« 府中の高校生がHernalsを訪問 | Main | 牛さんが山から戻ってくる季節になりました »

September 10, 2014

今日で10周年 「オーストリアこぼれ話」

Img_2004_09_8710_001

今日、9月10日は、2004年にブログ「オーストリアこぼれ話」を開設した日です。という訳で、10周年を迎えました。

最初は週1回の更新だったのですが、途中から、ほぼ毎日更新に切り替えたこともあり、今までにご紹介した話題は3000近くになっています。

時々、「番外編」が入っているので、純粋に「オーストリアの話題」ばかりではありませんが、Feri自身も「よく続いたもの‥」と思います。これも、皆さまの温かい励ましのお陰ですが、10年間、コンスタントに更新を続けているブログは少ないようですね。

ちなみに第1回の話題は、Feriのホームグラウンドになった「フォルクスオーパーの100周年記念ガラコンサート」の話題でした(第1回の記事はこちらから)。

ちなみに、この「ガラコサート」は第2部では、オペレッタの名曲も演奏されましたが、レハールの「メリーウィドウ」からは「ハンナ登場の歌」が選ばれ、中嶋彰子さんがハンナ役を演じました。そう、当時は中嶋彰子さんがアンサンブルで活躍していたのですよね。

Img_2004_09_8717_001_2

懐かしい‥ もちろん、この公演には、Feriお気に入りの歌役者Sándor Némethさんも登場しています。

という訳で、今回は第1回の記事でご紹介しなかった当日の写真を掲載しました。左側は、「100年記念ガラコンサート」の抽選で提供された特製チョコレート。Feriは外れましたが、当たった方にパッケージ写真だけ撮らせてもらいました。また、右側はカーテンコールの模様です。

2004年のウィーンでは、当時ブログではご紹介しませんでしたが、国会議事堂の地下に大規模駐車場建設が行われていました。

Img_2004_09_8713_001

ところで、10年間の中で、政府観光局様から声をかけていただいた上に、このブログを通じて知り合うことができた皆さまとの出会いも自分にとっては大きな喜びです。

こちらにお住まいの方とも知り合いになれた上に、日本在住の読者の方とウィーンでお目にかかることができるようになるとは夢にも思っていませんでした。

インターネット上の情報交換も楽しいですが、実際にお目にかかって、お話をすることも、本当に素晴らしいものです。

ところで、この10年間、日本では自然災害をはじめ、様々な出来事がありましたが、Feri個人ににとっても、人生で大きな変化があった期間です。何しろウィーンでは、アパートが拠点になった訳ですから‥ また、オーストリアの音楽界、とくにオペレッタの上演でも大きな変化がありました。

Img_2004_08_8382_001

また、ブログに記事をアップする通信環境も、この10年で劇的に変わりました。当初は日本のプロバイダーさんが設定していたダイアルアップのアクセスポイントを利用し、電話回線経由で行っていました。

電話回線の仕様が日本と異なるため、回線チェッカーという機械で接続方法を確認していたのも懐かしい思い出です。それが、今ではホテルにLANが入っているのは当たり前になり、Feriも通常はA-1のSIMカードが入ったWi-Fiモデムを使って通信をするようになりました。

パソコンについては、当時からThinkPadを使っていましたが、機種はずいぶんと変わりました。ちなみに2004年当時は、B5サイズの240シリーズでした。

Img_103_0343_001

日本の人気ブログに比べると、アクセス数は微々たるものですが、継続することで、多くの方にひと味違ったオーストリアの魅力をご紹介することができたのであれば、長年、お世話になっているオーストリアにちょっとだけ恩返しができたのではないか…とも思っています。

多岐にわたるジャンルを取り上げるのが「オーストリアこぼれ話」の基本的なポリシーですが、Feriが大好きな舞台芸術オペレッタに関する話題は、作品鑑賞記以外のものも含めて300ほどでした。ということは、記事の1割ということですね。

最近は「オペレッタの話題」が少なくなってしまったのは、自分としても残念なのですが、如何せん、ウィーンをはじめとするオーストリアでは、上演される作品が減っているのですから、致し方ありません。

これからも、皆さまに色々な話題を提供したいと考えていますので、引き続き、ご支援をよろしくお願いいたします。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

H_banner

日記・コラム・つぶやき |

« 府中の高校生がHernalsを訪問 | Main | 牛さんが山から戻ってくる季節になりました »

Comments

おめでとうございます!

Posted by: Kaname H | September 10, 2014 at 09:20 PM

Feriさん、10周年おめでとうございます。

私が初めてウィーンへ行ったのは、2011年。
恐れていたオペラ狂いが発症し(中高生のとき、父親のお供で見ていた)、
それから、毎年ウィーン通いです。

来年は5月に2週間アパートに滞在する予定。
もし出来たらお会いしたいので、アドレスまで返信いただけたら再来です。

Posted by: ぷいい | September 11, 2014 at 01:14 PM

ぷいい様

コメント、ありがとうございます。まぁ、よく10年も続いたものだと自分でも思います。

時間があるので、また改めてご連絡します。

Posted by: Feri | September 11, 2014 at 03:37 PM

Feri さん、
10周年ですか..すごいですね。
毎日、よく話題が続くものと、いつも感心しています。

ヴィーンの情報は行く度に役立たせていただいていますし、Feri さんでなければ気付かれないような細かいことも楽しみに拝見しています。

ところで、第1回の記事は2004年9月4日の Volksopern-Gala "Vor 100 Jahren - vor 50 Jahren" についてとのことでしたが、私もその日 Volksoper に居ました。
Feri さんとヴィーンで初めてお会いしてから6年半近く経ちますが、もっと前から接近遭遇していたのですね。

Posted by: Steppke | September 13, 2014 at 10:23 PM

Steppkeさま、こんにちは。

えーっ、2004年9月4日にも接近遭遇していたのですか。ご縁があるのですね。

ちなみに当日はウィーン在住の友人と一緒に行ったのですが、会場で、友人の知り合いを紹介して頂き、盛り上がったことを思い出しました。

Posted by: Feri | September 13, 2014 at 11:18 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 府中の高校生がHernalsを訪問 | Main | 牛さんが山から戻ってくる季節になりました »