« ウィーン路面電車博物館が9月13日にリニューアルオープン | Main | 今日で10周年 「オーストリアこぼれ話」 »

September 09, 2014

府中の高校生がHernalsを訪問

Sn00114

全米オープンで快進撃を続けた錦織 圭選手。こちらのニュースでも話題になっていましたが、残念ながら決勝ではクロアチアのマリン・チリッチ選手に敗れて準優勝という結果に終わりましたね。しかし、テニス界も新しい時代の到来を感じさせる全米オープンだったような気がします。

さて、8月にウィーン17区Hernalsで、友好都市となっている東京・府中市との交流プログラムが開催されました。

府中市から6名の高校生がHernalsを訪問。10日ほどホームステイをしながら、観光をはじめとする交流イベントに参加したようです。

皆さんの詳しいスケジュールは存じませんが、Hernals区は「ウィーンの森」に隣接しているので、Feriの散歩コースなども回ったのかもしれませんね。ただ、高校生の皆さんなので、Feriお得意のホイリゲには招待されなかったとは思いますが‥

ところで、府中市とHernals区が友好都市となったのは、1992年(平成4年)8月。2012年年6月には友好都市提携20周年記念事業も行われています。この時、府中市からHernals区に送られた武蔵国府太鼓については、2013年12月の記事をご覧ください。

なお、交流プログラムを通じて、今までに府中市からは、117名の高校生がHernals区を訪れているそうです。考えてみると20年前、Hernalsにいらっしゃった高校生の皆さまは、今では30代の働き盛りですね。

今回、Hernals区にいらっしゃった高校生の皆さん、是非、Hernalsの魅力を回りの方に伝えてくださいね。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

街角の話題 |

« ウィーン路面電車博物館が9月13日にリニューアルオープン | Main | 今日で10周年 「オーストリアこぼれ話」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ウィーン路面電車博物館が9月13日にリニューアルオープン | Main | 今日で10周年 「オーストリアこぼれ話」 »