« 13Aに連節バス投入が決まりました | Main | 街角の話題から »

September 29, 2014

「ウィーン警察の日」がありました

Img_3339_001

秋になると色々なイベントが目白押しのウィーン。現在、プラーターでは「Wiener Wiesen-Fest」(オクトーバーフェスト)が好評開催中です(この話題は、後日、詳しくお伝えします)。

また、27日と28日には、これまた恒例の「Wiener Weinwandertag」が開催されました。こちらも詳細は後日‥

さて、9月27日には「Tag der Wiener Polizei」(ウィーン警察の日)という行事が、Schottentorに近いRossauer Kaserneで開催されました。

普段は入ることができないウィーン警察本部(Bundesministerium für Inneres Landespolizeidirektion Wien )の中庭が会場です。

Img2014_09_6980_001

今回は、普段、一般の皆さんが目にすることがない放水警備車、装甲車、特殊部隊(機動隊)、爆発物処理部隊、化学防護部隊、水上警察、警察犬部隊などの装備が展示されていました。

普段、見ることができない装備なので、皆さんの関心も高く、警察官に色々と質問をしている人が多かったですね。ファミリー向けのイベントなので、子供さんが楽しめるようなゲームや遊具なども設置されていました。

Img_2014_09_6995_001

午前中、小雨模様だったので、Feriは天気が回復してきた午後から出かけましたが、時間帯を区切って各種のデモンストレーションが設定されていました。

13時からはウィーン警察音楽隊による2回目の演奏が行われました。おなじみのブラスバンドです。警察の行事で、制服警察官が沢山いるのですがお堅い感じはなく、会場内では軽食などがとれるようになっていました。

Img_2014_09_7029_001

当然、飲み物にはビアも‥これはオーストリアで行われる「○○の日」のお約束。

また、コンピューターを使ったモンタージュ画像作成の体験コーナー、速度違反を取り締まるレーダー装置(携帯用の新型と車載タイプのもの)、アルコール検知器も展示されていました。

Img_2014_09_7002_001_2

正直、普段お世話になりたくないアルコール検知器ですが、来場者に実際に体験させており、子供さんには人気でした。子供さんは、この怖さを知らないからねぇ‥ もちろんレーダー装置のお世話にはなりたくありません。

しかし、アルコール検知器のデモンストレーションの隣でビアを販売しているのですから、ウィーン警察らしいですね。

Img_2014_09_7022_001

13時45分からオートバイ隊員によるモトクロスの妙技が披露されました。会場に設置された各種の障害物を乗り越えるデモンストレーションで、人気が高かったですね。

通常の警察用オートバイではなく、モトクロスのバイクを使って腕を披露するというのも、警察のデモンストレーションとしては珍しい気がします。

Img_2014_09_7024_001

オーストリアの場合、警察車両は、ほとんどがメルセデスやフォルクスワーゲンなどのドイツ製ですが、オートバイに関してはBMWに加えてHONDAの車両も採用されています。

今回もBMWよりも小型のHONDA製バイクが展示されていましたが、ナンバープレートに「HONDA The Power of Dream」と書かれていたのには笑ってしまった。

Img_3326_001

このほか、車載コンピューターなどの装備品については、日本製が導入されていました。

Img_2014_09_6997_001

14時15分からは、特殊部隊(WEGA)によるテロ制圧訓練が展示されました。訓練用の建物から隊長さんが降下し、まずは観客の皆さんにご挨拶。

続いて、想定の説明があり、デモンストレーションが始まりました。訓練用建物前の障害物にテロリストがガソリンを撒いて放火します。

そこへ装甲車に乗った特殊部隊隊員2名が消火銃を持って到着。仲間の隊員が消火チームを援護している中、圧縮空気と水で火災を短時間で制圧します。ちなみにトップの写真が、消火銃を使って火災を制圧している場面。結構、迫力がありました。

Img_3346_001

テロリストは建物の3階に立てこもっており、続いてパトロールカーに乗って特殊部隊隊員が到着。拳銃とサブマシンガンで地上からテロリストを威嚇。

その間に屋上から3名の隊員がロープで降下して、テロリストの立てこもる部屋に突入し、無事、確保。建物からパトロールカーに乗せ、連行する‥という流れでした。

Img_3351_001

こちらでも特殊部隊は人気があるようで、デモンストレーション終了後、隊員と一緒に写真撮影をする光景が見られました。なお、WEGAのデモンストレーションは、午前中にも行われたようです。

続いて14時40分から警察犬のデモンストレーションが行われました。ハンドラーとのペアで、警察犬が様々な妙技を披露。オーストリアでは警察犬は、テレビドラマにもなっているので、子供さんに大人気でした。

Img_3356_001

ちなみに警察犬部隊の展示コーナーで知ったのですが、ウィーン警察の警察犬は2012年で創立110周年を迎えた歴史ある部隊だそうです。

このほか、警察グッズの売店もあり、こちらも子供さんで賑わっていました。基本的に警察への理解を深めようというイベントなのですが、リクルーティングもしっかり行っていたね。

Feriは所用があったので、途中で引き上げましたが、行事は18時まで開かれていました。余談になりますが、日本では、こういった行事の場合、最前列にマニアが陣取っているケースが多いのですが、こちらでは、最前列は小さなお子様の指定席。大人は、その後ろから見るのがルールみたいです。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

街角の話題 |

« 13Aに連節バス投入が決まりました | Main | 街角の話題から »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 13Aに連節バス投入が決まりました | Main | 街角の話題から »