« 変わったお店シリーズ90 素敵な田舎の花屋さん | Main | ムールタールバーン120周年<動画つき> »

September 04, 2014

はっきり変わる州境

Qatar_airways

今日は一つ、ニュースをお届けしましょう。カタール航空が、9月1日からドーハ-ウィーン線(QR184・QR183便)にB787を投入しました(従来はエアバスA320)での運航を開始しました。機内はビジネス22席とエコノミー232席の2クラス仕様で、機内Wi-Fiも完備しているそうです。

ちなみにシュヴェヒャート空港への定期便でのB787乗り入れは、カタール航空が最初です。

ちなみに羽田-ドーハ間にもB787が投入されているので、B787同士の乗り継ぎも可能です。カタール航空はワンワールドに加盟しているので、JALのマイルも貯まりますよ。皆さま、ドーハ経由でウィーンへお越しになりませんか?

Img_2014_08_5381_001

さて、今日は「州境のお話」です。

通常、鉄道やアウトバーンなどを利用していると、道路も一括して管理されているので、州境というのは、標識でも見ないと意識することがないと思います。最も最近では、EU圏内では国境という概念もなくなりつつありますが‥

ところが、地方に行くと、州境がはっきりとわかる場合があります。

今夏、ザルツブルク州のLungauに滞在していましたが、ドライブでシュタイヤマルク州へ何度も入りました。

通常は96号線という準道路を使うのですが、プレーバーゼー(Prebersee)へはL262号線(ザルツブルク州)という林道のような細い道路を使います。

Img_2014_08_5382_001

プレーバーゼーからしばらく先に進むとシュタイヤマルク州に入り、先日ご紹介したクラカウエーベネ(Krakauebene)方面へ行くことができます。ところが州境で道路の名称がL521号線(シュタイヤマルク州)に変わると同時に、写真のように舗装も一変。

Feriも、これには笑ってしまいました。ちなみに冒頭の写真が州境で、手前がシュタイヤマルク州、奥がザルツブルク州です。

これは道路管理を国ではなく州が行っているためだと思います。そのため、メンテナンス計画や方法も州による違いが出ているのでしょう。

Img_115_0011_001

写真をご覧になるとわかるように、ザルツブルク州のL262号線の方が舗装がしっかりしていますし、仕様も違うようです。ただ、シュタイヤマルク州側には、州の立派な看板が設置されていましたが、ザルツブルク州側には、看板はなし‥ このあたり、州の考え方が出ていて面白いですね。

なお、この道路ですが、センターラインはなく、小型自動車ならば普通にすれ違うことができますが、大型車が来ると待避する必要があります。Feriは、最初、大型車など通らないだろうと高をくくっていたのですが、沿道に酪農農家が点在しているため、ミルクを回収するタンクローリーなどが時々、通っていました。

さて、最後の写真は97号線の州境。このように両州ともに立派な看板が沿道に設置されています。こちらに関しては、準幹線道路なので、州境で大きく道路の仕様が変わることはありませんが、それでも違いはあるのですよね。

ところで今週末、5日~7日にかけて、恒例の「Wiener Feuerwehrfest 2014」がAm Hofの消防本部で開催されます。なかなか人気のある行事なのですよね。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

Br_decobanner_201105_b_3

旅行・地域 |

« 変わったお店シリーズ90 素敵な田舎の花屋さん | Main | ムールタールバーン120周年<動画つき> »

Comments

Feriさん、こんにちは。

州境による道路整備の違い、
日本でも県境で”おおっ!”と思うことがありますね。

昔、豊田市を走る国道1号線を、豊田市(トヨタ)が直したいと国に言ったら、
一笑に付されたといった記事を読みました。
国道は各県におかれている国道事務所管理で、市町村は・・門外漢かもしれません。
オーストリアはどうなのかな? いつか教えてください。

Posted by: ぷいい | September 04, 2014 at 09:05 AM

ぷいい様、コメント、ありがとうございます。

道路の管理については、なかなかわからないですが、調べたいですね。

Posted by: Feri | September 05, 2014 at 07:53 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 変わったお店シリーズ90 素敵な田舎の花屋さん | Main | ムールタールバーン120周年<動画つき> »