« 食卓のゴミ箱 | Main | イベントにマルチコプターが‥(動画付き) »

August 21, 2014

旧友との再会

Karte_4

私事ですが、今日はFeriの○○回目の誕生日です。歳を重ねると、日本、オーストリアともに色々は人との出会いがあります。そこで、今日は「オーストリアでの久しぶりの再開にまつわる話題」をお届けしましょう。

8月15日前後、Lungauに四半世紀滞在しているFeriですが、色々な人との出会いもあります。その1つにチロリアンバンド「Rinegger Quintett」のメンバーがあります。

彼らと最初に出会ったのはザルツブルク州の隣、シュタイヤマルク州のMurauで毎年8月15日に行われているサムソンフェストでのことです。

以前、Murauでは通常のSamsonumzugだけではなく、街全体で大々的なお祭りを実施していました。確か、Feriが最初にMurauのサムソンフェストに出かけたのは1990年頃だったと思います。

Murauの広場でSamsonumzugが始まるまで、ノリの良い演奏を繰り広げていたのがチロリアンバンドの「Rinegger Quintett」でした。

Img_2014_08_5096_001

「Rinegger Quintett」は、シュタイヤマルク州のバンドですが、メンバー全員がバンド演奏とは別に本業を持つセミプロです。ちなみに本業は農家、建設職人、商店経営など多種多様。

セミプロとは言え、トランペット、ギター、クラリネット、サックス、キーボード、ハーモニカ、アコーディオンなどの各種楽器を駆使した楽しい演奏にボーカルに加えて、お客さまを盛り上げる天才的な手腕を誇っていました。実際、民族音楽のコンクールで入賞した経験もありますし、シュタイヤマルク州の地元ラジオ局のヒットチャートにCDが上位にランキングされたこもある程の実力の持ち主です。

特に演奏の途中で、お客さまに「オーストリアの人は?」「ドイツから来た人は?」などと投げかけて、反応を求める場面がありました。何回か訪問した時、「日本から来た人は?」というのがあって、Feriだけが雄叫びを上げたことから、メンバーの注目を集めることに‥

Img_2014_08_5442_001

連続してMurauのサムソンフェストで出会ううちに、変わった日本人Feriをメンバーも覚えてくれていて、幕間には一緒にビアを飲むことも‥ 

そして、出会いから数年が経過した2004年、ボーカルのHeinz Würgerさんが、演奏中、Feriに「おっちゃん、ちょっと舞台へ上がってこない?」を声をかけてくれました。Feriが舞台上に上がると、「日本から今年も友人が来ました!!」と紹介されてしまいました。場所柄、お客さまも大盛り上がり‥

忘れもしないのは、その時、Rinegger Quintettのベースボールキャップをプレゼントされました。オーストリア人のおもちゃになりやすいFeriらしいですね‥

その後、バイオグラフィーを調べたところ、彼らが発足したのが、Feriがはじめて見た1990年なので、大げさですが、彼らの活動とともに歩んだとも言えるのかもしれません。

ところが、2007年、いつものようにMurauのサムソンフェストに行くと、見たことがないチロリアンバンドが演奏しており、Rinegger Quintettの姿はありませんでした。どうも前年の2006年から出演しなくなったようです(2006年は仕事の都合で、15日にMurauへ行くことができませんでした‥)。

Img_2014_08_5125_001

その後、偶然、入ったSt.Michaelの消防署まつりにRinegger Quintettに出演しており、奇跡の再会。話をしたところMurauは出演料の関係でお呼びがかからなくなったとのことでした。しかし、セミプロのバンドなので出演場所と出演回数が少なく、その後は会うことがかないませんでした。

が、今年、Lungauに来てから、たまたま掲示板を見たところ「140Jahre Musikkapelle“Alpenklange”Krakauebene」のポスターが貼ってあり、16日の夜、Rinegger Quintettが出演することがわかりました。

という訳で、Rinegger Quintettのメンバーに会うため、16日の午後、Krakauebeneへ向かいました。ただ、演奏開始が21時30分と遅いのが玉に瑕。Krakauebeneに宿泊していれば全く問題はありませんが、ホテルのあるLungauまでは車で40分ほどかかります。

テントの中では18時過ぎからブラスバンドの演奏が始まりましたが、19時30分にたまたまRinegger QuintettのHeinz Würgerさんがビアスタンドにいるところを発見(2枚目の写真がHeinz Würgerさんです)。懐かし旧友とのご対面となりました。

Img_2014_08_5108_001

Heinz Würgerさんが、すぐに声をかけてくれて、他のメンバーも集合。しばらくビアを飲みながらの歓談となりました。Rinegger Quintettのメンバーは地元の人にも有名なようで、色々な人から声が掛かっていたのが印象的でした。

21時過ぎにはRinegger Quintettのアコーディオンの伴奏による子供達の民族舞踊(ダンス)が披露されましたが、全体にスケジュールが押しており、22時を回ってもRinegger Quintettの本演奏が始まる気配はありません。

本当は一曲くらい聴いてから会場を後にしたかったのですが、夜間の山道をLungauまで帰る必要があったため、メンバーにご挨拶をして、演奏を耳にすることなく、22時過ぎにKrakauebeneを後にしました。

Rinegger Quintettですが、途中、一部メンバーの入れ換えなどがあり、現在はGerald Bischofさん、Harald Koglerさん、Martin Spreitzerさん、Heinz Würgerさん、Klaus Bischofさんで構成されています。それでは、最後に彼らのプロモーションビデオをご覧ください。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

Br_decobanner_201105_b_3

日記・コラム・つぶやき |

« 食卓のゴミ箱 | Main | イベントにマルチコプターが‥(動画付き) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 食卓のゴミ箱 | Main | イベントにマルチコプターが‥(動画付き) »