« 川沿いの散歩コースはいかが? | Main | フォルクスオーパーのオペラ「おじさん社長」 »

October 19, 2014

路面電車の路線案内図が変わりました

Img_2014_10_7608_001

今日は「ウィーンの路面電車にまつわる話題」をお届けしましょう。

ご存じのようにウィーンの路面電車は充実した路線網で、地下鉄、バスとともに住民の皆さんの重要な足となっています。

従来からも車内に該当する路線の路線案内図が出ていたのですが、文字中心のもので、ちょっと見づらいデザインでした。考えてみると、昔からほとんど変わっていませんでしたね。

ULFの一部では、路線案内図も表示される電光表示装置が取り付けられていますが、如何せん、少数派‥また、在来車については、手が付けられていませんでした。

ところが9月に路面電車車内の路線案内図が、全面的に更新されました。新しい路線案内図の特徴は、オーストリアお得意のピクトグラムを多用したシンプルなデザイン。

Img_2014_09_7096_001

路面電車、地下鉄、バスへの乗り換えはピクトグラムで表示されているので、見やすくなりました。

また、上の中央に系統番号。左右に起点、終点が大きく白抜きで表示されている点も良いですね。停留所名を斜めにすることで、長い停留所名にも対応しています。

Img_2014_10_7618_001

面白いのは、乗り換え停留所が多い路線はピクトグラムで賑やかですが、ほとんど乗り換え停留所のない路線は極めてシンプルなところ。

例えば都心から郊外へ向かう43系統は乗り換え停留所が少ないですが、リンクを走るD系統は都心部の乗り換え停留所が多いため、ご覧のように賑やか。路線の特徴がよく表れています。

何事にものんびりしているウィーンですが、この車内路線案内図に関しては、一斉に切替が行われたようで、Feriが乗った範囲では、古いタイプは見かけなくなりました。

Img_2014_10_7696_001

もしかしたら古いタイプの路線案内図は、10月11日に開催された「路面電車の日」(Tramwaytag)に販売された可能性はありますね。この行事では、古い部品などが販売されるのが恒例となっていますので‥

なお、Wiener Linienのバスの路線案合図については、今のところ、今回、ご紹介したタイプへの更新は行われていないようです。

しかし、日本ではJRを中心にLEDディスプレイに路線図を表示するところが増えていますが、画面が頻繁に変わると、見たいときに確認できないことがあります。そう考えると原始的ですが、このようなタイプの方がありがたいですね。

余談ですが、車内でこんなものを熱心に撮影しているFeriは、気をつけないと不審者に間違えられかねませんね。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

鉄道のお話 |

« 川沿いの散歩コースはいかが? | Main | フォルクスオーパーのオペラ「おじさん社長」 »

Comments

こんにちは
私はオーストリアが遅いとか、遅れているとかは思っていません。むしろ東京だけが早いのかもしれませんね。

2012年の5月、ワッハウのバスで運転手さんの上に次の停留所が大きく書かれているモニターをみました。このモニターの優れてところは次の停留所だけでなく、3つ先の停留所まで順にかかれていて、次が強調されていることです。
京都のバスも次の停留所は運転手さん側に表示かれていましたが、電光掲示板で次の停留所だけでした。
が、今春からなんとワッハウで見たものと同じ仕様のモニターに一新されました。

京都は地下鉄の工事なんてずっと行われていますが、全然先に進まないし、2路線だし、オーストリアの方がよほど工事も早いし、進んでる感じですよ。

Posted by: Kino_San | October 19, 2014 05:26

Kino_Sanさま、こんにちは。

ウィーン市内のバスも新しいタイプには複数の停留所が表示される表示器が着いていますね。Feri個人としては、全体構成が見える路線図の方が安心できますが‥

それからバスの路線図が改訂されない理由ですが、一方通行が多く、経路が異なるためだろうと思います。どうしても路面電車方式の路線図だと、サイズが大きくなってしまうと思います。

Posted by: Feri | October 19, 2014 20:55

なるほど、意外と早く新タイプの路線図に切り替わったのは凄いですね。なぜ、こんなに早く切り替える事が出来たのか不思議な気がします。それにしても、英語案内みたいな事はやっているのでしょうか?

Posted by: おざきとしふみ | October 20, 2014 22:16

おざきとしふみ様

まぁ、路線案内図は統一されていないとお客さまも迷惑なので、一斉に変えたのだと思います。

そう言えば英語の車内放送は、地下鉄では主要駅で入るようになりましたね。

Posted by: Feri | October 22, 2014 16:30

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 川沿いの散歩コースはいかが? | Main | フォルクスオーパーのオペラ「おじさん社長」 »