« 5区にもあった「街頭本棚」 | Main | 地下鉄の上に公園を作ります »

October 28, 2014

アイデア商品“PLOPP”とは?

Img_2014_10_8213_001

今日は「ちょっとユニークなアイデア商品」をご紹介しましょう。

いわゆる実用品というのは、デザイン的なおもしろさは少なく、どれを買っても一緒‥というケースがありますね。ましてや部品になると、その傾向が強くなると思います。

洗面台やバスタブに水を溜めるための「水栓」(Waschbeckenstöpsel)は、通常、ステンレスやゴムで作られた実用品の代表だと思いますが、先日、アパートにほど近い某お店で、面白い商品を見つけました。

実は、土曜日、友人とアパート近くのバス停で待ち合わせるため、早めにアパートを出て、付近を散歩している途中に見つけました。

写真をご覧になるとおわかりのように、水栓の上部にイラストや写真、文字を入れたアイデア商品です。商品名は“PLOPP”というようです。

イラストには国旗、ニコニコマーク、アヒルちゃん、サッカーボール、ゴルフボールなど、色々なものが準備されています。

Img_2014_10_8214_001

また、金魚や犬、猫などの写真を印刷したものもありました。恐らく金魚などは、水を張れば、実際に金魚が水の中にいるような錯覚におそわれると思います。

文字はTシャツなどで見かける「I♥Viena」をはじめ、「VIP LOUNGE」など色々なメッセージが書かれたものがラインナップしています。

Img_2014_10_8215_001

このほか、ホテルの名称などを入れたものもあるようで、これを使えば、利用したお客さまに強い印象を与えることができるでしょうね。

気になるお値段ですが、洗面台用の小型が14.90Euro(今のレートだと2000円強)、バスタブ用が19.90Euro(今のレートだと2800円弱)と、結構なお値段です。

まぁ、常時、水に浸かるものにイラストや写真、文字を入れているので、それなりの耐久性を考慮すると、制作コストが高くなるのでしょう。

ただ、この手の水栓は、本体を製造しているメーカーによって仕様が若干異なることがあるので、全ての洗面台やバスダブに使用できる訳ではなさそうです。そのため、買う前には自宅の水栓と同じ仕様かどうかを確認する必要がありますね。

Plopp_002

最初は、“PLOPP”は、このお店のオリジナル商品なのかと思ったのですが、商品を展示しているディスプレイボードを見たところ、別の会社で製造しているようです。その後、アパートに戻ってアドレスを頼りに調べたところ、ドイツのFrankfurtにある 2ca GmbHという会社が製造・販売していました。

Img_2014_10_8226_001

イメージとしてはお堅いドイツ人でも、こういったユーモアあふれる商品を考える人がいるのでですね。

ドイツ国内だけでなく、スイスやオーストリアにも販売代理店があるようで今回、Feriが見つけたのはオーストリアでは販売代理店の一社(fuchs)でした。

ちなみに、このお店は水廻りの専門店ではなく、いわゆる変わった商品を取り扱っているバラエティショップです(最後の写真が、そのお店)。

しかし、ショーウィンドウに「洗面台での使用例」を展示しているところが、憎いですね。ちょっと買いたくなる衝動に駆られます。

ところで、ホテル一棟でオリジナルを使いたい場合などは、メーカーさんで特注にも応じてくれるようです。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

グッズ |

« 5区にもあった「街頭本棚」 | Main | 地下鉄の上に公園を作ります »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 5区にもあった「街頭本棚」 | Main | 地下鉄の上に公園を作ります »