 at 11:32 PM

Feriさん、こんにちは。
たった今、すみだトリフォニーホールから帰ってきました。
日本で5回ある公演の初!を3階席で楽しむことができました。
といっても、13:30開演なので、ナビゲーターの池田卓夫さんの話では、
700人くらいの入りで、その内500人は中学の授業でした(*^.^*)。

その会場で配られたチラシの1枚に、来年2015年の引っ越し公演のものがあり、
J.シュトラウスⅡの「こうもり」だそうです。

また、会場では、CD屋さんでは買えないという触れ込みで、
音楽祭のDVDやCDが売っていました。

演奏会形式のオペレッタ聴きどころ、をバレエも付いて、という趣向は、
入門者には丁度いい加減だと思えました。
インターミッションなしで、80分でしたし。
慣れた人は、耳に懐かしい曲を聴いて、気持ちよくなって、帰りに1杯!でしょうか。

ともあれ、楽しい時間が過ごせました。

Posted by: ぷいい | September 29, 2014 at 04:51 PM

ぷいい様、楽しかった様子がよくわかります。

音楽祭のDVDについては、 実は日本でも売っているのですがね‥

「こうもり」は前回のプロダクションは良い演出でしたが、あの規模を日本で実現するのは、会場の問題もあり、大変だと思います。

また、あの年はキャスティングが素晴らしかったので、さすがにその再現は難しいかと思います。

Posted by: Feri | September 29, 2014 at 09:20 PM

Feri さん、こんばんは。
私は、トリフォニーホールの夜の部に行って来ました。
昼の部より5曲ほど多く、途中に休憩もありました。

Bibl さんは、相変わらずお元気でした。歩く速度は遅く、指揮台も使われませんでしたが、姿勢もよく立ちっぱなしで全曲を指揮されました。
オケの編成はあまり大きくなく(多分、弦は8-8-6-4-2)、アンサンブルもそれ程ではないのですが、紡がれる音楽はまぎれもなくウィンナ・オペレッタで、とても楽しめました。
ただ、気になったのは、少し急ぎすぎるところがあり、歌手の口が回らない(オケも)感があったところです。歳をとると遅くなる指揮者が多いのに、Bibl さんは逆のようです。

Dagmar Schellenberger さんは、技術でかなりカバーされていましたが、歌手として主役を張るのはそろそろ無理な感じですね。
もう一人のソプラノ Iva Schell さんは、初聴きでしたが、なかなか良いスーブレットでした。演目にもあった Wiener Blut の Pepi などに、合いそうです。
Alexandru Badea さんは Volksoper でも歌われているようですが、やはり初めてでした。歌詞がはっきりせず(うろ覚え?)、声は良いのですが、まだまだです。
おなじみの Mehrzad Montazeri さんは、声もよく出ていました。ただ、まじめな性格なのか、Sou-Chong(Das Land des Lächelns)はすごく良いのに、Danilo や Niki(Ein Walzertraum)のような貴族のお坊ちゃんはいまいちです。Feri さんがいつも言われているように、ここら辺の役に合う人が今は見当たりません。

Schellenberger さんが歌った Vilja-Lied で、会場をまき込んで合唱(Bibl さんの指揮で練習も)させたり、演目に合わせて Mörbisch の過去の舞台写真を映写したり(但し1曲に1枚、かつちょっと見づらかったですが)、なかなか工夫があって面白かったです。
ただ、ナビゲーター(夜の部は2人)は、余計でした。

Posted by: Steppke | September 30, 2014 at 12:39 AM

Steppkeさま、こんにちは。

詳しいご紹介、ありがとうございます。

フォルクスオーパーは惨憺たる結果です‥ ところで、今のBibl さんですが、オーケストラがしっかりカバーしないと良い演奏ができないという話を耳にしたことがあります。

メルビッシュのオケはパートタイムなので、そのあたり、サポートが十分できなかった可能性がありますね。

Posted by: Feri | September 30, 2014 at 11:19 PM

The comments to this entry are closed.

« ウィーンのMc Café | Main | 相席事情 »