« 皆勤賞 | Main | すごいイベント Hüttenrosa am Preber »

August 17, 2014

扇形のバス車庫

Img_2014_08_4864_001

今日は「バスの車庫」にまつわる話題をお届けしましょう。

通常、路線バスの車庫は四角い「シューボックス型」が一般的かと思います。ところがたまに変わった形の車庫にお目にかかります。

今日、ご紹介するのは扇形です。車庫は10両分あるのですが、大きな扇状をしています。

鉄道の場合、その昔、蒸気機関車が活躍していたころは転車台で方向を変える必要があったことから、転車台を中心に扇形車庫が設けられているところがありました。日本でも京都の梅小路にある蒸気機関車館では現役の扇形車庫を見ることができますね。

Img_2014_08_4861_001

さて、本題に戻りましょう。このバスの車庫はPOST BUSの車庫なのですが、鉄道の扇形車庫に比べ角度が緩いような気がします。車庫は10台分あり、中心から向かって左側には事務所も併設されています。なぜ、このような扇形車庫が採用されたのかが最大の謎‥

希に鉄道の車庫を転用したケースがあるのですが、この場所はÖBBの本線は通っていません。狭軌鉄道のMurtalbahn駅が近くにありますが、とてもこれだけ大きな扇形車庫を使うような車両の陣容ではありません。このことから鉄道用の車庫を転用したものではなさそうです。

Img_2014_08_4865_001

なお、中央に転車台や、「その跡」はありません。興味深いのは「扇の中心」にはPOST BUS専用のガススタンドが設置されている点でしょうか。ただ、これは扇形車庫とはあまり関係がないような気がします。

Feriが通りかかった際には、ドアが閉まっていたため、内部はどうなっているのかは、わかりませんが、扇形車庫の場合、内部に柱が多いため、整備などの際には以外と使いにくいケースもあるようです。

実は、この車庫、Feriがこの街を訪れるようになった頃から健在で、基本的なデザインは変わりません。唯一変わったところと言えば、屋根上に取り付けられた携帯電話基地局のアンテナくらいでしょうかね。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_austria_001

街角の話題 |

« 皆勤賞 | Main | すごいイベント Hüttenrosa am Preber »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 皆勤賞 | Main | すごいイベント Hüttenrosa am Preber »