« 保線はしっかり行いましょう | Main | 改装前後は‥ »

July 23, 2014

紋章が表す土地柄

Img_2014_03_0077_001

今日は「オーストリア各地で見られる紋章の話題」をお届けしましょう。

こちらでは、州、市、町、村毎に紋章が制定されています。この紋章は、地区の性格や個性を表現したもので、興味深いデザインが多いのが特徴です。

比較的シンプルなデザインの紋章もありますが、複数の要素を入れた複雑なデザインもあり、地方を訪れた場合、Feriも、この紋章を探すのが密かな楽しみになっています。

紋章のデザインですが、聖人をあしらったもの、地域の伝統行事や職業をあしらったもの、地域のシンボルをあしらったものなど多種多様です。

ウィーンでも23区、それぞれに趣向を凝らした紋章(区章、Bezirkswappen)を制定しています。

ウィーンの場合、インナーシュタットの1区以外、複雑なデザインが特徴です。実は各区の紋章が複雑な理由は、各区にあるエリア(日本の町に当たります)のシンボルを描いているためです。

逆にインナーシュタットの紋章がシンプルなデザインになっている理由は、区内にエリが1つしか存在しないためです。

Bezirk0110_2

- 1区Innere Stadt
- 2区Leopoldstadt
- 3区Landstraße
- 4区Wieden
- 5区Margareten
- 6区Mariahilf
- 7区Neubau
- 8区Josefstadt
- 9区Alsergrund
- 10区Favoriten
- 11区Simmering
- 12区Meidling
- 13区Hietzing
- 14区Penzing
- 15区Rudolfsheim-Fünfhaus
- 16区Ottakring
- 17区Hernals
- 18区Währing
- 19区Döbling
- 20区Brigittenau
- 21区Floridsdorf
- 22区Donaustadt
- 23区Liesing

Bezirk1123

例えば、Feriが済んでいる17区の場合、3つの主要なエリア(日本で言えば町)が存在します。1つはHernals。もう一つがDornbach、そしてNeuwaldeggです。

そのため区章には3つのエリアのシンボルが織り込まれている訳です。ちなみに上部の「赤い背景に青いブドウの房」がHernals。その昔、Hernals地区はワイン用のブドウが沢山栽培されていたことにちなんでいます。

下の左がFeriが住んでいるアパートのあるDorunbachエリア。「黄色い背景に教会の鍵」がデザインされています。これはFeriも時間があればミサに参列するDorunbachにあるSt.Peter教会(ベネディクト会修道院)にちなんだものです。

そして、下の右側はNeuwaldeggエリア。「2つの木の間に家」がデザインされています。ここは古くから住宅が点在していたため、こういったデザインになったようです。

Img_105_04_4743_001

実際、Feriが住んでいるアパートはDorunbachにあるため、アパート周辺ではHernals区の紋章よりも、「Dorunbachの紋章」を沢山見かけます。やはり地元に愛着があるのでしょうね。

また、お隣の16区(Ottakring)は、OttakringとNeulerchenfeldという2つのエリアで構成されています。左側がOttakringエリアですが、昔、この地域を統治していた人物にちなだ帽子だそうです。また、右側はNeulerchenfeldエリアで、「ひばりと唐松」だそうです。

ホイリゲでおなじみの19区(Döbling)とエリアが多いので、紋章のデザインも複雑です。

3373762_img_001

ちなみに中央がOberdöbling、上段は左側からUnterdöbling、Nußdorf、Salmannsdorf。中段左側がNeustift am Walde、中段右側がSievering。下段は左側からSievering、Kahlenbergdorf、Grinzingだそうです。

日本の場合、行政区の紋章はエリア全体を統合するデザインを使うことが多いようですが、こちらでは地域毎のこだわりが強いためか、こういった複雑な紋章になるのでしょう。これも、ある意味お国柄と言えるかもしれません。

なお、デザインの由来については、ウィーン市の公式ホームページで紹介されています。こういった紋章の由来を見てから、その地区を散歩すると、また新しい発見があると思います。

なお、ウィーン各区の紋章には著作権が制定されておらず、自由に使うことができるそうです。

最後にご紹介する紋章は、Feriが毎夏、訪れているザルツブルク州某町の紋章。山岳地帯にある町だけに、ダイナミックなデザインですね。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

Br_decobanner_201105_b_3

旅行・地域 |

« 保線はしっかり行いましょう | Main | 改装前後は‥ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 保線はしっかり行いましょう | Main | 改装前後は‥ »