« ウィーンで「Kosaku Yamada und ich」が開催されました | Main | 「ウィーン警察の日」がありました »

September 28, 2014

13Aに連節バス投入が決まりました

Img_2014_09_6589_001

今日は「ウィーンの路線バスの話題」をお伝えしましょう。

ウィーンで最も利用者が多いバス路線がHauptbahnhof-Alser Straße,/Skodagasse間を結ぶ13Aという路線です。

Feriは、今まで時々使っていたのですが、5区に引っ越してからは頻繁に使うようになりましたが、日中でも本当に混んでいて、座席が空いていることはほとんどありません。

現在、天然ガスを燃料とする3扉の大型バス(NL273 T3 、MAN製、愛称は“Lion´s City”)が使用されていますが、このほどWiener Linienが、2015年春からメルセデス製の最新型連節バスCitaro(NL220 MB)を投入すると発表しました。

Img2014_05_3593_001

Citaroは定員128名なので、これにより座席数は56%増加することになり、大幅な混雑緩和が期待できます。Feriは連節バス投入の話を聞いて、狭い路地が多い13A路線で大丈夫なのだろうかと心配になりましたが、従来の連節バスよりもCitaroは取り回しが良いため、問題はないそうです。

以前、このブログでもご紹介しましたがCitaroは、省エネタイプの連節バスで、エアコンが装備されている他、情報案内装置や監視カメラなども取り付けられています。Citaroの詳しい情報は2014年4月2日付けの記事をご覧ください。

13a_002

ただ、従来は通常のバスが運行されていたため、一部の停留所は拡張工事が必要なようです。連節バスの投入に合わせてダイヤ改正も行われ、ピーク時は4分間隔に統一されることになりました(従来は3分~4分)。なお、夜間や週末は、従来と同じ運転間隔です。

Img_2014_09_6595_001

この連節バス投入は混雑緩和と同時に、例のMariahilfer Straßeの新しい交通規制に対応する施策だろうと思います。

U2が延長開業するまで、このエリアでは13Aが頼り。2014年12月に予定されているWien Hauptbahnhofの本格開業により、WestBahnhofから西方面の優等列車がHauptbahnhof に移ることになっているため、13Aは需要が更に増すと思われます。

ところで13Aは、その昔は13系統という路面電車でした。その後、バスに転換されましたが、一時、写真のような2階建てバスが投入されていました。

当時から需要の多い路線だったことがわかります。それだけに今回の連節バス投入には、大きな期待がかかっています。

なお、2014年9月現在、新型連節バスCitaroが運用されている路線は、8A、9A、12A、57A、64Aです(12Aと64Aは在来型のバスと併用)。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3


街角の話題 |

« ウィーンで「Kosaku Yamada und ich」が開催されました | Main | 「ウィーン警察の日」がありました »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ウィーンで「Kosaku Yamada und ich」が開催されました | Main | 「ウィーン警察の日」がありました »