« グルベローヴァさん復活「ロベルト・デビュリュー」 | Main | Sándor Némethさん、いつまでもお元気で‥ »

October 16, 2014

Wine Hauptbahnhof“Bahnhof City”が開業しました

Img_2014_10_7440_001

先日、2014年12月に予定されているÖBBのダイヤ改正概要をお伝えしましたが、今日は「Wien Hauptbahnhofの話題」をお伝えしましょう。

先日、大規模な防災訓練が行われたWien Hauptbahnhofですが、10月10日、駅内の商業施設Bahnhof Cityが開業しました。

という訳で、さっそくご自慢のBahnfof Cityを見てきました。2012年12月のHauptbahnhof暫定開業当初は、物販店はもちろん、飲食店もなかった訳ですから、その変貌ぶりには、正直、驚きました。

Feriが訪問したのは、営業開始後、最初の日曜日。そのため、Feriと同じように見物のお客さまが大勢、来ていました。

Img_2014_10_7457_001

まず、気になる「Wien Hauptbahnhof」という看板は、今回、正式にオープンしたVorplatzNord(Südtiroler Platz側)の正面玄関側に掲げられています。

暫定開業時の玄関だったVorplatz Südは、基本的に裏口という位置づけのようで、こちらには駅名看板はなく、ÖBBの表示だけが取り付けられています。

Img_2014_10_7452_001

当然、商業施設だけではなく、チケット売場や案内所、電光式の列車案内などの駅施設も本格的に稼働をはじめました。新しいピクトグラムも沢山、表示されています。

商業施設Bahnhof Cityは、プラットホーム下の1階(日本式)と隣接する建物(いわゆる駅舎の一部)、および1番線と2番線(Sバーン用)に通じる地下に設けられています。また、地下2階は駐車場となっています。

Img_2014_10_7443_001

ちなみにBahnhof Cityの敷地面積は20.000 m² で、 90のテナントが入っています。

従来の駅を改築したのではなく、完全に新しい設計なので、人の流れなども考慮されているようです。特にバリアフリー化のため、リフト(エレベーター)が多数設置されており、垂直移動が楽になっています。

さらに自然光を上手に取り入れたデザインが採用されています。

Img_2014_10_7449_001

旧南駅のシンボルだった像が、Wien Hauptbahnhofの1階コンコースに設置されており、皆さま、記念撮影に余念がありませんでした。懐かしいですからね。

物販店は地下1階が中心ですが、ウィーンではおなじみのチェーン店が中心となっています。ただ、Feriが見物に出かけたのは日曜日だったので、物販店は全て休業。

Img_2014_10_7450_001

日本では、開業後、最初の日曜日はお客さまが沢山来るので、稼ぎ時ですが、駅ナカでも休業してしまうところがオーストリアらしいところです。もっとも法律の縛りがあるので、やむを得ませんが‥

フードコートも1階と地下に、それぞれ設置されており、ウィーンとしてはかなり規模が大きい感じです。こちらもおなじみのお店が多数。フードコートのお店は通常通り、営業しており、昼過ぎは大変な賑わいでした。

Img_2014_10_7470_001

しかし、以前は拠点となる中央駅には立派なレストランが入っているケースが多かったのですが、本格的なレストランが消えて、フードコートが中心となるのは、時代の流れなのでしょうかね。ちょっと寂しい気がします。

全体的な印象としては、WestBahnhofのBahnhof Cityよりも規模は大きい感じですね。まだ、駅施設の一部は完成していないようで、大規模なÖBBラウンジが開設されるようです。

Img_2014_10_7465_001

さらに地下街ができた関係で、U1のHauptbahnhof-Südtiroler Platz駅までも近くなったような気がします。

Img_2014_10_7446_001

なお、12月14日のダイヤ改正までは、従来と同じ列車しか発着しなので、列車利用者は、まだ少ない感じがしました。昨日もお伝えしましたが、自動車やバイクを旅客と一緒に運ぶオートライゼツークの車両積み込みは、旧南駅方面にある専用施設で行うようです。

ちなみに西駅の場合は、駅構内に専用施設があるので、旅客列車と同じプラットホームを使用しています。

このほか、現在工事中ですが、バスターミナル(近距離区間用)もホーム下に新設されるので、乗り換えが便利になると思います。ただし、Südtiroler Platzにある長距離(国際線)バス用のターミナルは、そのまま残るようです。

Img_2014_10_7472_001

周辺ですが、ÖBB本社ビルに加えて、旧南駅周辺にも新しい建物ができあがりつつあり、周囲の景観がずいぶん変わってきました。

Img_2014_10_7751_001

建設中の駅を見学できる展望施設「Bahnorama」は2014年12月31日で営業を終了することになりました。もし、上空からHauptbahnhofをご覧になりたい方は、お早めにどうぞ。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

街角の話題 |

« グルベローヴァさん復活「ロベルト・デビュリュー」 | Main | Sándor Némethさん、いつまでもお元気で‥ »

Comments

いよいよ、本格オープンへのカウントダウンが始まった様ですね。正式開業時は相当な賑わいになりそうです。

Posted by: おざきとしふみ | October 20, 2014 22:18

おざきとしふみさま

その後、友人と一緒に平日に見学してきました。まだ、列車が限定されているため、Bahnhof Cityを利用しているお客さまは少なかったですね。

ところで、お店のほとんどがウィーン市内でもよく見かけるチェーン店なので、没個性という感じはします。

フードコート中心の中で、老舗コンディトライ「Oberlaa」が独立した店舗を運営しています。ÖBB本社側で、明るい店内が特徴。クーヘンも美味しいです。もっとも、Oberlaaもチェーン店になってしまいましたが‥

Posted by: Feri | October 22, 2014 16:40

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« グルベローヴァさん復活「ロベルト・デビュリュー」 | Main | Sándor Némethさん、いつまでもお元気で‥ »