« September 2014 | Main | November 2014 »

October 2014

October 31, 2014

お山のホイリゲは冬眠に‥

Img_2014_10_7503_001

10月最後は、Feriが深みにはまりつつある「ホイリゲの話題」をお伝えしましょう。

先週末に夏時間から冬時間に切り替わり、いよいよオーストリアも冬を迎える準備が整いました。10月は全般的に気温の高い日が続き、天気の良い日は汗ばむほどでした。実際、半袖で歩いている人も沢山見かけましたね。しかし、最終週になるとさすがに寒くなってきました。

さて、季節営業のホイリゲは、先週末あたりで2014年の営業を終え、冬期休業(冬眠)に入りました。

Feriが贔屓にしているOttakringの山にあるホイリゲも、残念ながら冬期休業に入りました。冬期休業がわかっていたので、Feriも名残を惜しむため、何回か出かけました。

足繁く通ったお陰でしょうか? 最近では座るとすぐに、お気に入りのGRÜNER VELTLINERが出てくるようになりました。

Continue reading "お山のホイリゲは冬眠に‥"

| | Comments (0)

October 30, 2014

保険会社の健康支援サービス(ビデオ付き)

Img_2014_10_7851_001

今日は「保険会社の健康支援サービスにまつわる話題」をお伝えしましょう。

先日、所用があって日中、旧市街に出かけた際、国立歌劇場前のカラヤン広場に見慣れない大型車両が2両、止まっており、プロモーション活動をしていました。車体にはUNIQAと書かれています。

ウィーンでは良く目にするUNIQA(UNIQA Österreich Versicherungen AG)は、オーストリアを代表する保険会社です。生命保険と健康保険を主に扱う保険会社で、オーストリアのみならずグループ企業が、アルバニア、ボスニア、ブルガリア、クロアチア、チェコ、ハンガリー、イタリア、コソボ、リヒテンシュタイン、マケドニア、モンテネグロ、ポーランド、ルーマニア、ロシア、セルビア、スロバキア、スイス、ウクライナなどの中東欧で営業活動を行っています。

生命保険・健康保険を取り扱う会社にとって、契約者の健康維持は保険金の支払いに関係するだけに、大きな関心事。そこで、特殊な車両を使った健康支援サービスを行っており、当日は、実際の車両を持ち込んでプロモーションをしていたようです。

Continue reading "保険会社の健康支援サービス(ビデオ付き)"

| | Comments (0)

October 29, 2014

地下鉄の上に公園を作ります

Img_2014_10_7597_001

今日は「5区の公園建設にまつわる話題」をお届けしましょう。

5区(Margareten)はウィーンの行政区でも、面積が狭い方です。しかも都心部のため、建物が多く、相対的に公園が少なくなっています。もちろん、そこはウィーンですから、日本よりは公園が確保されていますが‥

さて、そこで生まれたアイデアが、川沿いの堀割を通る地下鉄U4の上を公園にしてしまおうというもの。確かに現状では地下鉄U4の上は空いていますから、有効活用できれば、それに越したことはありません。

新聞の報道によると、公園が計画されている場所は、Feriの最寄り駅であるPilgramgasse駅とMargaretengürtel駅間で、Pilgramgasse駅にほど近い川沿いの公園(Bruno-Kreisky-Park)を、U4の路線上に拡張する形で建設します。

ただ、新聞のイラストを見る限りでは、川の上までは拡張しないようです。このあたり自然保護も配慮しているのでしょう。

Continue reading "地下鉄の上に公園を作ります"

| | Comments (0)

October 28, 2014

アイデア商品“PLOPP”とは?

Img_2014_10_8213_001

今日は「ちょっとユニークなアイデア商品」をご紹介しましょう。

いわゆる実用品というのは、デザイン的なおもしろさは少なく、どれを買っても一緒‥というケースがありますね。ましてや部品になると、その傾向が強くなると思います。

洗面台やバスタブに水を溜めるための「水栓」(Waschbeckenstöpsel)は、通常、ステンレスやゴムで作られた実用品の代表だと思いますが、先日、アパートにほど近い某お店で、面白い商品を見つけました。

実は、土曜日、友人とアパート近くのバス停で待ち合わせるため、早めにアパートを出て、付近を散歩している途中に見つけました。

写真をご覧になるとおわかりのように、水栓の上部にイラストや写真、文字を入れたアイデア商品です。商品名は“PLOPP”というようです。

イラストには国旗、ニコニコマーク、アヒルちゃん、サッカーボール、ゴルフボールなど、色々なものが準備されています。

Continue reading "アイデア商品“PLOPP”とは?"

| | Comments (0)

October 27, 2014

5区にもあった「街頭本棚」

Img_2014_09_6969_001

こちらでは、週末、夏時間から冬時間に移り、いよいよ冬の足音が聞こえてきました。山の方では、スキー場がオープン‥という話題も‥

さて、今日は「街頭本棚の話題」をお伝えしましょう。

このブログでも何回か紹介しているウィーン市内にある街頭本棚(詳しくは2011年4月26日2011年6月5日、2013年7月18日の記事をご覧ください)。

運営団体は、それぞれ異なるようですが、先日、アパート付近を散歩している際、5区(Margarethen)にも、街頭本棚が設置されていることを知りました。

街頭本棚があったのは、木曜日には市も立つMargarethenPlazです。ビアレストランの向かい側、大きな木の袂にひっそりと設置されていました。すぐ隣にベンチもあるので、季節が良いときは、そこで座って読書を楽しむこともできます。

形は比較的オーソドックスな箱形ですが、本が飛び出さないように傾けて設置されています。また、アクリル製の扉が取り付けられており、外から本が入っている状況が確認することができるようになっていました。

Continue reading "5区にもあった「街頭本棚」"

| | Comments (2)

October 26, 2014

「青いRailJet」がウィーンに‥

Img_2014_10_7946_001

今日、26日は「Nationalfeiertag」でした。ヘルデンプラッツでは、恒例のオーストリア連邦軍の兵器展示などが行われ、大勢の人が集まりました。ただ、防衛予算の削減で、規模は例年よりも小さくなったようです。

さて、先日、2014年12月14日に行われる「ダイヤ改正概要」をお伝えしましたが、その際、コメント欄でチェコ方面の列車についてのご質問がありました。その答えになるような車両を、先日、目撃しました。それが写真の「青いRailJet」です。

チェコの国鉄もご多分に漏れず、上下分割方式で民営化(政府が株式を100%保有)されており、チェコ鉄道株式会社(ČD, České dráhy, a.s.)が、旅客列車の運行を担当しています。

2010年冬ダイヤまで、プラハ-ウィーン南駅間には、イタリア・フィアット社製の振り子式電車680系を使用した「スーパーシティ」(Super City)と呼ばれる特急列車が、1日2往復、運転されていました。

その後、Wine Hauptbahnhof工事に伴う南駅廃止により、2009年12月からWr.Neustadt Hbf(ウィーナー・ノイシュタット)まで延長され、ウィーンでの停車駅もBahnhof Wien Meidlingに変更されています。

さて、先日、ウィーナー・ノイシュタットの友人と落ち合うため、Meidring駅へ出かけました。実は59Aというバスに乗ると5区から一本。便利です。

ちょっと早く駅に着いてしまったのですが、あいにくの雨だったので、駅構内で待っていました。すると、そこへÖBBの真っ赤なディーゼル機関車に引かれた見たこともない青い車両がやってきました。

Continue reading "「青いRailJet」がウィーンに‥"

| | Comments (2)

October 25, 2014

山間を走る小さなPostBus

Img_2014_08_5404_001

今日は、オーストリアの公共交通機関として昔から親しまれた「PostBus(郵便バス)の話題」です。

民間の公共交通機関がない山間部の寒村まで、きめ細かく回っており、日常生活にも欠かせないものです。ご存じの方も多いと思いますが、郵便馬車から派生したもので、元々の目的はオーストリアの隅々まで郵便物の運ぶが主目的。

それにお客さまも同乗させるところから始まったようですが、今では旅客輸送に特化しており、名前だけがが残っている‥という状況です。

しかも、郵政民営化に合わせて、経営母体もÖBBに移管されました(持ち株会社の傘下に入っています)。このPostBusですが、最近では新型バスの投入も目立つようになりました。

Continue reading "山間を走る小さなPostBus"

| | Comments (0)

October 24, 2014

木曜日には市が立ちます

Img_2014_10_7829_001_2

今日は「ウィーン5区の話題」をお届けしましょう。

ウィーンでは、今でも伝統的な市が定期的に立つ広場があります。

Feriがお借りしているアパートにほど近いMargarethenPlazでも、毎週木曜日に市が立ちます。5区が狭いのが特徴ですが、MargarethenPlazも狭いので、市も小規模です。

出店しているのは、チーズ屋さん(トレーラーで出店)、野菜や果物に花を売る屋台、ワインを売る屋台、肉屋さん(トレーラーで出店)、ベッカライなどですが、日常生活に不可欠な商品が一通り揃うところがミソ。

Continue reading "木曜日には市が立ちます"

| | Comments (0)

October 23, 2014

変わったお店シリーズ91 粋なタバコ屋さん

Img_2014_08_5665_001

今日は変わったお店シリーズとして「地方のタバコ屋さん」をご紹介しましょう。

今ではJTの子会社になってしまいましたが、オーストリアタバコは、オーストリアを代表する産業でした。その関係もあり、オーストリアではタバコ屋さんを数多く見かけます。

タバコ屋さんでは、タバコ関連商品だけではなく、新聞や雑誌、宝くじ、携帯電話のプリペイドカードなども販売しているため、独立した店舗になっています。

取扱品目ですが、ウィーンやグラーツなどの大都市では、市内交通のチケットを販売しています。タバコ屋さんの場合は、対面販売なので、小銭がないときなどは助かります。また、地方のタバコ屋さんをのぞくと、地図や絵葉書、さらに土産物を置いているところもあります。ただ、食料品は置いていないのが、日本のコンビニエンスストアとの違いでしょうか。

さて、ウィーンなどの都会では、ビルの一角に店を構えるタバコ屋さんが多いですが、地方へ行くと独立した路面店のタバコ屋さんを見かけることがあります。

Continue reading "変わったお店シリーズ91 粋なタバコ屋さん"

| | Comments (0)

October 22, 2014

バーデン市劇場「ワルツの夢」 プルミエレポート(下)

Img_2014_10_8133_001

今日は昨日に引き続き、バーデン市劇場「ワルツの夢」プルミエレポート、後編をお届けしましょう。

休憩後、一旦、ヨアヒムの館に戻ります。ニキの行動が心配なヘレネがフリーデリケと相談し、ニキが出かけたウィンナー・ダーメン・カペレが演奏しているレストランにお忍びで出かけることになります。

が、出かける前に2人でセクトを飲みながら、勢いを付けている場面が笑いを誘います。このあたり、脇役ながらフリーデリケの演技が光ります。

再び場面は、ウィンナー・ダーメン・カペレが演奏しているレストランのシャニガルテン。演奏は休憩中ですが、お客さまが踊っています。ダンサーの数は少ないのですが、賑やかな雰囲気を良く出しています。

Continue reading "バーデン市劇場「ワルツの夢」 プルミエレポート(下)"

| | Comments (2)

October 21, 2014

バーデン市劇場「ワルツの夢」 プルミエレポート(上)

Img_2014_10_8161_001

今シーズン、オペレッタが激減してしまったフォルクスオーパーに変わり、例年通り、オペレッタを期間を区切って上演しているバーデン市劇場。

2014/15シーズンのスタートを飾るのは、オスカー・シュトラウス作曲のオペレッタ「ワルツの夢」(Ein Walzertraum)です。

フォルクスオーパーでは2012/13シーズンに、同演目のプルミエが行われました。ロベルト・マイヤーさんの演出で、Feriも気にいった演目だったのですが、残念なことにレパートリーにはなれず、今シーズンは上演されていません。

しかし、フォルクスオーパーのオペレッタ・プルミエレポートの前にバーデンが来るとは‥

当日指揮はMichael Zehetnerさん。演出はDaniel Pascalさん、舞台装置はGeorg Lindorferさん、振付はBohdana Szivaczさん。

主なキャストは、以下の通りです。

Continue reading "バーデン市劇場「ワルツの夢」 プルミエレポート(上)"

| | Comments (0)

October 20, 2014

フォルクスオーパーのオペラ「おじさん社長」

Img_2014_10_7933_001

今日は10月にフォルクスオーパーでプルミエが行われた「Onkel Präsident」(アンクル・プレジデント、おじさん社長)をご紹介しましょう。

この作品はFriedrich Cerha作曲の現代オペラなので、Feriは観にゆくつもりはありませんでした。何しろ現代音楽の旋律が苦手なので‥

しかし、新聞評が良かったこと、音楽は別にして舞台は面白そうなこと、Feriが気にいっている歌手が起用されていることなどから、急きょ、観にゆくことにしたものです。

今回、上演される「Onkel Präsident」は、2013年6月にPrinzregententheater Münchenで上演された演出です。上演時間は1時間45分で、休憩が入らない短編オペラ。

さて、指揮はAlfred Eschwéさん、演出はJosef Ernst Köpplingerさん、舞台装置はJohannes Leiackerさん、衣装はMarie-Luise Walekさんという面々です。

しかし、Alfred Eschwéさんはオペレッタはもちろん、伝統的なオペラ、現代音楽と幅広いジャンルを手堅く指揮する器用な方ですね。

「Onkel Präsident」は、上演時間の割に出演者が多いのが特徴です。当日のキャストは以下の通りです。

Continue reading "フォルクスオーパーのオペラ「おじさん社長」"

| | Comments (0)

October 19, 2014

路面電車の路線案内図が変わりました

Img_2014_10_7608_001

今日は「ウィーンの路面電車にまつわる話題」をお届けしましょう。

ご存じのようにウィーンの路面電車は充実した路線網で、地下鉄、バスとともに住民の皆さんの重要な足となっています。

従来からも車内に該当する路線の路線案内図が出ていたのですが、文字中心のもので、ちょっと見づらいデザインでした。考えてみると、昔からほとんど変わっていませんでしたね。

ULFの一部では、路線案内図も表示される電光表示装置が取り付けられていますが、如何せん、少数派‥また、在来車については、手が付けられていませんでした。

ところが9月に路面電車車内の路線案内図が、全面的に更新されました。新しい路線案内図の特徴は、オーストリアお得意のピクトグラムを多用したシンプルなデザイン。

Continue reading "路面電車の路線案内図が変わりました"

| | Comments (4)

October 18, 2014

川沿いの散歩コースはいかが?

Img_2014_09_6064_001

日本では、今年、10月13日が「体育の日」でしたね。

Feriなどは、古い人間なので「体育の日」は、1964年の東京オリンピックが開かれた10月10日のイメージが強くて、移動祝日はピンとこないのですが‥

さて、今日は「散歩コースの話題」をお伝えしましょう。

ウィーンの各区、特に郊外の区では散歩コースの整備を進めています。ウィーンの森に近い駅前などにコースの案内板を設置しているところも多いですね。

そんな中で、ちょっとユニークな散歩コースが16区にあります。その名は「Wienfluss-Weg」(ウィーン・リバー・ウォーク)。つまり川沿いの散歩コースです。

Continue reading "川沿いの散歩コースはいかが?"

| | Comments (0)

October 17, 2014

Sándor Némethさん、いつまでもお元気で‥

Img_2014_10_7811_001

オペレッタの話題が少ないので、今日はFeriが好きな歌役者さんの話題です(カテゴリーは「ミュージカル」にしていますが‥)。

「チャールダーシュの女王」のフェリ・バチがはまり役だったSándor Némethさん。残念ながら最近はお歳を召したこともあり、フォルクスオーパーでのオペレッタへの出演が事実上、なくなってしまいました。

歌役者さんも、引き際が大切なのかもしれませんが、タップダンスが上手で、粋なおやじを演じたら右に出るものがいない方だけに、オペレッタへ出演されないのは本当に残念です。

今シーズン、唯一、出演しているのが、ミュージカル「キス・ミー、ケイト」のハリー (劇中ではパドヴァの商人パプテスタ)です。「キス・ミー、ケイト」は、正直、1回見れば十分な作品なのですが、Sándor Némethさんに会いたくて、凝りもせず、フォルクスオーパーに足を運びました。

Feriが観たのは、通算40回目の公演。,意外と上演回数が多いですね。

当日の指揮は、プルミエから担当しているLorenz C. Aichnerさん。主なキャストは、以下のとおりです。

Continue reading "Sándor Némethさん、いつまでもお元気で‥"

| | Comments (0)

October 16, 2014

Wine Hauptbahnhof“Bahnhof City”が開業しました

Img_2014_10_7440_001

先日、2014年12月に予定されているÖBBのダイヤ改正概要をお伝えしましたが、今日は「Wien Hauptbahnhofの話題」をお伝えしましょう。

先日、大規模な防災訓練が行われたWien Hauptbahnhofですが、10月10日、駅内の商業施設Bahnhof Cityが開業しました。

という訳で、さっそくご自慢のBahnfof Cityを見てきました。2012年12月のHauptbahnhof暫定開業当初は、物販店はもちろん、飲食店もなかった訳ですから、その変貌ぶりには、正直、驚きました。

Feriが訪問したのは、営業開始後、最初の日曜日。そのため、Feriと同じように見物のお客さまが大勢、来ていました。

Continue reading "Wine Hauptbahnhof“Bahnhof City”が開業しました"

| | Comments (2)

October 15, 2014

グルベローヴァさん復活「ロベルト・デビュリュー」

Img_2014_10_7660_001

最近は国立歌劇場でのオペラへの出演が減っているエディタ・グルベローヴァさんですが、2014/15シーズンは「ロベルト・デビュリュー」に登場します。10月に3公演と少ない上演回数。これもお歳の関係でしょうか。

実は、Feriは「ロベルト・デビュリュー」とは縁が深いのです。というのは、最初にウィーン国立歌劇場でグルベローヴァさんの演目を観たのが「ロベルト・デビュリュー」。2001年1月のことでした。

当時は「ロベルト・デビュリュー」が、どのようなオペラなのかも十分に知らずに見たのですが、エリザベッタを演じたグルベローヴァさんの鬼気迫る演技に圧倒されてしまいました。これで、完全にグルベローヴァさんの虜に‥

それ以降、ウィーン国立歌劇場では2001年5月、2001年9月、2006年9月、2012年6月に都合、6回、観ています。このほかバイエルン国立歌劇場でも観ていますが、あちらの演出はどうも好きになれません。

このブログの読者の方はご存じのように、2012年6月公演では、当時、国立歌劇場のアンサンブルとして活躍していた甲斐 栄次郎さんがノッティンガム候を演じたのは記憶に新しいところです。

Continue reading "グルベローヴァさん復活「ロベルト・デビュリュー」"

| | Comments (4)

October 14, 2014

やっと新線区間に乗車しました そして12月ダイヤ改正の概要は‥

Img_2014_09_6113_001

日本では台風19号が襲来したようですが、皆さまのところはいかがだったでしょうか。今年は巨大台風が連続して襲来しているようで、本当に大変だと思います。また、被害に遭った皆さまには、お見舞い申し上げます。

さて、今日、10月14日、日本は「鉄道記念日」ですね。という訳で「ÖBBの話題」をお伝えしましょう。

最近はFeriはSalzburg方面に列車で出かけることが極端に減ってしまったため、Wien-St.Pölten間に建設されたÖBBの新線(Neuen Westbahn)に乗る機会がありませんでした。

9月にドイツへ出かける際、NürembergまでICEを利用したので、遅ればせながら、はじめて新線を経験することができました。

Nüremberg方面へ行くICEはWestBahnhofから出発し、U4の終点でもあるHütteldorfまでは従来の路線を走ります。

その後、新線に入り、すぐに13.356kmのWienervald Tunnelを通過します。トンネル区間以外は、基本的に堀割構造の部分が多いようです。堀割を多用しているのは、騒音対策も兼ねていると思われます。

Continue reading "やっと新線区間に乗車しました そして12月ダイヤ改正の概要は‥"

| | Comments (4)

October 13, 2014

“SMS-PISTOLE”が登場か?

Img_2014_09_6594_001

今日は「警察の取り締まり」にまつわる話題をお伝えしましょう。

日本では、自動車運転中の携帯電話使用はハンズフリー方式以外は禁止されていますが、こちらでも同様。また、日本でも運転中に携帯電話やスマートフォンを使ってメールのやり取りをする人がいますが、こちらでもSMSと呼ばれるショートメールを使う人が後を絶ちません。

当然、運転中は危険を伴うので、取り締まり対象なのですが、このほど、新しい装備「SIM-PISTOLE」がアメリカで開発されました。

この装置は、アメリカ・バージニア州にあるComSonics 社が開発したもので、正式名称は「 Sniffer Sleuth II」。携帯電話やスマートフォンから発信される電波を受信して、運転中に使用しているかどうかを判定するものです。

ただ、通話についてはハンズフリーで使用していれば問題はないので、使用する周波数によって通話とSMSを区別するような仕組みになっています。さらに「通信内容の秘密」は担保されているそうです。つまり、使っているかどうかを判定するだけの装置です。

Continue reading "“SMS-PISTOLE”が登場か?"

| | Comments (0)

October 12, 2014

SCHUTZHAUSで朝食を‥

Img_2014_09_6643_001

今日は「休日の過ごし方にまつわる話題」をお届けしましょう。

このブログでも、時々ご紹介していますが、ウィーンの皆さまは散歩がお好きです。ちょうど、この時期、天気が良いと平日の午後でも、山の方は散歩をする人々で賑わっています。

Feriが17区のアパートに住んでいたころ、散歩コースの一つだったアム・シュタインホーフ教会裏に広がる自然公園(正式名称はErholungsgebiet Steinhofと言います)も、そんな場所の一つです。

先日、天気が良かった日、午後から時間がとれたので久しぶりに5区のアパートからU4とバスを乗り継いでErholungsgebiet Steinhofに出かけてみました。

天気の良い日は誰でも考えることは同じ。さすがに休日ほどではありませんでしたが、日光浴をする人、散歩を楽しむ人、ジョギングをする人などで賑わっていました。

この公園は、開閉式で夏期(4月1日~10月30日)は6時30分から21時00分までオープンしています(深夜時間帯は危険防止のため、入り口が閉鎖されます)。

Continue reading "SCHUTZHAUSで朝食を‥"

| | Comments (0)

October 11, 2014

ボードゲーム「Ganz Wien」、好評発売中

Img_2014_09_6696_001

今日、10月11日、ウィーンでは「第30回 路面電車の日」(Tramwaytag)がHauptwerkstätte der Wiener Linien(中央修理工場)で開催されます。この手のイベントは大好きなFeriなのですが、所要があって、今回も不参加‥ 第30回だったのに残念無念。

いつもは9月に開催することが多いのですが、今年は「Verkehrsmuseum der Wiener Linien」(交通博物館)のオープンが9月だったため、移動させたのでしょうかね。時期が変更になった影響なのか、今年は例年以上に早くから街中で「路面電車の日」の広告を見かけました。第30回ということもあるのでしょう。

Img_2014_09_5862_001

さて、今日は、9月13日の「Verkehrsmuseum Remise」のオープンに合わせて、Wiener Linienから新しく発売されたボードゲーム「Ganz Wien U-Bahn、Bus und Bim」をご紹介しましょう。

早い話が、ウィーン市内を走る地下鉄、バス、路面電車を使った「すごろく」です。当然、家族向けのゲームなので、お子さんも楽しめます。行き先にはウィーン市内の名所やカフェなどが設定されています。

Continue reading " ボードゲーム「Ganz Wien」、好評発売中"

| | Comments (0)

October 10, 2014

“秘密の花園”屋上庭園のメンテナンスは‥

Img_2014_09_5985_001

先シーズン「ノルマ」の出演をキャンセルしたグルベローヴァさんですが、今シーズンの「ロベルト・デビュリュー」は予定どおり、出演されています。国立歌劇場のWebサイトでは「Die Königin ist zurück」(女王が帰ってきた)というインタビュー記事を載せていますね。

さて、今日は「屋上庭園の話題」をお届けしましょう。

ウィーンの中心部など集合住宅が多い場所では、中庭の活用と同時に、屋上庭園を設けている方もいらっしゃいます。

中庭は地面に面しているので、植物の栽培などは比較的楽ですが、屋上庭園の場合、プランターなどで草花を栽培するのが一般的かと思います。

ところが、中には屋上庭園に土を敷いて、普通の庭のように使っている方がいるようです。もちろん、根の張る木などについては、いくら土があるといっても栽培は困難なので、大型のプランターを活用していますが‥

実は、今のアパートから、屋上庭園のメンテナンス作業をしているところが見えました。この屋上庭園は集合住宅に組み込まれている駐車場の屋根、一部を使っているもので、興味深かったので、迷惑にならない範囲で、作業の様子を観察してみました。

Continue reading "“秘密の花園”屋上庭園のメンテナンスは‥"

| | Comments (0)

October 09, 2014

CIRCUS RONCALLI好評開催中

Img_2014_09_7112_001

今日は「サーカスの話題」をお届けしましょう。

現在、ウィーンの市庁舎前広場で「CIRCUS RONCALLI」が開催されています。1976年にドイツで設立されたサーカスですが、いわゆる伝統的なスタイル。現在はドイツのケルンを本拠地に、各地(各国)を巡業して、興業を行っています。

伝統的なスタイル‥つまり、常設の会場で興業を行うのではなく、興行用の大テントをはじめ、各種の装備や機材を車両で運搬する方式です。

そのため、多くの施設がトレーラー方式になっており、興業終了後、そのまま移動できるようになっています。写真をご覧になるとおわかりのように、チケット売場もトレーラー方式です。

しかも、トレーラーの形が実用一点張りではなく、いかにも「サーカスのトレーラーですよ」という洒落たデザイン。このあたり、雰囲気づくりが上手です。

Continue reading "CIRCUS RONCALLI好評開催中"

| | Comments (2)

October 08, 2014

U6開業25周年 Alser Straße駅を改装中です

Img_2014_09_6588_001

今日は「地下鉄U6の工事」についてお知らせしましょう。

地下鉄U6は1989年10月7日、Heiligenstadt/Friedensbrücke - Philadelphiabrücke 間が開通し、今年(昨日ですが)、めでたく開業25周年を迎えました。

ご存じの方も多いと思いますが、地下鉄U6は、シュタットバーン(Stadtbahn)の構造物を活用している区間が多いため、大部分が高架区間になっている他、オットー・ワグナーの設計による歴史的な駅舎が多数存在しています。

しかし、シュタットバーン時代から使われている駅舎は、かなり痛んできているため、Wiener Linienでは、順次、駅舎の大規模改修工事を行っています。

このブログでも、何回か紹介しましたが、先に大規模改修工事が完了したJosefstädter Straße駅に続いて、AlserStraße駅の工事が現在、行われています。

Continue reading "U6開業25周年 Alser Straße駅を改装中です"

| | Comments (5)

October 07, 2014

中央駅で大規模な災害救助訓練がありました

2014_09_26_hbf_001

日本では10月に入ったのに台風18号が静岡から関東にかけて縦断し、被害が出ているようですが、皆さまがお住まいの地域はいかがでしょうか。台風の接近が通勤時間帯に掛かったので、大変だった皆さまも多いのではないでしょうか。

さて、今日は「災害救助訓練の話題」をお伝えしましょう。

ちょっと古くなりましたが2014年9月26日、12月の本格開業を前に、ウィーン中央駅(Wien HauptBahnhof)で大規模な防災訓練が行われました。

訓練にはÖBBをはじめWiener Linien、ウィーン警察、消防、救急、病院関係者など、災害発生時に救助活動を行う組織が参加しました。

想定は、混雑する時間帯に駅構内に設置されているBankomat(現金自動預払機、ATM)がテロリストにより爆破され、火災も発生。50名の要救助者が発生した‥というものです。

Continue reading "中央駅で大規模な災害救助訓練がありました"

| | Comments (2)

October 06, 2014

3回目の予防接種体験記

Img_2014_09_6569_001

2013年7月3日の記事で「ダニ媒介性脳炎(英語ではTBE、ドイツ語ではFSME:Frühsommer-Meningoenzephalitis)の予防接種」の話題をご紹介しましたが、先日、3回目の接種を受けました。

ハイキングが盛んなオーストリアでは、子供から大人までダニ媒介性脳炎に感染する危険性があるため、ハイキングシーズンの初夏になるとオーストリアでは保健省が予防接種を受けるように公共広告でアピールしています。

ダニ媒介性脳炎というのは、ヨーロッパからアジアまでの温帯地域で、標高1,400mまでの地域で流行している病気です。基本的にマダニが生息しているエリアが危険地帯なので、「ウィーンの森」などもレッドゾーンです。

このFSMEの予防接種ですが、実はちょっと面倒な仕組みになっており、オーソドックスな方法では、最初の接種から1ヵ月~3ヵ月後に2回目、さらに2回目の接種から1年後に3回目の接種を行い、はじめて有効性が100%になるのです(このほか短期バージョンも準備されていますが‥)。

Continue reading "3回目の予防接種体験記"

| | Comments (0)

October 05, 2014

“Wiener Wiesn-Fest 2014”番外編

Img_2014_09_6845_001

今日、5日、日本では鈴鹿サーキットでF-1日本グランプリが行われますが、昨日、F-1レッドブルチームのセバスチャン・フェテル選手が、今季限りでチームを離れると発表しました。

昨季まで総合4連覇を果たしましたが、今季はレギュレーションの改定もあり、不振が続いていましたね。さて、彼はどのチームに移籍するのでしょうか。

先日は“Wiener Wiesn-Fest 2014”のイベント内容をご紹介しましたが、週末は大いに賑わったことでしょう。さて、今日は“Wiener Wiesn-Fest 2014”に関連した話題をお伝えしましょう。

まぁ、普通の人にとっては、どうでもいい話ではありますが‥

○「かぶり物」で宣伝
本編でもお伝えしたように、今年からスポンサーや協賛企業が増えたため、会場内では色々な広告が目に付くようになりました。

日本でしたら、「州の日」には、「州のゆるキャラ」でも出そうですが、こちらでは「州のゆるキャラ」は基本的に存在しないので、ザルツブルク州のSamsonのような伝統的な人形しか登場しません。

Continue reading "“Wiener Wiesn-Fest 2014”番外編"

| | Comments (0)

October 04, 2014

きれいな虹に出会いました

Booklets_lange_nacht_plakat

今日、ウィーンでは恒例の「博物館の長い夜」(Lange Nacht der Museen 2014)が開催されます。数多くの博物館・美術館が、深夜まで開館するというユニークな催しです。特別な展示を行う会場もあって、毎年、人気を集めています。

18時00分~01時00分までの時間帯、参加する全ての美術館・博物館に有効な特別チケットが13Euroで発売されます。

Img_2014_09_6495_001

さて、今日は「気象の話題」です。

先日、U4に乗っていたところ、急に空模様がおかしくなって、激しいにわか雨が降ってきました。その時は、Heiligenstadtまで行ったのですが、到着直前、地下鉄が地上に姿でた瞬間、Feriの隣に座っていた女性が通話中のスマートフォンで、いきなり車窓の撮影を始めました。

何事か‥と思って窓の外を見ると、きれいな虹が架かっていたのです。こちらではにわか雨の後、虹が架かることが多いのですが、虹の始めと終わりがしっかりと見え、色も濃いのを見たのは久しぶりです。

Feriも、手持ちのコンパクトデジタルカメラを取り出して撮影しました。向かいに座っていたおばさまは、2人がいきなり写真撮影を始めたので、最初は怪訝な顔をしていましたが、窓の外を見て納得。

Continue reading "きれいな虹に出会いました"

| | Comments (0)

October 03, 2014

好評開催中“Wiener Wiesn-Fest 2014”(動画付き)

Img_2014_09_6927_001_2

昨年からプラーターで始まったウィーン版・オクトーバーフェスト(Wiener Wiesn-Fest)ですが、今年も9月25日から10月12日まで開催されています。お酒と音楽に目がないFeriが行かないハズがありません。

さて、今年ですが、開催場所は、昨年同様、Praterstern駅から遊園地の入り口にある公園(プラネタリウムがあるところ)ですが、規模が拡大。

公園を全部使っており、昨年の二倍の面積になっていました。面積が広がった分、野外のヒュッテが増設されています。巨大仮設ビアホールとなるZeltは昨年とGüsser、Wiesbauer、Wojnar‘sの三つです。

Continue reading "好評開催中“Wiener Wiesn-Fest 2014”(動画付き)"

| | Comments (1)

October 02, 2014

2014/15シーズンの「ヴェネチアの一夜」

Img_2014_09_7244_001

新シーズンが始まってもオペレッタの話題が出ない「オペレッタにはまっている男のオーストリアこぼれ話」。それもそのはず。ホームグラウンドのフォルクスオーパーでは、ほとんどオペレッタを上演していないのですから‥

そんな中、9月から10月上旬にかけては、昨年、プルミエがあった「ヴェネチアの一夜」が上演されました。という訳で、9月28日に行ってきました。

この日は、16時30分開演だったので、最近お客さまの入りが良くないフォルクスオーパーとしては、ご年配のお客さまや子供さんも含めて、結構、入っていました。

指揮はAlfred Eschwéさん。主なキャストは、以下のとおりです。

Continue reading "2014/15シーズンの「ヴェネチアの一夜」"

| | Comments (0)

October 01, 2014

新コースが加わった今年の“Wiener Weinwandertag”

Img_2014_09_7179_001

ウィーンも「秋の行楽シーズン」まっただ中。今日は、昨年もご紹介した「Wiener Weinwandertag」(ウィーン・ワインハイキング)の模様をご紹介しましょう。

27日の土曜日はあいにく、小雨・曇りという天気だったのですが、28日の日曜日は久しぶりの快晴。友人のSさんに声をかけて、一緒に出かけることにしました。

コースは、昨年Neustift-Nussdor間とStrebersdorf-Stammersdorf間に加えて、Ottakring―Dorunbach間が新設されました。

この新コースのルートを見てビックリ。何とFeriが17区のアパートに住んでいる頃、Sさんに教えていただいた散歩コースと半分以上が重なっているのです。しかも途中のホイリゲは、三軒がおなじみのところ‥ 

Continue reading "新コースが加わった今年の“Wiener Weinwandertag”"

| | Comments (0)

« September 2014 | Main | November 2014 »