« バーデン市劇場「ワルツの夢」 プルミエレポート(下) | Main | 木曜日には市が立ちます »

October 23, 2014

変わったお店シリーズ91 粋なタバコ屋さん

Img_2014_08_5665_001

今日は変わったお店シリーズとして「地方のタバコ屋さん」をご紹介しましょう。

今ではJTの子会社になってしまいましたが、オーストリアタバコは、オーストリアを代表する産業でした。その関係もあり、オーストリアではタバコ屋さんを数多く見かけます。

タバコ屋さんでは、タバコ関連商品だけではなく、新聞や雑誌、宝くじ、携帯電話のプリペイドカードなども販売しているため、独立した店舗になっています。

取扱品目ですが、ウィーンやグラーツなどの大都市では、市内交通のチケットを販売しています。タバコ屋さんの場合は、対面販売なので、小銭がないときなどは助かります。また、地方のタバコ屋さんをのぞくと、地図や絵葉書、さらに土産物を置いているところもあります。ただ、食料品は置いていないのが、日本のコンビニエンスストアとの違いでしょうか。

さて、ウィーンなどの都会では、ビルの一角に店を構えるタバコ屋さんが多いですが、地方へ行くと独立した路面店のタバコ屋さんを見かけることがあります。

Img_2014_08_5666_001

冒頭の写真は、LungauにあるSt. Margarethenで見かけたタバコ屋さんです。このエリアは伝統的なスタイルの住宅が多いこともあり、タバコ屋さんの外観も住宅などと統一されたデザインです。自動販売機が店頭に並んでいなければ、民家かと見間違いそうですね。

興味深いのは、このタバコ屋さん、店の出入り口に「風除室」が付いていることです。レストランなどでは、風除室があることが多いですが、物販店では珍しいですね。実は、St.Margarethen周辺は、冬、非常に寒いことで有名です。そういった背景があるのかもしれません。

Img_2014_08_5667_001

ところで、こちらでは、通常、タバコの自動販売機は盗難の問題があるため、建物にビルトインする一般的ですが、このタバコ屋さんでは後から自動販売機を設置したためなのか、面の壁に取り付けられていました。

そのためでしょうか、自動販売機の上にも小さな屋根が掛かっていました。これも面白いですね。

Img_109_08_8458_001

St.Magrarethenでは景観に配慮している街づくりをしているようで、向かいにある銀行もご覧のようなデザインです。

もちろん伝統的な建物が多いLungauでも、全ての商店が、このような木造建築という訳ではありません。最後の写真はTamswegの街中で見かけたタバコ屋さん。独立した店舗ですが、地方では珍しくオーナーさんのお住まいは別のところにあるようなので、石造りの小さな平屋建てです。

地味なデザインを採用しているのは、街の中心にある教会に隣接しているためかもしれません。最も「TABAK TRAFIK」の電照式看板は夜になると目立ちますが‥

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

Br_decobanner_201105_b_3

変わったお店 |

« バーデン市劇場「ワルツの夢」 プルミエレポート(下) | Main | 木曜日には市が立ちます »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« バーデン市劇場「ワルツの夢」 プルミエレポート(下) | Main | 木曜日には市が立ちます »