« 中央駅で大規模な災害救助訓練がありました | Main | CIRCUS RONCALLI好評開催中 »

October 08, 2014

U6開業25周年 Alser Straße駅を改装中です

Img_2014_09_6588_001

今日は「地下鉄U6の工事」についてお知らせしましょう。

地下鉄U6は1989年10月7日、Heiligenstadt/Friedensbrücke - Philadelphiabrücke 間が開通し、今年(昨日ですが)、めでたく開業25周年を迎えました。

ご存じの方も多いと思いますが、地下鉄U6は、シュタットバーン(Stadtbahn)の構造物を活用している区間が多いため、大部分が高架区間になっている他、オットー・ワグナーの設計による歴史的な駅舎が多数存在しています。

しかし、シュタットバーン時代から使われている駅舎は、かなり痛んできているため、Wiener Linienでは、順次、駅舎の大規模改修工事を行っています。

このブログでも、何回か紹介しましたが、先に大規模改修工事が完了したJosefstädter Straße駅に続いて、AlserStraße駅の工事が現在、行われています。

Img_2014_09_7093_001

工事は6月30日から始まっており、11月末までの工事期間中、Siebenhirten方面行きのプラットホームは閉鎖され、地下鉄もAlserStraßeを通過します。利用者への影響を最小限にとどめるため、工事は半分ずつ行われています。

つまり、Floridsdorf方面行きのプラットホームは、現在も使われており、地下鉄も停車します。

そのため、FloridsdorfからAlserStraßeに行く場合は、一つ先のJosefstädter Straßeまで行き、折り返してくることになります。

また、AlserStraßeからSiebenhirten方面に行く場合は、Floridsdorf行きに乗り、一つ先のMichelbeuem AKHまで行って、乗り換えるように指示されています。面倒くさいですね。なお、今回は、代替えバスなどの運行は行われていません。U6でAlserStraßeをご利用の皆さま、ご注意ください。

Img_2014_09_7090_001

このように乗り換えが必要な工事であるため、市内には写真のようなインフォメーションが掲げられています。

余談ですが、もしFeriが、今も17区のアパートに住んでいたら、フォルクスオーパーへ行く際は、AlserStraßeで43系統からU6に乗り換えるのが定番コースでしたから、大変だったでしょうね。特に終演後のお帰りが‥

Img_2014_09_7092_001

さて、工事内容ですが、駅舎の全面的な修復、プラットホームや壁、天井、歴史的なセラミックタイルの整備などで、監視カメラの新設も同時に行われることになっています。

歴史的な建物だけに、改修工事に当たっては、オリジナルを尊重するための対策がとられているのは、言うまでもありません。なお、具体的な日付は明示されていませんが、2015年春からは、反対側のプラットホームと建物の残り半分の工事が行われる予定です。

89563

Wiener Linienでは、今後、2020年までにWähringer Straße、Nußdorfer Straße両駅の大規模改修工事、Gumpendorfer Straße駅の外部改修工事が計画しているそうです。

ちなみに最後の写真は、Stadtbahn末期のものですが、駅舎周辺の雰囲気が今とほとんど変わらないところがウィーンらしいところですね。

しかし、せっかくきれいになっても、すぐにいたずら書きをされてしまうのは、本当に残念でなりません。きれいに使ってもらえませんかねぇ。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

鉄道のお話 |

« 中央駅で大規模な災害救助訓練がありました | Main | CIRCUS RONCALLI好評開催中 »

Comments

Feriさん、こんにちは。

来年5月に2週間滞在するアパートの予約が完了しました。
いつもの、Yppengasse近くです。

フォルクスオーパーに行くときは、AlserStraßeのほうが近いのですが、
ビミョーに(特に帰り)坂を上がるため、いつもJosefstädter Straßeを使っています。

こうした情報があると、とても助かります。

Posted by: ぷいい | October 08, 2014 10:04

ぷいいさま、こんにちは。

来年5月には、AlserStraße駅もきれいになっていることでしょう。

それにしても、駅の一部を閉鎖して、列車を通過扱いにした上で工事をするところ(というか、できるところ)がウィーンらしいというか‥

日本では、まず考えられないと思います。

Posted by: Feri | October 08, 2014 10:56

Feriさん、もう寝ないと体に毒ですよ。

そうですね。

湘南新宿ラインの浦和駅なんか、ずぅーっと駅がなくて東北貨物線を通過していたのが、
毎日上下線が通っている間にホームを作り、ある日、浦和駅で停まるようになりました。
これって日本では普通ですが、トコロ変われば、の事象ですね。

Posted by: ぷいい | October 08, 2014 11:21

工事をするのも大変ですね・・・全面閉鎖かと思ったら、片方は停車でもう片方は通過というのがある意味興味深いです。

Posted by: おざきとしふみ | October 09, 2014 23:41

おざきとしふみ様、コメント、ありがとうございます。

さすがに完全閉鎖してしまうと代替えバス運行が必要になるので、Wiener Linienとしても避けたいところでしょう。片方ずつ工事をすれば、利用者に迷惑はかかりますが、代替えバスの運行は不要なので‥

Posted by: Feri | October 10, 2014 11:54

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 中央駅で大規模な災害救助訓練がありました | Main | CIRCUS RONCALLI好評開催中 »