« 番外編 森野由み ソプラノリサイタルリサイタル 東欧への誘い | Main | ウィーン路面電車博物館が9月13日にリニューアルオープン »

September 08, 2014

地下鉄U5の建設とU2の延長が決まりました

U2u5_001

テニスの錦織選手の快進撃は、こちら、オーストリアでも大きく紹介されています。全米オープンの決勝、どうなるでしょうね。

さて、今日は夏のバカンスネタはお休みして、久しぶりに「ウィーンの話題」です。

このブログでも途中経過をお伝えしているWiener Linienの地下鉄U5建設計画ですが、市当局が正式に決定を下しました。合わせてU2の路線延長も決定しています。

まず、U5ですが2023年までにFrankhplatz Altes AKH-Rathaus間が建設されます(途中駅なし)。ただ、同時に、現在、U2として運行されているRathaus-Karlsplatz間が、U5の開業に組み込まれることが決まりました。

そのため、U5はKarlsplatz-Frankhplatz Altes AKH間の路線として開業します。なお、Frankhplatz Altes AKH -ElterieinPlatz間については2025年頃の開業が予定されています。

U2u5

Frankhplatz Altes AKH -ElterieinPlatz間については、途中にArne-Carlsson-ParkMichelbeuern-AKHという2駅が設けられる予定です。このうち、Arne-Carlsson-Parkでは5系統、33系統、37系統、38系統、40系統、41系統、42系統の路面電車と接続する予定です。

Img_107_06_5890_001

ところで、ElterieinPlatzからHernals方面への延伸については、今回の計画では発表されませんでした。延伸の可能性がゼロになった訳ではありませんが、当面はElterieinPlatが終点になります。なお、右の写真が17区の市役所がある現在のElterieinPlatです。

なお、U5のラインカラーはTürkise(ターコイズ、トルコ石)に決まりました。ちなみに他路線のラインカラーはU1がRot(赤)、U2がLila(紫)、U3がOrange(オレンジ)、U4がGrün(緑)、U6がBraun(茶)です。

一方、U2については、南部の交通事情を改善するため、2023年までにRathaus-Matzleinsdorfer Platz間が新たに建設されます。ただ、実際には現在のRathaus駅から南部方面に路線を延伸できないため、Schottentorから新線が建設される模様です。

こちらは途中にNeubaugasse、Pilgramgasse、Bacherplatzという3駅が設けられます。なお、路線図を見るとわかるようにNeubaugasse駅でU3、PilgramgasseでU4とそれぞれ接続するので、地下鉄のネットワークが大幅に強化されます。さらに2027年までにWienerbergまで延長される計画です。

Wiener_linien2025

新聞発表などでは完全な新路線となるU5を前面に出していますが、計画を見るとU6を補完するU2の延伸が優先されたような感じがしますね。

建設工事については、2018年から行われる予定になっていますが、5年間で2路線を建設する訳ですから、結構、大変そうです。そのため、近々、建設予定エリアのボーリング調査などが開始される予定になっています。

また、今回の地下鉄建設に合わせて、路面電車やバス路線の改編、カーシェアリングの充実をはじめとした市内交通体系の整備も計画されています。

このほか、現在、SiemensとBombardierの競争入札になっている超低床式路面電車ULFの後継車(150編成)ですが、2014年11月に決定されることも発表されました。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

鉄道のお話 |

« 番外編 森野由み ソプラノリサイタルリサイタル 東欧への誘い | Main | ウィーン路面電車博物館が9月13日にリニューアルオープン »

Comments

こんにちは。1号線延伸に続き、2号線延伸と欠番になってた5号線の建設決定と、ウィーンの地下鉄も新たな時代に突入と言った所でしょうか。その一方で、3、4号線と6号線には動きが無いので、今現在は現状維持なのかもしれません。現在の終点から延伸の話でも有りそうな気がするのですが・・・地下鉄の車両の方も、白の車体に赤帯の新型車両になりつつあるのですが、2号線や5号線開通の頃になるとまた新型車両になるのでしょうねぇ。今後が気になります。ところで、やはり全区間地下線でしょうか?1号線の延伸区間は一部地上区間がありましたけど。

Posted by: おざきとしふみ | September 12, 2014 11:52

おざきとしふみ様

コメント、ありがとうございます。

路線ですが今回のU5、U2延長区間とも都市の構造から考えて全区間地下になると思われます。恐らくオーストリアお得意のシールド工法でしょう。

3系統と4系統ですが、3系統、4系統ともウィーン市の境近くまで行ってしまっているので延伸の可能性は低いと思います。

6系統については、路線と車両が特殊な構造のため、しばらくは現状維持かと思います。

Posted by: Feri | September 12, 2014 13:54

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 番外編 森野由み ソプラノリサイタルリサイタル 東欧への誘い | Main | ウィーン路面電車博物館が9月13日にリニューアルオープン »